アオサギを議論するページ

Haiku

Haikuは読んで字のごとく俳句のこと、ただ日本語の俳句とはちょっと趣が異なるようですね。五七五のような語数、あるいは単語数の厳密な規定は無く、短い3行詩のような形になっていればOKのようです。
アオサギを詠んだものがないかなと思ってネットで探してみるといくつか出てきたのでご紹介。オオアオサギの句も混じっています。

single grey heron
flying overhead
then flies back again

とりあえず訳してみます。意訳でも何でもなく単語をそのままの訳しただけですが。

訳「一羽のアオサギ 頭上を飛ぶ そしてまた飛んで戻る」

私がこの句でイメージしたのは巣立ったばかりの幼鳥。物珍しげに人の頭上に飛来し、一瞥して元来た方へ戻って行くというシーンです。好奇心旺盛な幼鳥ならではの行動ですね。でも、たぶん作者が見た情景とは違うと思います。
この句は「Haiku in English」というサイトにあったものです。日本語の俳句でもそうですが、これが英語のHaikuになると良い句なの駄作なのかますます分かりません。

great blue heron stands
so quietly at pond’s edge
stalking big, fat frogs

訳「オオアオサギが立っている とても静かに池の縁に 大きな太った蛙を突き刺す」

これも同じサイトにあった句。方やアオサギ、方やオオアオサギというところを見ると、両方を同じ地域で目にすることはまずありませんから、別々の人が作った句なのでしょう。いずれにしても、どちらの句もサギの行動をそのまま詠んだ、ただそれだけのような気がします。

次の2句は「Bird Haiku Series」 というページにありました。

grey heron’s dance —
yellow bill and legs
change to deep orange

訳「アオサギのダンス 黄色のくちばしと脚 濃いオレンジ色に変わる」

ダンスは求愛ディスプレイ、そして色の変化は婚姻色のことでしょう。ただし、この色、ディスプレイしているうちにみるみる変わるものではありませんが。

snow on the ground —
a great blue heron, egg-shaped,
stands on one leg

訳「地面に雪 卵形のオオアオサギ 一本脚で立つ」

この情景はよく分かります。印象的な情景は洋の東西を問わないということですね。ただ、あの首をすくめて佇んでいる姿を卵形と表現したのは新鮮でした。

Haikuは英語圏だけのものではありません。たとえばフランス語でつくられた句。

le charme se rompt
au passage du camion
envol d’un héron

訳「魔法は解かれた トラックが横切る サギが飛び立つ」

au bord du canal
prend son vol héron cendré
nos reflets dans l’eau

訳「水路の縁から アオサギが飛ぶ 私たちの姿が水に映っている」

toujours de la pluie
l’eau s’attarde dans le pré
envol de hérons

訳「相変わらず雨 野原に水が残る アオサギが飛び立つ」

以上3句は「Kirikino ilargian」というサイトからです。この作者、飛び立つアオサギにずいぶんインスピレーションを掻き立てられる人ですね。

適当に探しただけなので、まじめに探せばもっとあるはずです。もしかしたら名句も隠れているかもしれません。

ところで、Haikuに季語はあるのかなと一瞬、疑問に思ったのですが、よく考えてみると愚問でした。モノや事象をひとつの季節に対応させるというのは、同じ地域、同じ文化的背景を持っていないと無理なんですね。そもそも季節が無い国だってあるのですから。


ページの先頭に戻る