338510
アオサギ掲示板
[ホーム] [アルバム] [ワード検索] [過去ログ] [留意事項] [管理用]
お名前
タイトル
コメント
添付File (任意入力。ファイル容量は600KBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内。投稿後、ご自分の記事を編集する際に必要です)
投稿キー ←ここに半角英数で 1234 を入力してください(スパム投稿防止のため)
文字色
・画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。
どうして?   投稿者:ももぴょん  投稿日:2017/03/09(Thu) 11:59   No.2235   
ご無沙汰してます。お元気ですか?私は相変わらずうさぎと共にのんびりしています。北海道に比べれば、随分暖かい明石ですが、たまに雪がくると、いつもより多くアオサギ達は集まって明石川に脚を入れて寒い風と雪に吹かれています。大きな木の陰とかの方が寒さをしのげるような気がしますが、何故川の水に浸かってるんでしょう?水の方が温いのでしょうか?


Re: どうして?  まつ@管理人   2017/03/09(Thu) 21:21   No.2236

ずいぶんお久しぶりです。お元気そうでなによりです。私は相変わらずマイペースでやってますよ。

そちらは雪が舞うような寒さなんですね。雪が降るくらいなら水の中のほうが温かいかもですね。少なくとも凍ってないわけですから。

それに鳥の脚はじつは脚自体の温度がかなり低いのです。羽毛に包まれている胴体部分の体温は人よりずっと高くて、アオサギの場合は41度近くにもなるそうです。ところが、羽毛に覆われていない脚は外気温とほとんど変わらない温度まで下がるそうなのです。これは鳥の脚に図のようなしくみがあって脚のほうに温かい血液が流れないようになっているからなんですね。これはわりと一般的な知識なのですが、私はあまり詳しくないので鳥全般にあてはまることなのか水鳥だけが該当するのかその辺についてはよく分かりません。じつは仕組みもよく理解していません。理解できている範囲で言うと、動脈と静脈が脚の途中で細かく絡み合う部分(通称、ワンダーネット)があり、ここで両者の間で熱交換が行われるため、温かい動脈血は脚の先端部に運ばれる頃にはすでに冷えており、逆に冷え切った静脈血は胴体に収まっていくときには再び温められるということのようです。要するに、温かい血液を足先まで運んで熱を無駄に逃がさないためのしくみなんですね。エネルギーのロスを極力減らすためのとても賢いやり方です。

もっとも、こうしたしくみがあるからといっても冷たいものはやはり冷たく感じるはずですが、アオサギの脚はいわゆる冷点が少なく冷たさを感じにくいということをたしかどこかで目にしたような記憶があります。これはうる覚えです。すみません。確かなことが分かればまたお知らせします。




Re: どうして?  ももぴょん   2017/03/10(Fri) 11:47   No.2237

へ〜、鳥の脚って面白い構造なんですね。もしや私の冷え性も・・・?それは冗談だけど、体温が41度もあるんだったら、脚ひっこめて丸まってるほうがいい様な気もしますが、丸くなるのは得意じゃないのでしょうかね。卵抱く時も、どっこらしょって感じで座り込みますもんね。脚が長すぎるのでしょうか?


Re: どうして?  まつ@管理人   2017/03/11(Sat) 11:30   No.2238

地面に胴体をつけて丸まってしまうとそっちのほうが体温を奪われるような気がするのですが…。まあでもカモなんかは雪の中に座り込んでますよね。一度鳥の身体になって彼らの感覚を体験してみたいものです。


Re: どうして?  ももぴょん   2017/03/11(Sat) 11:51   No.2239

じゃあ、まつさん今度一緒に体験してみますか。楽しそうです。


Re: どうして?  まつ@管理人   2017/03/11(Sat) 17:41   No.2240

機会があれば是非!

アオサギ?の小皿   投稿者:かじ  投稿日:2017/02/03(Fri) 20:51   No.2233   
まつさん、お久しぶりです。
7月初旬に投稿して以来の鹿児島のかじです。
あれからもアオサギを目で追う日々を続けています。

鹿児島市のデパートの雑貨店で、写真の小皿を発見しました。
(タンチョウの絵なのかもしれませんが)、どうしてもアオサギに見えてしまいついつい購入しました。勿体無くて使えない状況です。



