アオサギを議論するページ

島のコロニー

sabaru去年、今年と、道南にある島のコロニー(江差沖シタン島)を見て以来、その異常な光景が頭から離れなくなっています。じつは島でアオサギが営巣すること自体は特別珍しいわけではありません。たとえば国内で言うと三重の佐波留島(地図)のアオサギコロニーは昔から有名でした。残念ながら現在は同島では営巣していないようですが、半世紀ほど前には三百数十つがいのアオサギが巣をつくっていたそうです(出典)。そのため島の所在地である尾鷲市は今でもアオサギを市の鳥に指定しています。ただ、佐波留島の場合は普通に木の生えている島で、尾鷲の町までも近く、島であることを除けば一般的なアオサギのコロニーとたいして変わりません。

私が道南の2ヶ所のコロニーを見て驚いたのはわざわざ島に営巣しているということもありますが、彼らが樹上でなく地面に直接巣をつくっているということでした。サギたちは木もないような辺鄙な島に行ってわざわざ営巣しているわけです。私はそれまでアオサギの巣といえば樹上にあるのを当然と思っていましたからこれは衝撃でした。それ以来、他にも似たような環境のコロニーはないかとあれこれ探しています。今回はそんな島のコロニーの中から2ヶ所をピックアップしてみたいと思います。

mauritaniaまずひとつ目はモーリタニアの大西洋岸にあるコロニーです。ご覧のようにのっぺらぼうの島で一本の木も生えていません(地図)。大きさは南北の長辺が1キロに満たないくらい。大陸からは7、8キロ離れています。大陸のほうではダメなのかと地図を見るとそちらは一面砂漠なんですね。これは厳しい。よくまあこんな所を選んだものです。他の土地に興味をもっても良いように思いますが、ここのサギたちはじつはここしか知りません。渡りをせず昔からずっとここに留まり続けているのです。そのせいで彼らは亜種のレベルで分化しています。私たちが日本で見かけるアオサギに比べると色がかなり薄いようです。この写真は幼鳥のようですが、光の加減ではなく明らかに白っぽいですね。

ddあとここのアオサギが変わっているのは彼らのつくる巣です。なにしろ本来巣材になるべき木枝が集めようにもどこにもないのです。私が観察した江差沖コロニーにも木はありませんでしたが、それでも数百メートル飛べば樹林があり、手間はかかるものの巣材は一応確保できる環境でした。モーリタニアの場合、はるばる数キロ飛んでもそこは砂漠です。ではどうするのでしょう? 答えは木枝の代わりにペリカンの骨を使うのです。さすがアオサギですね。(写真:Heron Conservation(J.A.Kushlan and H.Hafner 編著)より)

primoryeさて、次に紹介するのはロシアと北朝鮮の国境近くにあるフルグレン島のコロニー(地図)です。ここはモーリタニアの島より少し大きく長辺が3キロ近くあります。ただ樹林がないのは同じです。このコロニーについては現在どうなっているのかよく分からないのですが、かつてはかなり熱心に調べられていました。たとえばこの論文には同島でのアオサギの営巣状況がかなり克明に記録されています。そして地上営巣ならではというべき驚くべき観察事例がいくつも挙げられているのです。

ひとつは兄弟間の死に至る争い。これはかなり多いようで、別の論文によるとこの島のヒナの死亡要因の88%を占めるそうです。兄弟喧嘩はアオサギでは普通に見られ、それが原因で死ぬことも稀ではありませんが、88%という数値は度を超しています。この論文ではさらにカニバリズムの観察事例も報告されています。大きなヒナが余所の巣の小さなヒナを食べてしまうのです。恐るべき過酷さに満ちた幼年時代です。また、ヒナへの給餌時には余所の巣のヒナが餌泥棒に来ることがありますが、この島ではその巣のヒナも入れてなんと15羽のヒナが集まったといいます。ことほど左様に何もかも尋常ではありません。結果的にこの島ではヒナの巣立ち率がとても悪く、1巣あたり1.23羽しか巣立たなかったそうです。北海道では平均3羽ていどのヒナが巣立っていることを考えると、これもかなり極端に低い値と言わざるを得ません。

