382984
アオサギ掲示板
[ホーム] [アルバム] [ワード検索] [過去ログ] [留意事項] [管理用]
お名前
タイトル
コメント
添付File (任意入力。ファイル容量は3MBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内。投稿後、ご自分の記事を編集する際に必要です)
投稿キー ←ここに半角英数で 1234 を入力してください(スパム投稿防止のため)
文字色
・画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。
サギオ君   投稿者:ひでき  投稿日:2021/01/01(Fri) 17:43   No.2676   
まつさん 明けましておめでとうございます 今年もよろしくです 12月25日くらいから 食欲が増えてきました それと 足がほんのり赤くなってきています 今日の夕方は エサバケツの近くに 別のアオサギ2羽が飛んできて 追い払っていました 最近 フェイスブックで 船に乗っているアオサギ友達が出来ました 嬉しいです そして アオサギについて 分からないことがあれば アオサギを議論するページがあるので 見てみてくださいと伝えております よろしくおねがいします 


Re: サギオ君  まつ@管理人   2021/01/01(Fri) 17:58   No.2677

ひできさん、さっそく明けましておめでとうございます。なんと、もう婚姻色ですか、早いですね。札幌にいる私から見ると、寒くて脚がしもやけになっているのかと勘違いしそうなところですが、そちらでは早くも子育てシーズンに向けてやる気満々なんですね。そう言えば、東京のほうで年末から巣作りを始めたアオサギの話を聞いたことがあります。さらに暖かな南紀であれば、すでに始めていても全然不思議ではないのかもしれませんね。正月なんだからもうちょっとのんびりすればいいのにと思わないでもありませんが…。まあ、サギオ君、今年も元気にやってくれそうで何よりです。よろしくお伝えください。

サギオ君   投稿者:ひでき  投稿日:2020/12/02(Wed) 17:16   No.2672   
まつさん こんにちは ご無沙汰しております 
 早いものでもう12月ですね 最近のサギオ君は暑さも弱まり以前のような 頬を揺らしながらの動作は無くなり のんびりしております 食欲は少なくて 10cmくらいの小鯵なら8匹位で お腹一杯みたいです 5か程前の夕方に 30cmのムロアジを試しに あげてみると しばらく考えていましたが 口に咥えて 丸飲みした時の 画像を 添付します 飲み込んているときに 首が太くなって 飲み込みやすいようにか 首をまっすぐにして 飲んでいた姿が 可愛くて 写真に収めました 少し距離があったので 画質は悪いですが 最近のサギオ君です 



Re: サギオ君  まつ@管理人   2020/12/02(Wed) 19:15   No.2673

どうもご無沙汰してます。サギオ君の勇姿、久々に拝見しました。すっかり冬の装いに変わって派手さはなくなりましたけど、立派な体格は相変わらずですね。

アオサギが大きな魚を丸呑みしたときは、魚が喉を通って胃に落ちていくまでこのように首をまっすぐ立てているのをよく見かけます。ゴクッという感じで一気に呑み込むのではなくけっこう時間がかかるので、その間、息できるのかなと思ったり、見ているこちらまで緊張してしまいます。一般にアオサギ1羽が生きていくのに必要な餌の量は1日当たり270グラムほどと言われています。なので、30センチ級のムロアジなら、1日分の必要量としては多いくらいでしょうね。活動の少ない冬ですし、ひできさんが観察されているように小鰺8匹くらいがちょうど良いのかもしれませんね。



Re: サギオ君  ひでき   2020/12/03(Thu) 18:22   No.2674

いつも 丁寧なアドバイス 有難うございます 毛並みも整て 綺麗になってきているのは 冬の装いのせいなんですね 今日 午後16時に船で明日の用意していたら 遊びに来てくれました いつもより 目のアタリがキリっとして 男前に見えて 本来の野生のアオサギなんだなっと実感しました ムロアジを1匹食べたときは 満足していたようにみえたのは 必要量がぴったしだったんですね 



Re: サギオ君  まつ@管理人   2020/12/03(Thu) 22:17   No.2675

昨日の写真では首の下部や背中の繁殖羽がほとんど目立たなくなっていたので、これは典型的な冬毛のパターンだなと思ったのですが、今日のお写真を拝見すると、子育てシーズンほどではないにしても、繁殖羽はまだそこそこ残っているようですね。でも、春の彼らに比べるとかなり地味な感じです。首の色も赤味がかった灰色に変わってますし。来春までしばらくの間はこの控えめな色合いですね。

二代目ガー介のその後です。   投稿者:マルとポチ  投稿日:2020/04/12(Sun) 15:45   No.2614   
こんにちは、管理人さん、皆様。
去年の1月頃に投稿した者です。その後の2代目ガー介の近況報告と、お写真を投稿させていただきます。桜の花びらも散り、川上から流れる花びらと共に、いつも通りのガー介のおねだり、食事風景です。もともと家の裏の川に30年近く来ていたアオサギに変わり、3年ぐらい前から、稲作が始まっては去り、終わると飛来してくるアオサギです、若いせいか食欲旺盛です。大好物の1パック10匹入りのししゃもを与えても、まだ足らず立ち去ろうとしません。贅沢でして、硬めの丸干しイワシやししゃもよりも少しでも大きいと食べません。早朝はカラスとの戦いもあり、熾烈なのですが、カラスも生き延びる為には必死です。
そろそろ当方では稲作が始まり、ガー介ともしばしお別れで寂しいような世話もしなくていいやら感慨深い今日この頃です。しかし、ガー介や野鳥を見ておりますと、今回のウイルス騒動に際して、何の罪もない彼らには人間の強欲さをどう見ているのだろうと思います。野鳥や草木お花を見ていると地球を支配する人間の強欲さを反省してしまいます。それではみなさんお元気で、また良き報告したいと思います。


Re: 二代目ガー介のその後です。  まつ@管理人   2020/04/12(Sun) 21:34   No.2615

マルとポチさん、ずいぶんお久しぶりです。
残念ながら、ガー介君のお写真が…。でも、ご投稿の内容からお写真の情景はそれとなく想像できました。シシャモ1パックくらいはぺろりと平らげるでしょうね。食べられるチャンスがあれば食べられるだけ食べておこうというのがアオサギの本分ですから。それにしても、魚の大きさをえり好みするとは面白いです。たしかに贅沢といえば贅沢なのですが、今はたぶん小さなヒナを育てている時期でしょうから、もしかしたらヒナが食べやすいサイズの魚を選んでいるのかもしれません。まあでも、ヒナのうちからとんでもない大きさの魚を丸呑みする彼らですから、あまり関係ない気もしますけど。

アオサギたちが人間のことをどう見ているのか分かればどんなに素晴らしいでしょうね。そうなれば、人類ももう少し謙虚になれるのにとつくづく思います。

お写真、もしかしたら投稿時の容量制限に引っかかったのかもしれません。投稿可能な容量を大幅に増やしてみたので、よろしければもう一度トライしてみてください。また次回もガー介君の元気な便りが聞けることを楽しみにしています。



Re: 二代目ガー介のその後です。  マルとポチ   2020/04/16(Thu) 17:02   No.2626

管理人様。お世話になります。

画像送った積りでしたがすみませんでした。今日ですが、2,3日ぶりに飛来してきました、ちょうど餌やりのショットお送り致します。ガー介の特徴ですが、最初の1匹目を与えてやる時ですが、我先に走って来て食べに来ますが、徐々に後退し警戒しながら食します。そして気分次第なのかわかりませんが、が〜と鳴きながら飛び去り、また数十分すると、おねだりの如く飛来してきます。失礼します。




Re: 二代目ガー介のその後です。  まつ@管理人   2020/04/16(Thu) 21:44   No.2629

お写真、今度はちゃんと添付されてます! 安心しました。
目一杯大股なのが可笑しいですね。本当のところはよく分かりませんけど、食べた後、一度飛び去って、しばらく後にまた戻ってくるのであれば、やはり巣に戻ってもらった魚をヒナに与えているのかと。たぶんどこか十分かそこら行った辺りにコロニーがあるのでしょうね。



Re: 二代目ガー介のその後です。  ももぴょん   2020/04/17(Fri) 12:45   No.2631

あははは!こんなに大股で急ぐアオサギさん、見たことないです〜。可愛いですね。癒されました。ありがとうです。


二代目ガー介の近況。  マルとポチ   2020/09/27(Sun) 06:47   No.2670

管理人様、皆様お世話になります。

稲刈りが終わった当地ではございますが、例年通り飛来してきた、二代目ガー介の近況です。今年もそろそろ来るだろうと思い伽、とうとう来ました。飛来してきて3,4年になりますが、年々警戒心が緩んでいるように思います。少し大きくなったような気もします。相変わらず食欲旺盛で元気なガー介です。これからまた来年の田植えが完了する5月前後までのお付き合いですが、また報告したいと思います。失礼します。




Re: 二代目ガー介のその後です。  まつ@管理人   2020/09/27(Sun) 13:59   No.2671

こんにちは。
ちょうど獲物を捕らえたところでしょうか。くちばしサイズの魚。経験上、この大きさの魚が見つけやすいし食べやすいしで、彼らが一番好むサイズなんだと思います。
毎年定期的に来てくれるのは嬉しいですよね。二代目ガー介君も馴染みの場所で落ち着くのでしょう。年々警戒心が緩むというのも分かる気がします。


サギオ君   投稿者:ひでき  投稿日:2020/08/23(Sun) 18:55   No.2666   
久しぶりに投稿します まつさん こんにちは 北海道も暑いと思いますが 熱中症に気を付けてください 
最近の サギオ君は 以前の首の傷も 綺麗に治り 相変わらず毎日 船に遊びに来ています 船が帰って来ると 隣のダイビングボートに乗って 待ってくれています 今日は 船のロープが入っている コンテナに立って 口を半開きにして ほっぺたを揺らしています 良く見る光景ですが だいたい30分以上はしています これは どういうときにする 仕草なのか 教えてください  いまは 羽が生え変わるのかわかりませんが 船に抜けている羽が よく 落ちています 



Re: サギオ君  まつ@管理人   2020/08/23(Sun) 20:30   No.2667

ひできさん、こんばんは。内地の方には申し訳ないのですが、こちらは涼しいですよ。まあこれが本来の北海道の気候なのでしょうけど、近頃では珍しく凌ぎやすい夏です。ひできさんこそ熱中症にお気を付けください。

サギオ君、堂々とケースの中に入ってすっかり我が物顔ですね。お尋ねのくちばしを半開きにして頬を震わせるしぐさは、犬が口を開けてハアハア喘ぐのと同じです。人の場合は暑くなったら薄着もできますし、汗をかくことで身体の温度を調節できますが、たいていのほ乳類や鳥は毛や羽毛を脱ぐわけにはいきませんし、汗腺がなくて汗もかけないので、ああでもしないと身体に熱がこもってしまうのです。そんなわけで、夏の日中はああやって熱を逃がしているアオサギをよく見かけます。両方の翼を半開きにする日光浴のポーズとセットでやっていることも多いです。いずれにしても、写真を見るだけで、ああ暑いんだなとすぐ分かってしまいますね。



Re: サギオ君  ひでき   2020/08/24(Mon) 13:54   No.2668

まつさん こんにちは そういえば よく 両方の翼を半開きにしています 少しまえは ダイビングボートの幌の中に入って 顔だけ出していたのは 暑かったからなのですね 顔だけだして きょろきょろしていたのが 可愛くてしばらく見ていました 



Re: サギオ君  まつ@管理人   2020/08/24(Mon) 16:22   No.2669

さすがのアオサギでも幌の内に隠れないと凌げないような暑さなのですね。くれぐれもご自愛ください。

釣り人に魚をねだるアオサギ   投稿者:漂流白烏  投稿日:2020/08/15(Sat) 04:37   No.2661   
釣り人近くに来て、じっと待っている姿が、えさをねだっているように見えてなりません。釣った魚を投げてあげると近づいてきて食べています。10尾以上食べてもまだもらいたいのか近くにいて、じっと待ってます。5,6mからだんだんちかづいてきて2mぐらい近くまで来ました。


新聞に掲載予定のアオサギ  漂流白烏   2020/08/15(Sat) 04:48   No.2662

この情報を野鳥の会の方と新聞記者に提供したところ、実際に見たいということで、後日3人で現場に行き、釣りをしながら待っていると。それが分かったのか?30分ぐらいしてやってきました。例によって、3人の前でも怖がらず寄ってきて餌を上手に食べました。アオサギは警戒心が強く人なれするのは珍しいことだそうです。記者もびっくりして、新聞に掲載するそうです。たくさんしゃしいを撮っました。


Re: 釣り人に魚をねだるアオサギ  まつ@管理人   2020/08/15(Sat) 15:30   No.2663

漂流白鳥さん、はじめまして。
愉快な話題をありがとうございます。釣りをしているところにアオサギのような大きな鳥が近づいてきたら面食らいますよね。

おっしゃるとおり、アオサギは警戒心が強い鳥ということで相場が決まってました。ところが、それも今や昔の話で、最近は人を怖がらないアオサギがけっこう増えています。なぜそうなったのか真相はよく分からないのですが、本来の営巣環境がなくなり町中で営巣せざるを得なくなったことが原因かなと思っています。人と寄り添って生きていくしかなくなったのではないかなと。ともあれ、人とアオサギの距離は前世紀には考えられなかったほど近づいているようです。

こんなことを言うとせっかくの楽しい話題に水を差すようで気が引けますが、じつは釣り人にアオサギがエサをねだるのも今やそれほど珍しいことではなくなってきています。もっとも、おねだりアオサギはどこにでもいるわけではなく、私の住んでいる北海道ではいまだその手の話は聞いたことありません。漂流白鳥さんのところももしかしたらその土地では初めてかもしれませんね。おねだりアオサギが多いのは西日本のほうで、私が知っている限りではその始まりは2004年に遡ります。大阪の川縁で釣り人のすぐ横に大きなアオサギがヌッと立っていて、釣り人もアオサギのことなどまったく眼中にないというか、アオサギがいるのはいつものことといった感じで平然と釣りをしているのです。その写真を最初に見たときは本当に驚きました。合成写真かと思ったほどです。今回、新聞に記事が載るということで、写真を見たらまたまた大勢の方がびっくりすることでしょうね。



アオサギ 地元新聞に掲載  漂流白烏   2020/08/21(Fri) 22:08   No.2664

大分では珍しいです。地元の新聞に掲載されました。「大分合同新聞 アオサギ」でけんさくしみてください。


Re: 釣り人に魚をねだるアオサギ  まつ@管理人   2020/08/22(Sat) 16:45   No.2665

ご紹介ありがとうございます。こちらの記事ですね。
https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2020/08/19/JD0059486095


アオサギの捕食シーン   投稿者:MS  投稿日:2020/08/03(Mon) 17:02   No.2657   
はじめまして。突然の投稿、失礼いたします。
海面スレスレを飛翔するアオサギ?を撮っていたら、海面に飛び込み魚を捕食する瞬間が撮れました(添付の動画は連写で撮ったものをGIFで並べました)。
浅瀬で魚を捕まえる姿は何度も見ていますが、こんな狩りの仕方をする鳥なのでしょうか?それともアオサギによく似た他の鳥なのでしょうか、、、
鳥撮影は素人で同定に自信が無く、、、図々しくもご質問させていただきました。よろしくお願いいたします。🙇🏻♀



Re: アオサギの捕食シーン  まつ@管理人   2020/08/03(Mon) 17:53   No.2658

MSさん、はじめまして。
これは素晴らしく珍しいシーンですね。お写真に写っているのは間違いなくアオサギです。おっしゃるとおり、普段は浅瀬で漁をしている鳥なのですが、ダイブして魚を捕まえることもたまにあります。ただ、ダイブするといっても、たまにあるのはカワセミのように少し高い位置に静止した状態からいきなり水中に飛び込むというやり方で、水面を飛行中に突っ込むというのは滅多にないと思います。やれることは何でもやるというタイプの鳥ではありますが、これはかなり高い能力を要するでしょうね。アオサギなら皆できるというようなものではなく、一部のテクニシャンにしかできない高度な技だと思います。これはもうほとんど海鳥と言って良いのではないでしょうか。アオサギの秘められた能力の一端を垣間見た気がしました。貴重な情報、ありがとうございました!



Re: アオサギの捕食シーン  MS   2020/08/03(Mon) 19:41   No.2659

ご丁寧なお返事ありがとうございます。
アオサギで合ってますか、、、!
西陽に照らされたアオサギが きらめく海面を飛ぶ姿があまりに美しく、思わずカメラで追いかけたのですが、、、その姿はまさしく海鳥にしか見えず、アオサギではないのかも?と悩んでおりました。
お返事を拝読し、こういう可能性も秘めた鳥だとわかり、スッキリしました。ありがとうございました!



Re: アオサギの捕食シーン  まつ@管理人   2020/08/04(Tue) 12:35   No.2660

どこまで可能性があるのか測り知れない鳥だなと、その凄さを再認識させられました。今度海でアオサギを見かけたら、何か変わったことをしてくれるのではと期待して見てみたいと思います。

巣立ち間近   投稿者:ぴかまる  投稿日:2020/06/17(Wed) 16:40   No.2649   
すっかりご無沙汰しているうちに、こんな季節になりました。

成長の早かったヒナは、もう巣から出て羽ばたき練習をしています。

この時期に抱卵しているように見える親鳥がいますが、、、
有り得ますか?



Re: 巣立ち間近  まつ@管理人   2020/06/18(Thu) 07:39   No.2650

コロナコロナと騒いでるうちに、もう立派な幼鳥ですね。巣立ちまでもう一息といったところでしょうか。

この時期に卵やヒナを抱くことはあり得ないことではありません。たぶん一度失敗してやり直したのでしょうね。普通はこれほど遅くなると再営巣にチャレンジしても上手くいくことはあまり多くないのですが、可能性がないわけではありません。私が江別コロニーで確認したケースでは、7月初旬に生まれて9月に4羽のヒナが巣立っています。それを考えると、今まだ6月中旬ですから十分にチャンスがありますよ。


[1] [2]
処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -