アオサギを議論するページ

北海道のアオサギ

北海道にはおよそ1万羽のアオサギが暮らしています。そのサギたちが子育ての場所として集うのがコロニーと呼ばれる集団繁殖地。コロニーは北海道全体で80前後あると見積もられています。ひとつひとつのコロニーの大きさは様々で、1000羽が集まるような巨大コロニーもあれば、ほんの数巣というささやかなコロニーもあります。つまり、1万羽のアオサギが全道各地に80の大きな町や小さな村をつくって暮らしているわけです。

ここで紹介するのはコロニー単位で見た北海道のアオサギの生息状況です。ただ、コロニーは全道各地に分散しているため、各コロニーについて得られる情報はまちまちで、常に新鮮な情報をお届けできるわけではありません。新たな情報が入った時にはできるだけ早く更新するようにしていますが、ここでの情報が現在の状況を必ずしも正確に反映したものではないことをご了承ください。また、ここに記されていないコロニーについてご存知の方や、書かれている内容と現状との違いを見つけられた方は、どのようなことでも構いませんのでご一報いただければ幸いです。

また、これら道内のコロニーについてはさらに詳しくまとめた報告書があります。ただし、こちらは2005年に報告書として製本したものなので以後の更新は行っておりません。


ページの先頭に戻る