アオサギを議論するページ

今年も順調に飛来中

3月も下旬になり、ここ北海道にもアオサギが続々と渡って来ています。今この瞬間にも、皆さんの頭上を北を目指して飛んでいるサギたちがいるかもしれません。ただ、彼らの渡りはひっそりと行われることが多く、なかなか人目に付きません。というのも、ガンやハクチョウのように飛びながら鳴き交わすということがあまりない上、群れそのものが小さいからなのですね。秋の渡りでは、本州のほうでときに100羽を超えるような大集団になることがあるそうですが、普通は十数羽ほどの小さな群れのはず。大きな鳥だとはいえ、渡り時にはいつもと違ってかなり高空を飛びますし、ほとんど声もなく群れも小さい。となれば、目にする機会がないのも不思議ではありません。結局、いつの間にかいなくなる、いつの間にか来ている、というのがアオサギの渡りなのです。

figしかも、彼らの渡りは時期もばらばら。3月半ばに飛来する気の早いサギがいる一方、4月も末になってようやく到着するのんびりしたサギもいます。どこかに渡りのピークがあるというわけでもなく、少しずつ少しずつ渡ってくるわけです。そのことはコロニーを観察しているとよく分かります。右のグラフは私が時々観察に行っている江別コロニーのものですが、毎年だいたいこんな感じで、4月下旬まで巣の数がほぼ一定のペースで増えていきます。他のコロニーも少なくとも北海道であればどこもだいたい似たようなものでしょう。

江別コロニーでは今年も数日前の観察で50つがい弱の営巣を確認しました。この冬はことのほか暖かく雪も早々に融けましたから飛来時期も早いのではと思っていましたが、蓋を開けてみればほぼ例年通り。カレンダーを持っているわけでもないのに、彼らの季節を読む能力にはいつも感心させられます。逆に言えば、人間の季節を感じとる能力はほんと頼りにならない、ほんの表面的なものでしかないのかもしれませんね。


アオサギを救うために

現在の日本では、人間の無知、無理解のせいで、相当多くのアオサギが正当な理由もなく命を奪われています。そして、その惨状に大きく荷担しているのが有害鳥獣駆除の名で行われる大規模な捕殺です。これが正当な理由の駆除ならまだしも、そうでない出鱈目な駆除があまりに多いのです。その原因は至近的には駆除の許認可がいい加減になされていることにあります。そのことについては「アオサギの有害駆除に係る問題点に関する報告」にかなり詳しく書いたつもりです。興味のある方はぜひご一読ください。鳥獣行政のあまりの杜撰さにびっくりされることと思います。

とはいえ、この問題に対する非難の矛先を鳥獣行政の担当者に向けたところで事態は改善しません。問題は鳥獣行政システムそのものなのです。鳥獣行政に予算と人を今よりはるかに多くつぎ込まない限り今の状況はなかなか変わらないでしょう。ともかく、やらなければならないことに対してお金や人など必要なリソースが全然足りていないのです。いい加減な許認可業務もその結果としての理不尽な駆除もおおもとの原因を求めると全てそこに行き着きます。

しかし、だからといって手をこまねいていても仕方がありません。行政が自らできることをやってない部分については改善を求めていかなければなりませんが、それによって改善されることはたかが知れています。もっと大きく根本から直していこうとすれば行政担当者の鳥獣に対する意識改革がどうしても必要です。そして、それは我々一般人の意識改革でもあるわけです。結局、行政は世間の意識を反映しているのに過ぎませんから。世間の関心が低い問題に関しては行政も動かないわけで、当然のことながらそういうところにはお金も人も集まりません。行政の意識を変えようとすれば、まずは我々の意識を自ら変えていくしかないのです。

残念ながら、現状では野生動物の問題、とりわけ駆除の問題については人々の関心は決して高いとは言えません。これは当然のことで、被害がある人にとっては深刻な問題だけれども、そうでない大多数の人たちにとっては全く何の関係もない問題だからです。駆除の問題を自分に被害があるか無いかの面で捉える限り、この閉塞した現状は変えようも変わりようもありません。