Re: アオサギ?の小皿  まつ@管理人   2017/02/03(Fri) 21:19   No.2234

どうもお久しぶりです。
これはまたシンプルで良いですね。最初、私もタンチョウかなと思いましたが、よくよく見てみると、頭部に描かれた横線は目ではなく、アオサギの側頭のラインなんですね。タンチョウの赤いところは頭頂にあるので、それを意識するとこういう絵にはならないんじゃないかと。アオサギに間違いないとすれば、これだけ簡略化しつつ、しかもアオサギだと分からせる作者の技量はさすがです。事物の特徴をつかみ取るのが上手い人なのか、アオサギをかなりじっくり観察されている人なのか。どんな方なのかお会いしてみたいですね。
楽しい話題をありがとうございました。


この日にアオサギを目撃!   投稿者:エルガーママ  投稿日:2016/11/18(Fri) 18:20   No.2231   
初めて投稿させていただきます。特徴や鳴き声も聞けて大変勉強になりました。本当にアオサギかどうか判断しかねますが。昼過ぎの陽射しを受けてジッとしてました。そろそろと近づいて、撮りました。流石に後方へ回った時に飛び去ってしまいました。中州に休んでいたシラサギ(大きさはわかりません)を追いやって、また羽を休めていました。この日と書いたのには訳があります。今日は私の誕生日なので印象に残るアオサギを自分の鳥にします。花や木があるように。


Re: この日にアオサギを目撃!  まつ@管理人   2016/11/18(Fri) 18:51   No.2232

エルガーママさん、お誕生日おめでとうございます! アオサギも誕生日の鳥に選ばれてさぞかし光栄に思っていることでしょう。

お写真を拝見し、アオサギは秋の風景に似合う鳥なんだなと改めて気付かされました。静かな佇まいが秋の季節を思わせるのでしょうか。でも考えてみると、冬は冬なりに春は春なりに夏は夏なりにと、どの季節に見かけてもその時々の風景にしっくり溶け込める鳥なんですよね。さすがだなと思います。


アオサギとコサギ   投稿者:文鳥堂  投稿日:2016/11/03(Thu) 10:14   No.2228   
はじめまして。多摩川中流に住んでいます。
今朝、散歩していたところ、木の上で写真のような光景が展開されていました。まるでつがいのようです。観察していると嘴を交わしたりとても不思議な感じでした。こういうこともあるんですねえ。



Re: アオサギとコサギ  まつ@管理人   2016/11/03(Thu) 19:00   No.2229

はじめまして、文鳥堂さん。
これはとても珍しいと思います。これだけ接近していて、しかも嘴を交わしているというのは尋常なことではないですね。もしかしたらつがいになろうとしているのかもしれません。アオサギとシラサギ類のペアはごく少数ですが報告されているので可能性はあります。ただ、時期が時期ですから、たとえ気が合ったとしても、これから巣作りに移行するのは難しいのではないかと。気になりますね。

ともかく貴重な情報をありがとうございました。新たな状況を見かけることがありましたら、またぜひお知らせいただければと思います。



Re: アオサギとコサギ  文鳥堂   2016/11/05(Sat) 16:28   No.2230

まつ@管理人さま

そんなに珍しいことなんですか!
なんだか少し感動です。
承知しました。また見かけたら報告しますね。


アオサギ   投稿者:rakuichi  投稿日:2016/10/23(Sun) 09:38   No.2226   
まつ@管理人さん おはようございます!
稲刈り(収穫)が終わった後の田んぼで目にしたアオアサギの姿です。
何か獲物を探しているようで少しずつ進みながら添付画像のような姿を見せていました。
川ならぬ田んぼでの獲物探し〜このような光景を見るのは初めてでした。



Re: アオサギ  まつ@管理人   2016/10/23(Sun) 10:59   No.2227

rakuichiさん、お久しぶりです。
今年生まれの幼鳥ですね。田んぼはサギたちにとって重要な餌場で、川とともによく利用されてます。水が張ってある頃ならフナやドジョウ、カエルやオタマジャクシ、それにタニシなどを食べているようです。稲刈り後の田んぼなら水は無いでしょうから虫を捕っていたいたのかもしれませんね。


質問です   投稿者:きょせん  投稿日:2016/08/29(Mon) 19:01   No.2220   
はじめまして。
2016年8月28日に、小樽の塩谷丸山の登山口付近で見かけました。
「鷺ににてるな」と思ったのですが、道内では見かけたことがないので、検索してここに参りました。
あまり良い画像ではないのですが、この鳥は鷺でしょうか?



