アオサギを議論するページ

10年!

3月半ばに始まったアオサギの繁殖シーズンももう3ヶ月が過ぎました。繁殖期全体から見るとおおよそ3分の2が終わったところです。もっとも、これは札幌辺りの話なので、場所が変われば多少時期が違ってくると思います。もうヒナがほとんど巣立ったところもあるかもしれませんしね。

さて話は変わりますが、このサイト、今日でめでたく開設10周年を迎えました。こんなサイトがよく10年ももっているものだと我ながら感心します。それもこれも、わざわざこんなサイトに来てくださる皆さんのお陰です。本当にありがとうございます。次は20周年を目指してさらに内容を充実させていきます。などという気負いはまったくありませんのでご安心を。相変わらず、気の向くままに書いたり書かなかったりすると思います。これまで同様、気長にお付き合いいください。

とはいえ、10周年ですからね。少しは何か記念になるようなことをということで、動画のページをつくってみました。このページの右上の『動画集』のリンクをクリックしていただくとYouTubeのページに飛びます。そこに以前ご紹介したものも含め10本ばかり短い動画を置いてあります。当たり前ですが、アオサギしか写っていません。しかも、ただの記録映像ですので、アオサギが何か面白いことをしたり、最後にオチがあったり、そういうことはまるでありません。たんたんとアオサギが写っているだけです。ただ、文字や写真ではなかなか伝わらない部分が映像では一目瞭然ですので、アオサギの行動や形態については参考にしていただける部分もあるかと思います。そんなことで、よろしければ御覧下さい。なお、動画の下にある「もっと見る」のタブをクリックすると多少の説明は御覧いただけます。何を撮ったのか分からないときは参考にしてください。

では、11年目もどうぞよろしくおねがいします。


池からサギを追い払う方法

今年もオタマジャクシの降る季節になりましたね。⇒ こちら
今回はサギが犯人だと認めているようです。とんでもない推測をして大騒ぎするのもさすがに疲れたのでしょうか。素直に認められると却って寂しい気もしますが。

さて、それは置いておいて別の話です。先日、当サイトを御覧になった方から釣り池でのアオサギ防除についてメールでご質問をいただきました。じつは養魚場や釣り池でのアオサギの食害に困って当サイトを訪れる方はけっこういらっしゃいます。「アオサギ 被害」とか「アオサギ 防除」とかで検索すると当サイトが一番上に出てくるので、幸か不幸かここに辿り着いてしまうのですね。それだけアオサギの被害対策についてまともに書いているところが無いということなのでしょう。それを思うと、曲がりなりにも有用な情報をまとめなければと思うのですが、いつものことながら思うだけで一向に前に進みません。

そんなことで、今回はちょうど良い機会なので、お答えした内容の一部をここに書き留めておこうと思います。まとまったものでなく、とりあえず思いつくまま書きます。

釣り池での防除が難しいのはネットやテグスといった物理的な防除法が使えないからなのですね。より自然に近い状態のままアオサギを近づけさせないようにするわけですからこれは難題です。以前は、水深を50センチもとれば大丈夫と思っていたのですが、実際はどうやらこんなふうに飛び込むこともあるようで、浅瀬をなくしたからといって必ずしも安全ではありません。ではどうすればよいかということでいろいろ考えてみました。ひとつの案が右の絵で表したものです。やはりここでもアオサギが水に入れないように水際の水深は50センチ以上にします。ただ、それだけではアオサギが飛び込む可能性があるので、ここに魚がいてもアオサギが簡単に見つけられないように水草を茂らせます。この区間は水際から少なくとも2メートルはとったほうがほうが良いと思います。あまり短いと飛び越えて深いほうへダイブする恐れがありますから。ただ、これは相当な工事になりますし、池をつくる段階でやっておかないと、被害があってからつくり直すのは何かと大変そうです。