地上営巣というのは隣り合った巣どうしの境目が曖昧になることでもあります。樹上にかけられた場合のように巣と巣の間に物理的な断絶があるわけではなく、隣の巣とは文字どおり地続きになるわけです。親がいれば縄張りがありますから巣としての独立性は保たれますが、親が巣を離れるようになるとヒナは辺りを自由に歩き回り、そこはもうたちどころに無法地帯に変わります。こうなると樹上営巣では起こりえない特殊な状況が起きてしまいます。論文で挙げられている異常行動は必ずしも地上で営巣していることが原因ではなく、たまたま極度の餌不足のような非常事態に見舞われただけかもしれません。ただ、地上営巣はこうした異常な状況を助長することはあっても緩和することにはならないと思うのです。

論文には岩棚で営巣している写真が載っていますが、私が観察した道南の江差沖コロニーもこれと同じでした。江差でもあるいは同じような状況が起きているのかもしれません。島のアオサギについてはもっともっと研究する必要がありそうです。


ホモセクシャルなサギたち

ひと雨ごとに涼しくなるこの季節、アオサギの渡りも佳境に入り、北で過ごしたサギたちは、落ち葉が北風に吹かれるように、南へ南へと押し流されていっています。ここ札幌周辺のサギたちもいつの間にか姿を消し、気配すら感じなくなってしまいました。

そんなふうにいなくなってしまう彼らも、しかし、春になればまた当然のように戻ってきます。そして、つがいを見つけ、卵を産んで、というのが彼らのお決まりの行動パターン。それが毎年同じように繰り返されるわけです。そんな彼らを見ていると、ともすれば同じような個性の集団が機械的に同じことを繰り返しているように錯覚してしまいます。一羽一羽を外見で区別できないので、それはまあ仕方のないことなのかもしれません。外見が同じだから同じ個性なのだと。しかし、もちろんそんなことはありません。じっくり観察すると彼らの行動パターンは決して一様でないことが分かってきます。

DSCN0024雌雄の関係ひとつとっても、ありきたりな雄と雌のつがいばかりではありません。雄どうしのつがいがいたり、雌どうしのつがいがいたり…。そうなのです。実際、アオサギの世界にもホモセクシャルが存在するのです。じつのところ、それが雄どうしなのか雌どうしなのかは定かではありません。外見では判断できませんから。しかし、彼らの行動を見れば、それが少なくとも同性であるかどうかぐらいは分かります。右の写真は数年前に私が観察したペア。彼らは交互に相手の背中に乗って交尾していました(当時の記事)。雌雄は分かりませんが、同性であるのはほぼ確実です。

じつは、ホモセクシャルというのは動物ではそんなに特殊なことではないのですね。2006年にオスロの自然史博物館で催されたエキシビジョンでは、1,500種を超える動物に同性愛行動が見られたことが報告されています。もっとも、この数は当時判明した種数であって、知られていない種のほうがよっぽど多いと思われます。観察すればするほど、その数は今後いくらでも増えていくことでしょう。

IMG_4765左の写真のには、そんな鳥類やほ乳類のホモセクシュアリティの事例が網羅的に紹介されています。この本の厚さ(750頁を超える)を見るだけで、動物界における同性愛がいかにありふれたものであるかが分かります。サギ類のことももちろん書かれています。サギ類の中でもっとも頁を割いて説明されているのはゴイサギで、飼育下という条件付きながら、性や齢によって異なる性の嗜好が詳しく記載されています。

たとえば雄の成鳥の場合、同性でペアがつくられた割合は2割にものぼるのだとか。これに対して、雌の同性カップルはまったく確認されていません。まあ、これは母数が示されていないので、どのていど信頼して良いのか分かりませんが、ゴイサギだけでなく、雄にくらべてホモセクシャルな雌が比べて少ないのは、どうも動物界の全体的な傾向のようです。

同書によると、ゴイサギ以外では、アオサギ、アマサギ、コサギ、スミレサギの4種でホモセクシャルな行動が知られているそうです。ただ、つがい間の同性愛関係についてはゴイサギからの報告があるだけで、他の4種はつがいではなく強制交尾時の雌雄関係のみが問題にされています。強制交尾というのは、配偶相手のいるいないに拘わらず、雄がつがい外の相手(普通は巣で抱卵中の雌)に強制的な交尾を仕掛けることです。彼らは大勢がひと所に巣を構えていますから、こういったことはよく起こります。そして、どうやらここでも雌雄以外の関係が見られるようなのです。

