アオサギを議論するページ

オタマジャクシ騒動関連記事

アオサギ関連記事

北國新聞
空から? オタマジャクシ 玄関先に20匹 加賀市大聖寺
オタマジャクシが落ちていた場所を示す南河さん=8日午前11時、加賀市大聖寺上福田町

加賀市大聖寺上福田町の南河武志さん(65)方の玄関先で8日朝、体長約2センチのオタマジャクシが20匹ほどいるのが見つかった。すべて死んでいたが、足が生えているのもいたという。南河さんは「空から落ちてきたのではないか」と話しており、近所で騒ぎとなっている。

南河さんによると、オタマジャクシは玄関先や自宅前の道路に落ちており、7日夕にはなかった。玄関ポーチの高さ約2メートルの屋根上に落ちているものもいたことから、空から落ちてきた可能性が大きいという。

場所は旧大聖寺川沿いの住宅地で、近くにはサギの営巣地がある。南河さんは「こんなことは初めてだ。サギが落としていったのかもしれない」と首をかしげている。

オタマジャクシの「落下」情報は2009(平成21)年6月から、七尾市中島町で約100匹が見つかったのを皮切りに、石川県内をはじめ宮城、埼玉各県など全国各地で相次いだ。原因は「鳥が落とした」「突風が巻き上げた」など諸説あるが依然、謎のままとなっている。

オタマジャクシ騒動関連記事一覧へ戻る


ページの先頭に戻る