Re: 質問です  まつ@管理人   2016/08/29(Mon) 19:23   No.2221

きょせんさん、はじめまして。
お写真のサギはアオサギですよ。今年生まれの幼鳥です。幼鳥特有の羽色なので成鳥を見慣れていると別の鳥に見えるかもしれません。成鳥は白黒はっきりしていてエレガントですけど、幼鳥もじっくり見ると地味ながら落ち着いた色合いで綺麗ですよ。

側溝に水でも流れていたのでしょうか。茂みに隠れて、アオサギのいる場所としてはちょっと場違いな感じもします。元気であれば良いのですが。



Re: 質問です  きょせん   2016/08/29(Mon) 19:33   No.2223

まつさん、早々のお返事ありがとうございました。
右の羽根がたためないようでしたので、心配です。



Re: 質問です  まつ@管理人   2016/08/29(Mon) 19:54   No.2225

やはり問題があったのですね。普通に見かける場所でないのでなんだか変だなと。

骨が折れているとさすがに厳しいと思いますが、打撲でだらんとしているだけなら時間が経てば復活するはずです。軽傷であることを祈りたいものです。


プールサイドのアオサギ   投稿者:かじ  投稿日:2016/07/05(Tue) 13:28   No.2213   
初めまして。鹿児島県鹿児島市に住んでおります、かじと申します。
ホームページ大変興味津々に毎日拝見させてもらっています。アオサギに生涯の生き甲斐としていきたいほど魅了されています。アオサギに関して、鳥に関しては全くの素人です。よろしくお願いします。

地元が枕崎市という小さい市なのですが、住宅地にほど近い枕崎高校裏手の山(林?)にアオサギが営巣しているのを見つけました。初めて見つけたのが今年4月10日です。巣材を運ぶ成鳥、元気そうな雛の声もよく聞こえていました。巣は少なくとも5個はあったようです(住宅地なので、人目もあり近づくことができませんでした。)。すぐ近くに河川(花渡川)や港もあるから、場所としてはすごくいい場所なのかな?と思っていました。実際引潮時の花渡川や、港の漁船上等でアオサギをたまに見かけます。ですが港や川よりも必ず何羽もの(2〜10羽程)アオサギが見られたのが、コロニーすぐ側の「市営プール」プールサイドでした。時季外れの緑色のプール淵で何をするでもなくただ佇んでいました。行けば必ず見ることが出来たため仕事の休みなどたまに顔を出していました。間近でコロニーと川を往来するアオサギを見たときは、あまりの壮観さに圧倒されました。
6月25日にいつものようにアオサギを見に行ったのですが、プール開きが近いこともあり新しい水が張られ、散らばっていた白い糞なんかも綺麗に掃除され、アオサギがプールから姿を消していました。最後にそこで姿を見たのは6月4日になります。少し心配なのは、コロニーにも全くアオサギがいなくなってしまったことです。そもそも林がすっきり片付いているような気もしたのですが、樹上の巣はいくつかそのままになっていました。子育てが終わったからなのか?プールの掃除がきっかけだったのか?どこに行ってしまったのか?理由もよく分からずずっと気になっていて、大変長くなり恐縮ですが投稿させていただきました。


Re: プールサイドのアオサギ  かじ   2016/07/05(Tue) 13:49   No.2214

プールサイドで佇んでいるアオサギの写真です。携帯で撮影した為画質が悪く申し訳ありません。



Re: プールサイドのアオサギ  まつ@管理人   2016/07/05(Tue) 21:02   No.2215

かじさん、はじめまして。HPをよくご覧いただいているとのことで本当にありがとうございます。更新頻度のきわめて低いサイトですので、のんびりおつきあいください。

さて、コロニーの件ですが、写真はGoogleから取ってきたもので、この左のほうの林の一部がコロニーなのかなと推測しました。で、そのあたりを探してみたところ、この写真が撮られたときはまだコロニーは無かったのか、それらしきものは見当たりませんでした。真ん中が枕崎高校、右が市営プールですね。プールはコロニーから一番近い水辺ですし、サギたちにとってはちょうど良い休息場になっていたのでしょう。

ただ、プールは餌場として使われているわけではないので、プール開きのためにそこから追い出されたとしても、そのことでサギたちがコロニーからいなくなることはまずないと思います。

かじさんの観察では、アオサギがいなくなったのは6月4日から25日までの間ということで、4月10日の時点でヒナの声がはっきり聞こえたのであれば、順調にいけば6月上旬には巣立っていてもおかしくはありません。もちろん、遅く営巣を始めたのもいるかもしれず、その場合は巣立ちが7月にずれ込むということも十分考えられます。まだヒナが巣立つ時期でないのにコロニーにサギの姿がないとなると、これは何かあったなということになりますが、どの巣も順調にさっさと子育てを終えたのであれば、6月下旬にコロニーが空っぽであっても不思議ではないような気がします。