たとえば、アオサギの強制交尾についてはスペインのRamoさんが熱心に研究されていて、39回の強制交尾のうち3回が雄どうしの交尾だったと報告しています。他のサギ類もだいたい似たような者で、数パーセントほどの割合で雄どうしの強制交尾が見られるようです。雄を強制交尾することにどんな適応的な意義があるのか不明ですし、もしかすると相手が雄か雌だか見分けられず、間違って雄を狙ってしまうのではと思ったりするのですが、同書にはそうした見方に反論するような観察例も紹介されています。たとえば、アマサギでは雄ばかり狙って強制交尾を仕掛ける雄がいるそうなのです。

ということで、サギたちの性のかたちはじつにさまざま。外見からは同じようにしか見えない彼らですが、その内面は一羽一羽きっと驚くほど違っているだと思います。彼らのことを知れば知るほど人と彼らの間を隔てている境界はどんどん曖昧になります。私たちはとかく生きものの中で人間だけが特殊なように思い込んでいますが、それは勘違いもいいところ。人間にあって他の動物たちに無いものなどほとんど何も無いのかもしれませんね。


風変わりな営巣地(その3)

前回前々回と沖合の岩礁で営巣するサギたちをご紹介しました。海鳥でもないアオサギが陸から離れて営巣するのですから、これらはかなり珍しいケースといえます。さらに、前々回の江差コロニーは岩礁上に直接巣を置くタイプの営巣で、これは海外を含めてもかなり特殊な事例のはずです。その点、今回ご紹介するケースはお馴染みの樹上営巣。ただ、コロニーの立地環境が尋常ではないのです。

瀬棚これはあれこれ説明するより写真を御覧いただいたほうが早いですね。まずは北海道瀬棚町のコロニー(右写真)。写っている水域は農業用貯水池で、画面中央にしょぼしょぼ見えているのがヤナギの枝です。ヤナギの下半分は水中にあり、枝先だけが水面に出ています。そこに5、6個、染みのように見えるのがアオサギの巣。一応、樹上営巣ですが、実質的には水上営巣のようなものです。この貯水池ではこのような感じで61つがいが営巣していました。

777巣の様子は左の写真のほうが分かりやすいかと思います。ここには2つの巣が写っており、右の巣は水面上1mほどの高さにつくられています。一方、左の巣は完全に水面に接しています。このような水面ぎりぎりの巣は他にもたくさんあり、中には巣の途中まで浸水し、波にゆらゆら揺れながら抱卵している親鳥もいました。水位があと10センチ高くなればかなりの巣が放棄せざるを得ない、そんな危うい状態で卵を抱いているのです。

ただ、この貯水池はダムの構造上、これ以上水位が上がることはありません。写真を撮ったのが4月下旬で、これが満水の状態です。農業用ダムのため、この先、田圃に水を張る時期になれば水位はどんどん下がります。つまり、このとき営巣の確認された61巣については、この先、浸水の恐れはほぼないといえます。逆に考えれば、雪解けからこの時期までは水位はぐんぐん上昇してきたわけで、低い枝にかけられていた巣はこれまでにことごとく水没したはずです。この場所で長く営巣しているつがいなら低所での営巣が危険なことを身をもって分かっていると思いますが、必ずしもそんなつがいばかりではありません。巣はつくったものの途中で水没し、改めて高いところにつくり直したというペアも少なからずいたと思われます。

北檜山じつは、このようなタイプの営巣地はここだけではありません。このコロニーから10キロほど南の北檜山町にも同じようなコロニーがあります(右の写真)。こちらは小さなため池で、巣の数も10に満たないような小さなコロニー。写真では低木に巣がかけられているようにしか見えませんが、実際は手前の緑に見えている部分が土手で、その向こうに見える木はすべて水中に立っています。さらに、道北の朝日町三栄と道央の岩見沢市宝池(後者はすでに消滅)のサギたちも貯水池の浸水したヤナギ林に営巣しています。このように、北海道では水上での樹上営巣が4ヶ所も確認されているわけです。

