アオサギを議論するページ

謹賀新年

年賀状-2015明けましておめでとうございます。本年ものんびりやっていきたいと思います。たまに思いついたときにでも御覧いただけると幸いです。

さて、今回はお正月なのでアオサギのクイズを用意してみました。考えれば解けるような問題ではないので気軽に取り組んでみてください。最初の10問が生態や形態に関する問題で、他は文化誌的な内容です。答えの選択肢をクリックすると、正解の場合は「正解!」と表示されます。なお、クリックが動作しない場合のために記事の一番下に答えを付けています。正答の番号は選択肢の左からの順番です。

合計25問、では行ってみましょう!

Q1. アオサギの生息地は?

  • アジア極東のみ
  • ユーラシアとアフリカ
  • 全世界

Q2. 巣材を集める役目は?

  • 雄が多い
  • 雌が多い
  • 雌雄で差はない

Q3. 子育てを行うのは?

  • 雌のみ
  • 主に雌、たまに雄も手伝う
  • 雌雄両方

Q4. アオサギの産卵から孵化までの日数は?

  • 18日
  • 26日
  • 33日

Q5. アオサギの国内最北の越冬地はどこ?

  • 北海道
  • 宮城県
  • 静岡県
  • 高知県
  • 越冬しない

Q6. 繁殖期間(求愛からヒナの巣立ちまで)は約何日?

  • 70日
  • 100日
  • 130日

Q7. アオサギの営巣場所として知られていないのは?

  • 樹上
  • 裸地
  • ヨシ原
  • ビルの屋上
  • 鉄塔

Q8. アオサギの最長寿命の記録は?

  • 8年1ヶ月
  • 17年2ヶ月
  • 37年6ヶ月

Q9. アオサギの平均体重は?

  • 1.5kg
  • 5.5kg
  • 8.5kg

Q10. 繁殖期初期に婚姻色に染まらない部位は?

  • くちばし
  • 冠羽
  • 目(虹彩)

Q11. アオサギがもとになった古代エジプトの聖鳥は?

  • ホルス
  • オシリス
  • ベヌウ
  • トト

Q12. アオサギを原型とする伝説上の鳥は?

  • フェニックス
  • 鳳凰
  • ガルーダ

Q13. アオサギは交尾時に目から血を流すと書いた古代ギリシャの哲人は誰?

  • プラトン
  • アリストテレス
  • ピタゴラス

Q14. 旧約聖書の申命記で、アオサギにしてはならないと書かれていることとは何?

  • 食べること
  • 不親切にすること
  • 餌を与えること

Q15. 「サギは最も賢い鳥だ」と自らの著書に記したキリスト教の大司教の名は?

  • イシドロ
  • トマス・アクィナス
  • ラバヌス・マウルス

Q16. アオサギへの興味が高じて、自分の息子にアオサギと名付けた詩人は?

  • W.B.イェイツ
  • ディラン・トーマス
  • ランボー

Q17. 明治時代まで呼称されていたアオサギの別名は?

  • ヌエ
  • ミドリサギ
  • ミトサギ

Q18. アオサギの地方名として間違っているものは?

  • ゴマサギ
  • アオクビ
  • オホサージヤー
  • ヨガラス
  • イッパイサギ

Q19. アオサギがその正体とされる妖怪の名は?

  • 陰摩羅鬼
  • 姑獲鳥

Q20. 清少納言がサギについてかわいくないと感じた部分は?

  • 目つき
  • 名前

Q21. サギの名は「騒ぎ」に由来すると説いた江戸時代の学者は誰?

  • 石田梅岩
  • 杉田玄白
  • 新井白石

Q22. 「夕風や水青鷺の脛をうつ」この句を詠んだ俳人は?

  • 松尾芭蕉
  • 与謝蕪村
  • 正岡子規

Q23. 鷺大明神を祀ると御利益があるとされた病気は?

  • はしか(麻疹)
  • 疱瘡(天然痘)
  • 梅毒
  • 脚気

Q24. 漱石の小説でサギが登場しないのは?

  • 吾輩は猫である
  • 坊っちゃん
  • 夢十夜

Q25. 『蒼鷺』の名の純米酒をつくっていた酒造会社は?

  • 八海醸造(新潟)
  • 國稀酒造(北海道)
  • 大村屋酒造場(静岡)

はい、お疲れさまでした。今年もまじめなこと、まじめでないこと、どうでも良いこと、いろいろ書いていきますので、どうかよろしくお付き合いください。

【こたえ】
A1. ② A2. ① A3. ③ A4. ② A5. ① A6. ② A7. ④ A8. ③ A9. ① A10. ③ A11. ③ A12. ① A13. ② A14. ① A15. ③ A16. ② A17. ③ A18. ② A19. ③ A20. ① A21. ③ A22. ② A23. ② A24. ② A25. ③


ページの先頭に戻る