そこで、今回は少し別の側面、より多くの人たちが関心をもつと思われることから駆除の問題にアプローチしてみたいと思います。端的に言えば動物の命をどう捉えるかということです。あるいは動物の権利についてどう考えるかという問題です。このことについてはじつは上記報告書の中でもわずかに触れています。「4.(9) コロニーでの駆除に係る問題」と「4.(10) 繁殖期の駆除に係る問題」がそれです。驚くべきことに、現在の鳥獣保護法ではコロニーでの駆除や繁殖期の駆除は明確には禁止されていないのです。もっとも、自治体によっては独自にこれらの行為を禁止するという規定を設けているところもありますし、こうした行為は鳥獣保護法の精神に反すると主張する担当者もいらっしゃいます。私もそう思いますし、鳥獣保護法の精神云々という以前に動物倫理上許されてはならない行為だと思っています。しかし、残念ながらそのように考えている担当者はごく僅かで、多くの自治体が繁殖期にコロニーで駆除するような乱暴な行為を許しているのです。

問題は、駆除を倫理的な側面で捉えようとする土壌が現在の鳥獣行政に無いことです。もっともこれは行政に限ったことではありません。生態学など実証科学に基づいたものしかまともな意見として受け入れず、動物の命だとか権利だとか言うと、その言葉だけで感情論として一蹴するという、何かにつけまことに幼稚で嘆かわしい雰囲気が今の日本にはあります。おそらくこの国で動物倫理の問題について自分なりの意見をもっている人はごく僅かだと思います。けれども、世界的に見ればこの種の問題は哲学の分野でも法学の分野でも極めてホットなトピックなのです。そして、最近ではそうした考えが実社会にも徐々に反映されてきています(事例123)。こうした事例があるからといって直ちにアオサギの人権がどうこうというわけではありません。しかし、駆除の問題を考える際に動物倫理的なアプローチの重要性が今後ますます高まってくるのは間違いないでしょう。

こうしたアプローチは言わば動物に対するモラルを見つけようとするものですから正解があるわけではありません。しかし、究極のコンセンサスは得られなくても、それぞれの局面で共通の認識を見つけていくことは可能です。そのためにはさまざまな意見を真面目に吟味することが何より必要ですし、吟味すればするほど動物に対する世間の認識は柔軟で強靱なものになります。そして、そのように世間の野生動物に対する関心を高めていけばいくほど鳥獣行政は駆除の問題により大きな関心を払わざるを得なくなり、結果的に不用な駆除は減っていくはずです。

どのくらい先のことになるか分かりませんが、いずれはアオサギにも何らかの権利が認められる、そういう時が来るでしょう。と書くと、たいていの方は何を馬鹿なことをと呆れられることと思います。実際、動物の権利の問題は簡単に説明できるものでも簡単に納得できるものでもありません。しかし、難しい問題だから、あるいは余計なことを言うと変な人と思われるからといって口をつぐんでいたのでは変わるものも変わりません。それは結局、杜撰な鳥獣行政や不当な駆除を間接的に助長することになってしまいます。権利というのは欲しい欲しいと声に出さなければ手に入りません。人間に理解できる言葉をアオサギがもたない以上、そうした彼らの訴えは我々が代弁するより他ないのです。


謹賀新年

年賀状-2015明けましておめでとうございます。本年ものんびりやっていきたいと思います。たまに思いついたときにでも御覧いただけると幸いです。

さて、今回はお正月なのでアオサギのクイズを用意してみました。考えれば解けるような問題ではないので気軽に取り組んでみてください。最初の10問が生態や形態に関する問題で、他は文化誌的な内容です。答えの選択肢をクリックすると、正解の場合は「正解!」と表示されます。なお、クリックが動作しない場合のために記事の一番下に答えを付けています。正答の番号は選択肢の左からの順番です。

合計25問、では行ってみましょう!

Q1. アオサギの生息地は?

  • アジア極東のみ
  • ユーラシアとアフリカ
  • 全世界

Q2. 巣材を集める役目は?

