アオサギを議論するページ

オオアオサギの危機

アオサギの近縁種にオオアオサギという種がいます。外見はアオサギとほとんど変わりません。ただ、名前に「オオ」と付くだけあってアオサギよりひと回り大きめです。生息地である北米ではGreat Blue Heronと呼ばれています。一方、本家アオサギはご存知、Grey Heron。見た目が同じなのに、なぜ片方はblue(青)で片方はgrey(灰色)なのか、これは一考の余地がありそうです。

と、今回はそういう話ではなく、このオオアオサギが存亡の危機に瀕しているというお話です。オオアオサギというのは前述のとおり北米を中心に分布する種で、その個体数は10万から25万とされています。この数から見ても分かるように、種全体としてはとくに保全上の問題があるわけではありません。問題なのはこのうちの1万羽、バンクーバー、シアトル周辺の太平洋岸の一部地域にのみ生息するオオアオサです。北方で繁殖するオオアオサギは秋になれば南へ移動するのが普通です。しかし、ここのオオアオサギは周年同じ地域に定着し、また、他のオオアオサギ個体群と地域的に隔離されていることから亜種として区分されています。”Pacific Great Blue Heron”というのがこの亜種の名前です。和名にするとタイヘイヨウオオアオサギとでも言うのでしょうか。

じつはこのオオアオサギ、2年前に当サイトの「オオアオサギ」のページで紹介したことがあります。その内容はというと、巣立ちヒナ数が以前に比べて半分ほどに減少しており、コロニーも放棄されるものが目立つというものでした。そして、その危機的な状況はどうやらその後も続いているようなのです。問題はその原因。これについてはいろいろ調べてみたのですが、この件は当初から指摘されていたようにハクトウワシの捕食が相当強く影響していると見る人が多いようです。

今シーズンのはじめ、The Seattle Timesにオオアオサギに対するハクトウワシの影響を書いた記事が載りました。この記事ではワシントン州のレントン市のコロニーが取り上げられています。ここも相当な勢いで衰退しているコロニーのようで、2004年に360巣で営巣していたのが2009年には35巣から50巣ていどにまで減っています。この減少分の全てがワシのせいではないにしても、記事を読む限り、ワシによるダメージは相当なものだったことが伺われます。そして、残念なのは、ワシによるこうした被害は、このコロニーだけでなく、オオアオサギの当亜種が生息するワシントンとカナダのブリティッシュコロンビアの両州で広範囲に見られるということです。

もちろん、この地にワシが突然現れたわけではありません。サギもワシも大昔からそこに暮らしていたわけで、おそらく多かれ少なかれワシによるサギの捕食はあったと思われます。けれども、その多くは総体的に見ればバランスの取れた関係であり、片方が片方を生態系から駆逐してしまうようなものではなかったはずです。この点、オオアオサギの将来が真剣に悲観されるような現在の状況は特別です。では、最近になってワシがサギを執拗に襲いはじめたのは何故なのでしょうか?

理由のひとつとして、まず、ハクトウワシの個体数が1970年台以降、確実に増えてきたことが挙げられます。その昔、人類が化学物質の環境への影響について鈍感だったころ、ハクトウワシはDDTに汚染された餌を食べ、汚染された親鳥の産んだ卵は殻が薄くてすぐ割れていました。当然、ヒナは少数しか育ちません。1972年、この年、アメリカではDDTの使用が禁止されました。その後、ワシの個体数は急速に回復します。先の記事によると、ワシントン州のワシの個体数は1980年の時点で105羽。これが2005年には845羽になっています。まったく目を見張る増加です。一方、ワシの本来の生息場所は開発によってどんどん減少していきました。このため、もともとの生息地を追われたワシとサギは限られた環境に同所的に住まざるを得なくなり、これがワシの捕食を助長した面もあるようです。いずれにせよ、オオアオサギにしてみれば、身の回りの危険が年々増えていっている感じでしょう。