では、ここから樹上営巣という条件を外すとどうでしょうか。その場合、該当するコロニーはさらに増えます。水上で樹木以外のものに営巣しているコロニー、たとえば、岩見沢市幌向ダム小樽市朝里ダムのコロニーがこれに当てはまります。残念ながらいずれもすでに放棄されていますが、両者ともブイの上に巣をかけるというじつにユニークな営巣形態でした。以上、併せて6コロニー、これらは見かけの違いが多少あるとはいえ、いずれも水で周りを囲まれているという点が共通しています。そう考えると、前回前々回の岩礁上のコロニーもこれらと同一カテゴリーにあるとみて差し支えありません。併せて8コロニー、ここまで数が多くなるとさすがに特殊特殊とばかりも言ってられなくなります。

それにしても、なぜ彼らはこのような変わった場所を選ぶのでしょう? 水で囲まれた環境下での営巣は通常の樹上営巣に比べて何かと不便なはず。不都合が多いのは明らかです。何より浸水のリスクに常に晒されていなければなりません。これは相当なストレスだと思います。にもかかわらず敢えてこのような場所に営巣したのは、従来の樹上営巣によほど深刻な問題があったということでしょう。その深刻な問題が捕食者であろうことはほぼ間違いありません。地上性の捕食者から自分の巣を守るために水を障壁として利用する、それが彼らの戦略なのだと思います。

問題はその捕食者がいったい何者かということ。北海道の場合、犯人はおそらく2者に絞られます。アライグマとヒグマです。北海道ではこのどちらもが木に登ってアオサギの巣を襲うことが確認されています。たぶん地域によってアライグマが問題になることもあればヒグマが問題になることもあるのでしょう。今回の瀬棚や北檜山、前回の福島といった辺りはいずれもヒグマの生息密度が高く、アライグマはまだ進出していません。つまり、これらの地域はヒグマが原因である可能性がかなり高いと考えられます。他のところも周辺環境を考えた場合、どちらかというとアライグマよりはヒグマが原因のところのほうが多いように思います。

こう見てくると、北海道のアオサギにとってヒグマの存在というのは予想外に大きいのかもしれません。思えば、昔、北海道では、アオサギのコロニーは湿原のハンノキ林にあるのが普通でした。ハンノキでなくヤチダモやハルニレの場合もありますが、いずれにしてもコロニーの林床はヤチ坊主が育つような湿地だったかと思います。そのような場所にはヒグマは来ませんし、だからこそ安心して大きなコロニーがつくられたのでしょう。ところが、近年になってそうした湿地は次々に無くなってしまいました。本来の住処を奪われたアオサギは仕方なく山の森に移り、そこでヒグマに襲われ…、そして困ったアオサギが行き着いたのが水で囲まれた営巣環境だったのではと思うのです。もっとも、水上営巣は選択肢のひとつに過ぎません。ヒグマが出てこないという条件を満たすのであれば、たとえば森から切り離された平地の孤立林に引っ越すのもひとつの手です。実際、近頃は街中の公園で営巣するアオサギも珍しくなくなってきましたし。そういう意味では、アオサギが近年、町近くや街中に進出してきたのは、その理由にヒグマ対策という面もけっこうあったのではという気がします。

このように書くと、ヒグマが主体となってアオサギの生息状況がかき乱されているように思えますが、ヒグマは何も特別なことをしているわけではありません。そもそもは人が湿地を潰したり従来のアオサギの生息環境を奪ったことが原因なわけです。今回の話でも分かるとおり、アオサギという鳥はじつに柔軟で多様な生活様式をもっています。言い換えれば、環境の変化に対し適応力が高いということです。そしておそらくその高い適応力こそがアオサギの今日の繁栄を支えているのだと思います。しかし、彼ら当人にしてみれば、日々の逆境を何とか工夫して切り抜けているだけで、いま現在けっして望ましい状態で暮らしているわけではありません。街中で子育てしたり、水没しかけのヤナギに巣を構えたりするのはやはり尋常なことではないのです。彼らがあまりに器用なせいで、私たちは彼らの生息環境の劣化についてついつい目を逸らしてしまいがちです。しかし、それでは彼らに対してあまりに不誠実。彼らの適応力がいかに高くてもその能力には必ず限界があります。そして私たちが気にしないでいるうちに彼らの能力はその限界に着々と近づいている、そのことはしっかり心に留めておかなければならないと思います。


ページの先頭に戻る