  • 雄が多い
  • 雌が多い
  • 雌雄で差はない

Q3. 子育てを行うのは?

  • 雌のみ
  • 主に雌、たまに雄も手伝う
  • 雌雄両方

Q4. アオサギの産卵から孵化までの日数は?

  • 18日
  • 26日
  • 33日

Q5. アオサギの国内最北の越冬地はどこ?

  • 北海道
  • 宮城県
  • 静岡県
  • 高知県
  • 越冬しない

Q6. 繁殖期間(求愛からヒナの巣立ちまで)は約何日?

  • 70日
  • 100日
  • 130日

Q7. アオサギの営巣場所として知られていないのは?

  • 樹上
  • 裸地
  • ヨシ原
  • ビルの屋上
  • 鉄塔

Q8. アオサギの最長寿命の記録は?

  • 8年1ヶ月
  • 17年2ヶ月
  • 37年6ヶ月

Q9. アオサギの平均体重は?

  • 1.5kg
  • 5.5kg
  • 8.5kg

Q10. 繁殖期初期に婚姻色に染まらない部位は?

  • くちばし
  • 冠羽
  • 目(虹彩)

Q11. アオサギがもとになった古代エジプトの聖鳥は?

  • ホルス
  • オシリス
  • ベヌウ
  • トト

Q12. アオサギを原型とする伝説上の鳥は?

  • フェニックス
  • 鳳凰
  • ガルーダ

Q13. アオサギは交尾時に目から血を流すと書いた古代ギリシャの哲人は誰?

  • プラトン
  • アリストテレス
  • ピタゴラス

Q14. 旧約聖書の申命記で、アオサギにしてはならないと書かれていることとは何?

  • 食べること
  • 不親切にすること
  • 餌を与えること

Q15. 「サギは最も賢い鳥だ」と自らの著書に記したキリスト教の大司教の名は?

  • イシドロ
  • トマス・アクィナス
  • ラバヌス・マウルス

Q16. アオサギへの興味が高じて、自分の息子にアオサギと名付けた詩人は?

  • W.B.イェイツ
  • ディラン・トーマス
  • ランボー

Q17. 明治時代まで呼称されていたアオサギの別名は?

  • ヌエ
  • ミドリサギ
  • ミトサギ

Q18. アオサギの地方名として間違っているものは?

  • ゴマサギ
  • アオクビ
  • オホサージヤー
  • ヨガラス
  • イッパイサギ

Q19. アオサギがその正体とされる妖怪の名は?

  • 陰摩羅鬼
  • 姑獲鳥

Q20. 清少納言がサギについてかわいくないと感じた部分は?

  • 目つき
  • 名前

Q21. サギの名は「騒ぎ」に由来すると説いた江戸時代の学者は誰?

  • 石田梅岩
  • 杉田玄白
  • 新井白石

Q22. 「夕風や水青鷺の脛をうつ」この句を詠んだ俳人は?

  • 松尾芭蕉
  • 与謝蕪村
  • 正岡子規

Q23. 鷺大明神を祀ると御利益があるとされた病気は?

  • はしか(麻疹)
  • 疱瘡(天然痘)
  • 梅毒
  • 脚気

Q24. 漱石の小説でサギが登場しないのは?

  • 吾輩は猫である
  • 坊っちゃん
  • 夢十夜

Q25. 『蒼鷺』の名の純米酒をつくっていた酒造会社は?

  • 八海醸造(新潟)
  • 國稀酒造(北海道)
  • 大村屋酒造場(静岡)

はい、お疲れさまでした。今年もまじめなこと、まじめでないこと、どうでも良いこと、いろいろ書いていきますので、どうかよろしくお付き合いください。

【こたえ】
A1. ② A2. ① A3. ③ A4. ② A5. ① A6. ② A7. ④ A8. ③ A9. ① A10. ③ A11. ③ A12. ① A13. ② A14. ① A15. ③ A16. ② A17. ③ A18. ② A19. ③ A20. ① A21. ③ A22. ② A23. ② A24. ② A25. ③


ページの先頭に戻る