同じような状況は日本でも見られます。あちらのオオアオサギとハクトウワシの関係は、日本ではアオサギとオジロワシの関係に置き換えられます。そして、北海道の道東や道北地域では、近年、オジロワシがアオサギのコロニーを襲うところがしばしば目撃されているのです(たとえば2008年の名寄新聞の記事)。幸いなことに、北海道でのオジロワシの増加は北米のハクトウワシの増加ほど急激ではないため、アオサギへのダメージは今のところ限定的です。アオサギにしろオオアオサギにしろ環境の変化に対する順応性は非常に高い鳥ですから、状況の変化が緩やかであれば地域個体群全体としてはそれほど危機的な状況には陥らないのかもしれません。一方、オオアオサギが現在、目の当たりにしている環境の変化は、その環境適応力に優れた彼らにしても御し難いほどスピードが速いということなのでしょう。

先の記事中、サギを専門に研究してきたベネスランドさんは、現状ではひとつがい当たり平均1羽のヒナしか育てられておらず、これは個体群を維持するのにギリギリの状況だとオオアオサギの今後を憂慮しています。また、別の猛禽類の研究者は、この先数年間はサギとワシの関係は非常に際どいものになるだろうと予想しています。事態はオオアオサギにとってもハクトウワシにとってもかなり切迫したものとなっています。その現状の一端は次の資料を見てもらえれば多少イメージできるかもしれません。こちらのブログに書かれているのはバンクーバー市内の公園、こちらのビデオはビクトリア市街のやはり公園内での出来事です。御覧のようにハクトウワシがアオサギのコロニーを襲ったりヒナを連れ去ったりしています。ワシがサギを襲うという特別な事件が、この地域では人々が日常の中で普通に見かける出来事になっています。このような街中にオオアオサギがコロニーを作っているのも驚きですが、そんなところにまでハクトウワシが進出していることにもびっくりです。オオアオサギにとって、ワシのいない営巣場所を見つけるという選択肢はもはや残されていないと言っていいでしょう。何か他の手だてを考えなければなりません。ともかく、ここしばらくはオオアオサギにとって過酷な日々となりそうです。

けっこうハードな状況を書いてきたので最後は少し希望を持って終わりたいですね。ということで、鳥の賢さについての話です。カナダの科学者でルフェーブルさんという方がいます。この方が鳥のIQテストを考案したのだそうです(BBCNewsより)。それによると、アオサギ属というのは全鳥類の中でカラスやハヤブサに次いで高いIQをもっているんだとか。であれば、オオアオサギもこのぐらいの危機は乗り越えてくれるはず。彼らの手腕に期待しましょう。


魚泥棒

昨日の新聞にこんなのがありましたよ。
徳島新聞(2010年5月25日)「アオサギ、毎日“出勤” 小松島漁協の魚介目当て」

これはもうカラスやカモメと一緒ですね。本来、アオサギは生きている魚でないと食べないはずですが、もうそういう状況ではなくなっているようです。釣り人から魚をもらっているうちに陸に上がった魚に対する抵抗が無くなったのでしょうか。ともかく、アオサギと人との間の距離が着々と近づいているのは確かなようです。

そもそも、アオサギはこうあるべきとか、こうあって欲しいとかいうのは人間が勝手に思うことで、アオサギのほうに守らなければならない規定があるわけではありません。死んだ魚は食べないとか、人を警戒しなければならないとか、巣は木の上につくらなければならないとかいうのは、そうしたほうが上手くいく場合が多いというだけの話で、状況が変われば必ずしもそうである必要はありません。状況に合わせて自分たちの生活スタイルを柔軟に変えられるのがアオサギの真骨頂ですし、そんなアオサギだからこそ人類よりはるかに長い時間を生き長らえてきたとも言えます。

とはいえ、漁協の方にしてみればアオサギの環境適応力に感心していても仕方がないわけで…。今のところごく少数が来ているだけで片手間に追い払うていどで済んでいるようですが、他のアオサギが同じように学習して10羽、20羽と来るようになったらと思うと、ただ事では済まなくなるような気がします。そうなると、人にとってもアオサギにとっても不幸な事態になりかねません。現地周辺のアオサギの生息状況を調べて、飛来数が多くなる可能性がありそうなら、今のうちにもっと強硬な手段で追い出すとか、一時的に手間や時間はかかっても早めに手を打っておくのが賢明でしょう。

職員が持ち場を離れると素早く獲物に近づき、くちばしにくわえて飛び去っていく。職員がしかっても、また平然と舞い戻ってくる。

少なくとも、アオサギを叱っただけではどうにもならないと思います。


鶴岡市アオサギ問題、その後

左側のサイドバーの一番下にアオサギ関連記事へのリンクを作りました。これまでは記事に言及するたびに各記事の掲載されたサイトにリンクを張っていましたが、ネット上にある日本の新聞記事は短期間で削除され、あとで資料として参照できなくなるので、今後は当サイト内に再現した記事にリンクするようにします。とりあえず、比較的最近の記事をいくつか載せました。

さて、今回載せた記事ですが、ご覧になって分かるとおり大半が鶴岡市で起きている問題を扱ったものです。このうち昨年のものについては以前ここでも取り上げたのでご存知の方も多いかもしれません。そのとき私が書いたものは「保護・保全・共生」の2009/12/12のところに置いてあるので、よろしければご覧になってください。

今回はその続きです。前回までの状況を見ると、この春に再び問題が起きることは目に見えていましたが、やっぱりと言うか、事態は予想通りの筋書きで進んでいるようです。先の週末にかけて、以下3誌に記事が載りました。興味のある方は読んでみてください。内容はどれもだいたい同じです。

朝日新聞(2010年5月12日)「鶴岡公園 今度はサギ」
朝日新聞(2010年5月15日)「サギの営巣対策始まる」
荘内日報(2010年5月15日)「「目玉風船」でサギを撃退 鶴岡公園への営巣防止図る」
山形新聞(2010年5月16日)「鶴岡のサギ対策、イタチごっこ 追い出しても別の場所で営巣心配」

問題はいくつかあります。まず取り上げなければならないのは、アオサギがすでに営巣しているにもかかわらず追い出し行為を行っていること。これは鳥獣保護法の第八条にある「鳥獣及び鳥類の卵は、捕獲等又は採取等(採取又は損傷をいう。以下同じ。)をしてはならない。」という規定に抵触する恐れがあります。これは蔑ろにできないことなので、今回、追い出しを主導的立場で行っている鶴岡市環境課に直接電話で問い合わせてみました。

市の言い分は、現在追い出しているのはまだ営巣を始めていないゴイサギのほうで、アオサギの巣には触れていないから法は犯していないということです。詭弁にもなりません。アオサギはすでに営巣しているわけですし、そのコロニーでロケット花火を打ち上げたりすればアオサギの営巣に悪影響があるのは想像力を働かせるまでもなく当然のことです。仮に営巣を放棄しなくても、親鳥が逃げれば卵やヒナがカラス等に襲われる可能性は高く、直接ではないにしても人間の行為が結果として「鳥獣及び鳥類の卵を損傷」している状況に変わりはありません。

アオサギに関して言えば、やむを得ない事情がある場合は都道府県知事の許可を得た上で駆除を行うことは可能です。しかし、今回の場合は営巣前に追い出すという建て前からだと思いますが、駆除申請は行っていないようでした。ともかく、今回の件は全てなし崩し的に事態が進行しているように見え、サギ問題に対する取り組みの悪しき前例となりそうな気配があります。

市に対してもうひとつ確認しておきたかったのは、この問題に対する市の今後の対応についてです。この件について尋ねたところ、市としてはサギ類に対する住民の苦情をもとに追い出しを行っているだけであり、現在はそのための効果的な方法を現場で実証試験しているに過ぎないということでした。これではその場凌ぎの対処療法にしかなりません。さらに悲しいことには、市としては問題解決に向けたビジョンは無く、またそれを考えるつもりもない、ついでに言えば、現在行っている実証試験以上のことをするお金も無いということでした。ビジョンの無い行政が行政と言えるのでしょうか? サギが来ればただただ追い出す、これでは人にとってもサギにとっても不幸な結末しか見えてきません。

鶴岡市の問題は去年の暮れから気にして見ていたわけですが、住民も行政も報道も鶴岡市全体が一種の集団ヒステリー状態になっているような気がしてなりません。行政は、サギが林に居座りそうになったらすぐに連絡してほしい、連絡があればすぐに追い出しに向かうといった具合で、何だか町がエイリアンの侵略を受けているような雰囲気です。とりあえず、もう少し落ち着きませんか?

生き物というのはそこに食べるものがあれば万難を排して集まってくるものです。それは仕事があるところに人が集まってくるのと同じ理屈です。生態系はそれでバランスがとれているのですから、サギ類は迷惑だから全面的に締め出しますなどと宣言してみたところで上手くいくはずがないのです。どこかで折り合いをつけなければなりません。そして、折り合いをつけるためにはそれ相応の負担が必要なのです。

さて、先の見えない鶴岡のサギ問題ですが、目先を少し別の方に向けてみましょうか。ここに、同じように問題があっても全く違った対応をされているケースがあります。紹介するのは京都の梅宮大社の事例で、日本野鳥の会滋賀支部の会報「におのうみ」14号(2008年9月1日発行)に載っていたものです。ここには会員の方がサギのコロニーがある梅宮大社の宮司さんにお話しを伺ったときの内容がまとめられています。以下、その中でとりわけ重要だと思う部分を抜粋してみます。

このコロニーの歴史は長く、昭和50年代までさかのぼるそうです。40年代からの宅地開発が60年頃まで続き、周辺の樹木が切られた結果、ここに集まってきたとのことでした。田んぼや森や林がなくなり、ここへサギ達は追い込まれてきたそうです。宮司様は「4、5年前に一度増えて心配したが、自然に減ったりすることもあるので心配無用、追い払いも保護も特別していない。うちでは自然に任せています」。
(中略)
8~10 月の3ヶ月はいないので静かですが、3~6 月はとてもうるさく梅雨の頃が一番臭いそうですが、追い払いなどの爆竹音のほうがうるさいと思っているので、自然のままにうまく調和することを考えていきたいと。また、子育て、安産は縁起がいいから雛をつくってくれるとうれしいと笑顔でお話されていました。

このコロニーがどのぐらいの規模なのか分からないので鶴岡や他の問題のある地域とは一概に比べられませんが、「とてもうるさく」と書かれているので人によっては強い被害意識をもってしまう環境だと思います。そんな状況でもこの宮司さんはとてもポジティブです。「追い払いも保護もしていない」というのは、ある意味、野生生物と人とのもっとも望ましい関わり方なのかもしれません。

そして、一番印象的だったのは次の一文です。

周りに住んでいらっしゃる近隣住民の方々からの苦情などがでることも、もちろんあるそうですが、 皆さんが追い出したので、うちで面倒をみているんだとお返事されているそうです。

この宮司さんの言葉には鶴岡の件も含めサギ問題の本質がさりげなく語られています。自分たちに災難が降りかかってきたのは、そもそも人が彼らの生息地を奪い彼らを追い出したことの結果なのだと。自業自得とはまったくこのことですね。先にも書いたように、人はこの負担をどこかで受け入れなければなりません。それが嫌だと突っぱねることは、自然界、生態系に別の歪みをつくることに他なりません。そして、それがまた別の災いとなって降りかかってくるのです。

最後にもうひとつ。開発行為によりコロニーが消滅させられるのと異なり、住民の苦情によりコロニーが排除されるケースでは、それに異議を挟む人はほとんど出てきません。人が迷惑しているという事実が取り沙汰された時点で大方の人は黙ってしまうからです。ところが、梅宮大社の宮司さんは違いました。野生生物にとって本当に必要なのは、この方のように人の利害も野生生物の利害も超越して毅然とした態度でいられる人なのかもしれません。


ページの先頭に戻る