次は、アオサギを驚かして追い払う方法です。これはとにかくアオサギをびっくりさせれば良いのですからいろいろな方法が考えられます。単純に犬を放し飼いにして上手くいっているところもあります。音を出す装置とかでもいいわけです。そんな中で今回紹介するのはスプリンクラー。動物が一定範囲内に近づくと水が自動的にまき散らされる仕組みのもので、スケアクロウというでアメリカの製品です。パッケージにオオアオサギが描かれているところを見ると、あちらも日本と同じでサギ類の食害に手を焼いているということなのでしょうね。なお、実際にお求めになりたい方はAmazonで買えば半額くらいになるようです。こちらのビデオで実際に動作している様子が見られます。猫も犬もアライグマもシカも、そしてもちろんオオアオサギも皆びっくりして逃げていきます。ただの水ですから動物や鳥を傷つけることもありません。こんなものでも使いようによってはけっこう効果があると思います。アオサギの食害に困っている方、一度ご検討されてはいかがでしょうか。


同じ目線で気にかける

コロニーが壊滅したという見出しで何事かと思ったら、竜巻にやられたのですね。アメリカのオオアオサギの話です。 ⇒ StarTribune(2011年5月23日付)

記事を読まなくても写真が全てを物語っています。ここにはもとも100前後のつがいが営巣していたんだとか。今はその面影すらありません。枝に点々と見えるのは呆然と立ち尽くすオオアオサギでしょうか。そして、最後の写真。これは衝撃的でした。

なぜこれがショッキングなのか、しばし考えてしまいました。もちろん死体が写っているというのはあります。でも、それだけではないような気がするのです。

アメリカでは今年、例年より多い竜巻が発生し、あちこちで大きな被害が出ているそうです。記事にある竜巻は日曜に発生したもので、人も死んでいます。にもかかわらず、早くも翌日の新聞にこの話が載っているのです。それだけでもかなり異例な扱われ方だと思います。さらに、普通ならコロニーが壊滅したという話だけで終わりのはずなのに、災害でヒナの命が多数奪われたことにはっきり言及し、写真まで載せているわけです。人間の場合なら、災害があれば人的被害が記事になるのは当たり前。けれども、野性の生き物についてこのような取り上げ方をするのはとても珍しいのではないでしょうか。これは一見なんでもないようで、じつは画期的なことかもしれません。野性の動物に対して、人に対するのと同じ目線をもっていなければ書けない記事だと思います。

ついでにもうひとつ。これも数日前に載ったオオアオサギの話です。 ⇒ Akron Beacon Journal(2011年5月20日付)

御覧のとおり、オオアオサギの営巣木が巣をつけたまま倒れかかっています。どうも地盤が緩んだのが原因のようですね。1、2週間かけてだんだん傾いてきたそうです。そして、ただそれだけの記事です。写真を見ると、木が電線にひかかりそうな感じで、普通に考えれば、危険だからその前に木を切り倒すことになったとか、そうでなくても電線のことで対応に苦慮しているとか、その種の記事になりそうなところです。ところが、ここでは電線のデの字も出ないんですね。ただ、木にかけられている15個の巣が心配だ、と。

このふたつの話は全く別の場所で起きたことながら、どちらの記事にも同じ空気が流れているのを感じます。その空気はここ日本にももちろんあります。ただ、それはあくまで個々人のものであって社会全体で共有しているものではないのですね。ここで紹介した記事も、もしかしたら記者固有のものの見方が前面に表れただけかもしれません。けれど、もしこれが、彼らの属する社会が全体で共有する意識であるなら、そこには学ぶべきものがたくさんあるように思います。日本で人と野生動物のかかわり方を考える上でのヒントが数多く隠されているような気がするのです。

〔追記〕竜巻の被害はテレビニュースにもなっていました。 ⇒ KSTP TV(2011年5月24日)
犠牲になったオオアオサギは180羽(ほとんどはヒナ)にもなるそうです。ただ、200以上あった巣が全て無くなったということですから、行方不明のヒナがまだかなりいるのでしょう。映像に写っているのは運良く生き延びることのできたヒナ。まさに九死に一生を得たヒナたちです。


ページの先頭に戻る