ただ、コロニーの場所が場所だけに、場合によっては周囲の住民に迷惑がられるかもしれず、もしかしたら追い出された可能性もあるのではという懸念はあります。当然のことながら、営巣中に追い出すのは鳥獣保護違反になりますし、ヒナが生まれた後では追い出そうとしてもちょっとやそっとでは追い出されないはずで、そういうことは無かったと信じたいところですが。

プールがフンで汚されることについても、これが理由でコロニーにいるアオサギをどうかするということは無いと思います。市営プールですから、そのようなことがあれば市として処理するはずで、法律をきちんと解釈しているまともな鳥獣行政であれば、その程度の理由で営巣中のコロニーに手をつけることはあり得ません。

ということで、私は普通にヒナが巣立ってコロニーからいなくなったのだと思う(思いたい)のですが、いかがでしょうか? 皆、元気に巣立っていったのであれば、いま頃は周囲の川や田んぼでエサを探しているはずです。毎日何十キロも飛ぶようなかなり行動圏の広い鳥ですので、コロニーの近くにはもう留まってないと思いますよ。また来年も戻ってきてくれるといいですね。




Re: プールサイドのアオサギ  かじ   2016/07/06(Wed) 20:40   No.2216

まつさん丁寧なお返事、ありがとうございました。

無事に巣立ちを迎えた可能性は充分にありそうで、嬉しかったです。気になって今日調べてみたのですが、Googleストリートビューで市営プールを見てみたところ、2013年の11月には既にアオサギが何羽かプールサイドにいたようです(立っているのが写っていました)。それと「枕崎高校 アオサギ」で検索をかけてみたところ、ブログが出てきまして2014年4月には同じ場所で営巣していたようです。ということは、少なくともこの2年の間は来ているということで(プール開きなんかもその間にあったはずですし)、来年も戻って来てくれるかもしれませんね。今から楽しみに、これからも観察を続けていきたいです!

ちなみに、アオサギコロニーがあるのはまつさんが添付しておられる画像の、右上の林(グランド食堂の上の林の右下一角)になります。といっても私が目視で確認できた範囲ですから、他にもどこそこにもしかしたらあるのかもしれません。

最後にまた質問をさせてください。何度も申し訳ないです。アオサギは子育てを終え(巣立ちを迎え)たらもう次の繁殖の時期までは、各々が自由に狩りをして、自由にそれぞれの場所で眠るのですか?



Re: プールサイドのアオサギ  まつ@管理人   2016/07/07(Thu) 19:21   No.2217

Googleのストリートビュー見てみました。プールにほとんど常駐している感じですね。水鳥ですから目の前に水があると落ち着くのでしょうね。

ともかく、今年だけでなくここ数年営巣しているということで安心しました。来年もまた来てくれることを期待しています。

さて、ご質問の非繁殖期のアオサギの過ごし方ですが、彼らは基本的に単独で行動する鳥なので、子育てのシーズンが終われば家族も親子も関係なく、一羽一羽それぞれ思い思いのやり方で時間を過ごしています。ただ、昼間はばらばらでも、夜はどこか特定のねぐらに集まって寝ているはずです。河原とか河畔林とか、水辺近くにねぐらをとることが多いのではないかと思います。北のほうにいるアオサギは、秋になるとこうしたねぐらが渡りの出発地になります。枕崎の場合はどうでしょう。渡りは行わず、年中同じところで過ごしているような気がしますが。



Re: プールサイドのアオサギ  かじ   2016/07/07(Thu) 21:13   No.2218

大変丁寧に説明してくださりありがとうございます。枕崎や鹿児島県内では、確かに渡りは行わずに冬も留まっているのかなと思いました。10月〜2月の比較的気温が下がる時期に、港の近くや川などでちらほら見かけることがあります。
これからはもっと注意して見てみたいと思います。また動きがあったら是非報告させてください。

夕方から先程まで、桜島フェリー乗り場近くの橋からアオサギを探してみたのですが、アオサギは勿論のことゴイサギも何羽か川の両側の樹上でじっとしていました。だとしたら、正しくそこがサギたちのねぐらかもしれないなと思いました。
鹿児島のアオサギの動向をこれからも継続的に見ていけたら嬉しいです。知らないことだらけで楽しみです。どうもありがとうございました!



Re: プールサイドのアオサギ  まつ@管理人   2016/07/09(Sat) 20:28   No.2219

こちらこそいろいろ教えていただきありがとうございます。地域が違うとアオサギの様子もまったく異なるので、そうした情報を提供していただけるのは本当に有り難いです。またいつでもお越しください。

[1] [2]
処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -