アオサギを議論するページ

風変わりな営巣地(その1)

アオサギの巣といえば、仰ぎ見るような高木にかけられているというのが一般的なイメージだと思います。ところが、そのような場所ばかりとは限らないのですね。先日、道南のほうを回った際、通常のコロニーとはひと味もふた味も違った特殊なコロニーをいくつか見かけました。今回はそんな風変わりなコロニーのうちのひとつをご紹介したいと思います。

江差-2所は日本海に面する江差町。ここのサギたちが営巣に利用しているのは高木どころか樹木ですらありません。地面に直接巣を置いているのです。写真の小島が彼らの営巣場所。見てのとおりがらがらの岩場です。アオサギの営巣環境としてこれほど極端なところは少なくとも国内では他にないでしょう。

江差この島、というより岩礁は、江差町の沖合300mほどのところにあります。海面からの高さはおよそ15、6m。上のほうだけ拡大したのが左の写真で、上部数mのところにいくつもの巣があるのがお分かりいただけるかと思います。この写真の範囲だけで少なくとも約20の巣が見えています。てっぺんから稜線にかけての比較的平らなところだけでなく、手前の断崖にもいくつもの巣が見られます。どのように巣材を組んでいるのか分かりませんが、これらの巣は明らかに岩の側面にひさし状にかけられています。まるで岩にへばりついているかのような巣。ここまでするのかという感じです。これまでもアオサギのすることには度々驚かされましたが、こんなのを見ると彼らに出来ないことは無いのではないかとすら思えてきます。

ところで、この岩の上につくられた巣は何を巣材にしているのでしょう? 見たところ巣自体は一般的なコロニーと同じで巣材には小枝が用いられているようです。もちろん岩礁そのものには1本の木も生えていません。小枝が必要なら海を越えて樹林のあるところまで採りに行かなければならないのです。近場で集めるとしても往復1キロ近く飛ばなければなりません。彼らが運べるのは1度に1本だけですから、往復して1本、10往復してもきっかり10本です。写真のような立派な巣をつくるためには少なくとも2、300回は行き来しなければならないでしょう。巣づくりひとつとってもこんなに大変な労力が要るわけです。その上、吹きっさらしの場所であることは御覧のとおり。物理的な条件のみを考えても少なくとも道内ではもっとも過酷な営巣環境といえると思います。

ssそんな場所をわざわざ選ぶからにはよほどの理由があったのに違いありません。彼らの環境適応力がいかに高くとも好き好んでこんなところには来ないでしょうから。彼らがここに来たのは比較的最近のこと。それ以前は海と丘を越えた1.6キロほど先の樹林で暮らしていました(右図)。目の前に小さな池を抱えるひっそりした谷間、現在の場所から見ればまるで桃源郷のようなところです。そんな場所を彼らはなぜ捨てなければならなかったのか、その理由は分かっていません。物理環境の過酷さに耐えきれなかったというのはまずあり得ないでしょう。すぐ近くに新たなコロニーをつくったことを考えれば餌場に問題があったとも思われません。となれば、やはり食べられる襲われるといった直接的な身の危険があったと考えるのがもっとも合理的。人かそうでなければ何か他の動物が彼らの営巣活動に深刻な障害となっていたのだと思います。具体的なことは推測するしかありませんが、これについては次回、他の風変わりなコロニーを紹介した後であらためて考えてみるつもりです。

なお、この岩礁上のコロニーは陸上から容易に観察できます。陸から300m以上離れているため肉眼での観察は難しいと思いますが、20倍ていどのスコープがあれば上の写真ぐらいには見えるはずです。国道脇にたまたま良い駐車スペースがあり、そこからサギたちのいる岩礁が一望のもとに見渡せます。駐車スペースは厚沢部方面から江差市街に向かって、海沿いの最初の坂を登り切った右側にあります。何も遮るもののない気持ちの良い高台で、まるでアオサギ島の観察用につくられたのではと錯覚するほどです。あちらに用のある方はぜひ立ち寄ってみてください。お勧めです!

【追記】国土地理院の2万5千図で調べてみたところ、この岩には名前があってノコロップ岩と呼ばれているそうです。


ページの先頭に戻る