370730
アオサギ掲示板
[ホーム] [アルバム] [ワード検索] [過去ログ] [留意事項] [管理用]
お名前
タイトル
コメント
添付File (任意入力。ファイル容量は600KBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内。投稿後、ご自分の記事を編集する際に必要です)
投稿キー ←ここに半角英数で 1234 を入力してください(スパム投稿防止のため)
文字色
・画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。
コロニー入り   投稿者:ぴかまる  投稿日:2020/03/26(Thu) 23:17   No.2606   
今月上旬よりチラチラとアオサギの姿を見ていたのですが、本日、コロニーに行って入居抽選会(?)を行っているのが確認して来ました。(^^ゞ


Re: コロニー入り  まつ@管理人   2020/03/27(Fri) 07:25   No.2607

お久しぶりです。
嵐山のサギたちは相変わらず賑やかにやっているようで安心しました。抽選会場、たしかにそんな感じですね。たぶん今時期の当選確率はかなり高いのでは。これから渡りのサギたちがどんどん増えてくると競争が熾烈になりそうですね。



Re: コロニー入り  ももぴょん   2020/03/29(Sun) 13:26   No.2608

いやあ、いよいよ北海道も賑やかになって来ましたね。このページをたまに見せてる旦那さんが、この前北海道のアオサギはどうした?と聞くので、これから渡ってきて賑やかになるのよっと話してたところでした。北海道の子達、今年も元気に頑張ってください!


Re: コロニー入り  まつ@管理人   2020/03/29(Sun) 21:03   No.2609

北海道のアオサギといえば、いま一番問題になっているのはやはりアライグマの被害です。私がずっと前から観察していたコロニーも、アライグマにやられてこの春はとうとう誰も来ませんでした。親鳥は飛んで逃げられるからいいようなものの、ヒナがことごとくやられてしまうんですよね。ぴかまるさんのところのコロニーはまだ大丈夫そうですけど、こちらでは絶対安全というコロニーはもうほとんど無いように思います。たぶん、ももぴょんさんのところにもアライグマは来てますよね。この問題、現場を目撃されることがまず無いのでなかなか意識されにくいのですが、もっともっと多くの人に関心をもってもらいたいなと思います。


Re: コロニー入り  ももぴょん   2020/04/02(Thu) 13:24   No.2610

明石ではアライグマの噂は聞きません。川では、たまにヌートリアが泳いでいますが。明石城のコロニーは小さいので、アライグマが出たらすぐ全滅です。タヌキがいるよとか、明石の人達は普段の生活の中の自然を楽しんでるようです。アオサギも近所の友達の様な感覚でいるようです。まつさん、来年はエイプリルフール楽しめるといいですね。


Re: コロニー入り  まつ@管理人   2020/04/02(Thu) 20:28   No.2611

そうですね。一年後は社会が明るさを取り戻し、エイプリルフールを楽しめる雰囲気になっていますように。
アライグマは大阪のほうにはいるという話を聞いたので、そちらへも行っているかなと思ったのですが、まだでしたか。明石城は街中の隔離された樹林ですし、外敵を防ぐという点では、案外、安全な営巣地かもしれませんね。


糞散らかしのアオサギ   投稿者:MOON  投稿日:2020/03/15(Sun) 17:24   No.2599   
お宮のお世話をしてますが、昨年は、アオサギの糞が屋根が真っ白になるほど落とされました。今年も住み着きましたが、困ったことです。近隣を調べたら半径1500M以内では、うちのお宮だけ。

3月の始め、消防放水で巣を落としたもらったものの、一週間もせず巣を作られてしまいました。その後、2週間ほど、ドローンやレーザーで脅しました。でも、巣に卵でできたので止めました。

樹を切るのも費用がかかり過ぎるので、折角なら、このアオサギを観光に使えないものかと。現在3本の木に、10羽ほど住み着いてます。昨年は4羽くらいでしたが、、、、。

この際、名物にすれば御利益があるかも。何かいい方法あったら教えて下さい


Re: 糞散らかしのアオサギ  まつ@管理人   2020/03/15(Sun) 22:51   No.2600

MOONさん、はじめまして。
困ったことに、社寺林はどうしてもアオサギに好まれるんですよね。お宮やお寺の林は大切にされているせいで大木も多いですし、何より樹林が周りから孤立していることがアオサギには好都合なのだと思います。近年は樹林そのものがますます少なくなってきたので社寺林に営巣するケースもその分増えたかもしれません。

もちろん社寺林をアオサギが利用するのは昔からのことで、彼らがフンをするのも当時も今も変わりません。ただ、昔はサギのフンは畑の肥料として重宝されていたので、屋敷林にサギが住んでいるのはむしろ有り難いことだったのです。だから逆にサギがいなくなると家が傾くとも言われていました。現在でも地方によっては、サギが巣をかけることが縁起の良い徴と見なされるそうです。

とはいえ、現実問題として日常的にフンが降ってくるのは困りものですよね。具体的な対策としてはMOONさんがとられた方法くらいしか私も思いつきません。巣に飛来しはじめたらすぐに彼らの嫌がることをして巣にいられないようにする、それを彼らがいなくなるまで執拗につづける、それだけです。もちろん誰でもアオサギにかかり切りになるわけにはいかないので、この「執拗につづける」というのが一番難しいところです。でも、そこさえ何とかなれば、数羽、数十羽のコロニーはおろか、数百羽単位の大規模コロニーでも1羽もいなくすることは可能です。そして、実際にそのような大がかりな追い払いも成功しています。今年はもう抱卵をはじめたということで残念というほかありませんが、来年も追い出しを試みられる場合は、もう少しこの「執拗につづける」という部分にこだわって、戻ってきたらすかさず追い払うということを繰り返してみてください。

それはそうと、アオサギがいることを逆手にとって観光に活かせないかというアイデア、これは素晴らしいです。アオサギのいる神社というのがポジティブなイメージで皆さんに知られるようになると良いですね。子育ての様子を観察してもらえれば、きっと親しみをもってもらえると思います。ただ、私の社寺林のイメージだと、子育ての様子を直接観察するというのはちょっと難しのかなと。けれども、たとえ観察が無理でもそこにアオサギがいることに変わりはないですから、彼らを厄介な存在としてではなく、MOONさんの言われるように御利益のある存在としてPRすることはできるのかなと思います。実際、サギという鳥は、昔から神社や神様と何かにつけ縁があります。そのことについては、以前、「鷺と社」というタイトルで短い記事を書いたので、よろしければご覧ください。
「鷺の社」 ⇒ https://www.grey-heron.net/2014/11/30/shrine-of-the-heron/
同様に、古今東西の神々とアオサギとの関わりについても触れています。こちらもよろしければ是非!
「イメージとしてのアオサギ」 ⇒ https://www.greyheron.org/wp-content/uploads/2012/05/heron-as-image.pdf

たいして参考になるお話もできませんでしたが、私個人としては神社とサギというのは相性の良い組み合わせだと思っています。その良い相性がMOONさんの神社でもポジティブな結果を生むようお祈りしています。



Re: 糞散らかしのアオサギ  MOON   2020/03/16(Mon) 06:05   No.2601

>執拗につづける
これがなかなか困難ですね。
高さ10Mほどで樹を切ってもらう見積もりとったら、ビックリ価格。
これを見せたら、部落の方は、じゃ交代交代でとは、ならないと思います(^^;)

ツバメが住み着く家は繁盛するという言われがあるので
アオサギは部落繁栄の象徴として、こじつけてみようと思います。
もう、少し勉強してみます。
ありがとうございました。



Re: 糞散らかしのアオサギ  まつ@管理人   2020/03/16(Mon) 12:09   No.2602

樹林の規模や状況が分からないので何とも言えないのですが、木は切っても別の木に移るだけであまり効果はないような気がします。アオサギは巣がかけれそうな木であれば樹種は選びませんから。切っただけ損ということになりかねません。

あと、追い払い方法ということでは、鷹匠に頼んでタカを飛ばすという手もあります。やることはドローンと同じで、親鳥を傷つけることなく巣から追い払うというものです。ただ、ドローンのようなフェイクではなく本物の捕食者なので、ドローンより効果があるのは間違いないと思います。もちろん、タカを使う場合も、法律上追い払いが可能なのはアオサギが卵を産むまでで、それから後はできません。春先、アオサギが飛来しはじめた直後にあまり日を空けず何度か集中的に行うのが効果的だと思います。最近は商売として今回のような件を引き受けている業者があるので、もしお近くにそのような業者があれば検討されてみてはいかがでしょう? 一度ではなく何度か来てもらう必要がありますが、それでも木を切るよりは安くあがるのではないかと思います。



Re: 糞散らかしのアオサギ  MOON   2020/03/17(Tue) 09:20   No.2603

お宮には、3本樹があるので、ここを切ったら隣部落のお宮に行くでしょうね。隣部落の方にそれを言ったら、アオサギ養っとってちょっだい、と言われてしまいました(^^;)

切らずに鷹匠という手もありですね。調べてみます。

今年は、お宮の屋根にブルーシートでもかけてしのぎます。



Re: 糞散らかしのアオサギ  まつ@管理人   2020/03/17(Tue) 21:26   No.2604

そういえば似たような話がありました。ある地方都市の社寺林にアオサギとゴイサギのコロニーができたのですが、迷惑だというので何十本も木を切って追い出したのです。すると、別のところの社寺林に移動。そこでもまた木を切って…、ということを3回ほど繰り返していました。まさにいたちごっこです。MOONさんのところも、木を切ったら冗談でなく隣部落のお宮に引っ越す可能性が高いと思います。考えてみると、木を切る切らないにかかわらず、そこからいなくなれば隣部落に行くしかないようにも思えますが…。ともかく、貴重な3本の木、何とか切らずに残せる方法が見つかると良いですね。

ところで、MOONさんの書かれていることから想像すると、一番の問題は、アオサギの営巣に適した環境が地域のごく限られた場所にしかないことだと思います。もしそうなら、人の迷惑にならないところに人工的な営巣木をつくってやるのもひとつの手です。不要になった電柱とか適当な丸太を立てて、それにアオサギの巣をくっつけておくだけでもけっこう上手くいきます。実際やるとなるといろいろ問題が出てくるでしょうけど、アオサギ対策としては一番根本的な解決法かなと思っています。やるやらないは別として、対策を検討される上で何かのヒントになれば幸いです。



Re: 糞散らかしのアオサギ  MOON   2020/03/18(Wed) 06:51   No.2605

数年前ですが、半径1500m以内にパツサリと樹を切られたお宮があります。そこが影響したのかも、です。
樹を切って追い出すことは、近隣から恨まれそうですね。


サギオ君    投稿者:ひでき  投稿日:2020/02/21(Fri) 18:54   No.2595   
まつさん ご無沙汰しております 
 最近の状況ですが いつものサギオ君は喧嘩をしたのか 1か月ほど前に 首の少し下のアタリに傷なのか 分からないですが
出来ていて やつれていました 昨日の夕方は かなり治ってきていて 食欲もいつもと変わらない位あります 最近1か月ほど前から 毛並みがツヤツヤで くちばしと足が赤っぽい 別のアオサギがきています 名前は三男と呼んでいます 若いころのサギオ君にそっくりです 画像は昨日の夕方です 



Re: サギオ君   まつ@管理人   2020/02/21(Fri) 21:18   No.2596

ひできさん、こんばんは。
サギオ君も舟に来てないときはあちこちでいろんな経験をしているのでしょうね。アオサギはその気になればかなり激しい喧嘩をしますから、その際にちょっと不覚をとったのかもしれませんね。あるいは猛禽か何かと闘ったのかも。首の傷と言えば写真のアオサギを思い出します。以前、ヒナを育てている最中にこんなことになったのです。この親鳥のいたコロニーでは、当時、頻繁にオオタカがヒナを襲っていましたから、おそらくヒナを守ろうとしてやられたんだろうなと勝手に想像しています。幸い、この親鳥のヒナは4羽とも皆無事でした。この親も見かけは酷そうですが、子育てが終わる頃までには羽毛が再び伸び、ほぼ元どおりに治っていました。そんな感じで、アオサギはけっこうタフですから、サギオ君もきっと大丈夫でしょう。新入りの三男君ともうまくいくと良いですね。




Re: サギオ君   ひでき   2020/02/22(Sat) 11:48   No.2597

まつさん こんいちは 
 まつさんの画像の首の傷に最初 そっくりでした 傷があっても普通に食べていたのでサギオ君自体は大丈夫だったんですね ホッとしました てっきりアオサギ同士 三男とエサの取り合いをして 喧嘩したのだと思っていました 自然の厳しさを実感しました 最近はかなり治っているので ほんとタフなんですね 新入りの三男君は 雄か雌かは分かりませんが もし 雌ならカップルなのかもしれないですね エサの時は全く同じ行動をとります 学習したのか 夫婦間で話したのか 想像が膨らむばかりです いつも 良き アドバイス 有難うございます 一昨日の三男くんの画像 添付しておきます 




Re: サギオ君   まつ@管理人   2020/02/22(Sat) 15:20   No.2598

三男君もサギオ君に劣らず立派な体格ですね。くちばしが婚姻色に染まってますし、もうどこかで巣作りを始めているかもしれませんね。

巣から落ちたヒナについて   投稿者:ももぴょん  投稿日:2020/02/13(Thu) 13:52   No.2591   
まつさん、ちゃんと読んでますよ。丁度いい位の文章の量で、感謝してます。私の住んでいるマンションんでも、浜ヒヨドリ?らしき鳥が毎年の様に巣作りするのですが、巣立ちの頃エレベーターのあたりに、ヒナがウロウロしてることがあります。でも、親の呼ぶ声がするので、誰もヒナに手を出さずに様子を見ているといつの間にか、姿が無くなります。きっと親鳥が上手に誘導して巣立たせているのだと思います。エレベーター辺りはトンビも来ないので安心かなと思っています。まつさん、第二弾待ってますよ!


Re: 巣から落ちたヒナについて  まつ@管理人   2020/02/13(Thu) 20:47   No.2592

ありがとうございます! 今回の記事はももぴょんさんが想像していた内容ではなかったと思いますが、でも、やっぱりあのことだけは最初に書いておかなければなと。次回からはもっとリラックスしたトーンで書ければなと思います。

ハマヒヨドリという呼び名があるのですね。イソヒヨドリとは別なのかなと思って調べたらどうも同じ鳥のようで。恥ずかしながら知りませんでした。それと、イソヒヨドリが巣作りしにくるところだから、ももぴょんさんは海岸近くにお住まいなのかなと思ったのですが、最近ではけっこう都市部でも営巣しているようですね。これまた恥ずかしながら知りませんでした。びっくりです。



Re: 巣から落ちたヒナについて  ももぴょん   2020/02/14(Fri) 13:45   No.2593

いえいえ、まつさん予想通りの始まりでしたよ。きっと誠実なまつさんの事だから、こういう始まりだろうなと思っていました。ハマヒヨドリでなくて、イソヒヨドリ
だったかもです。うちは明石川の河口に近いので、結構海の鳥達もやってきます。ユリカモメなんか冬の間は明石城のお堀まで行って遊んでますよ。イソヒヨドリの営巣中は何とも言えない美しい鳴き声が夜でも聞こえて、癒されますよ。



Re: 巣から落ちたヒナについて  まつ@管理人   2020/02/14(Fri) 22:33   No.2594

オオセグロカモメなら札幌の街中でもよく見かけますよ。なんでもビルの屋上で子育てしているのだそうです。10羽以上の群れになって鳴きながら飛んでいるのを見ると、ここは港町かと錯覚するほどです。アオサギも街に出てくるようになって久しいですけど、都市部の鳥類相というのはここ20年くらいでかなり変わったのではないかなと思います。イソヒヨドリの鳴き声、いつかぜひ聞いてみたいです。

まつさ〜ん!   投稿者:ももぴょん  投稿日:2020/01/28(Tue) 13:13   No.2584   
お元気ですか?まつさんのアオサギ子育て奮闘記、楽しみにしてます。


Re: まつさ〜ん!  まつ@管理人   2020/01/28(Tue) 18:35   No.2585

ももぴょんさん、お久しぶりです。気にかけていただきありがとうございます。私は相変わらず元気ですよ。
正月にヒナのことを書くと言っておきながらほったらかしにしてすみません。いっぺんに全部書こうとするとなかなか取りかかれないんですよね。なので少しずつ小出しにして書いてみます。そんなに勿体ぶるような内容ではないのですが、今月中にはと思っているので、よろしければ数日経ってまた見てみてください。
とりあえず、連れ帰って間もないヒナの写真です。




Re: まつさ〜ん!  ももぴょん   2020/01/28(Tue) 21:07   No.2586

良かった〜、まつさん元気だ!恐竜の赤ちゃん?可愛いです。毎日おじゃましてますから、安心して?ください。


Re: まつさ〜ん!  まつ@管理人   2020/01/28(Tue) 21:18   No.2587

ももぴょんさんが見てくれていると心強いです。
アオサギ、ヒナとはいえまさに恐竜でしたよ。おっしゃるとおりです。



Re: まつさ〜ん!  ももぴょん   2020/01/29(Wed) 13:43   No.2588

まつさん、子育て奮闘記、一度に書かないで下さい。年寄りはいっぺんに読むの苦痛なんですよ。
どうぞ、少しずつ小出しにお願いします。ちなみに、ヒナはなでなでできたりしましたか?



Re: まつさ〜ん!  まつ@管理人   2020/01/29(Wed) 20:14   No.2589

いえいえ、残念ながらそれはありません。ヒナと言えどもとてもそんなことのできる相手ではありませんし、野生動物である以上、私のほうもできるだけ人に慣れないよう心がけていましたので。この件についてはもっと具体的にお知らせしたいところですが、ヒナを保護することには何かと微妙な問題が絡んでくるので、不用意に断片的な情報を出すのはやめておいたほうが良いかなと思っています。その部分だけとって問題視される恐れが多分にありますから。書くときはそういうことも含めて全体像が見える形で出しますのでもう少しお待ちください。もちろん何回かに分けてゆるゆる書いていきますのでご安心を。


Re: まつさ〜ん!  ももぴょん   2020/01/30(Thu) 13:36   No.2590

はーい!楽しみにまってます。ワクワク!

恋の季節?   投稿者:サギオ君  投稿日:2019/12/23(Mon) 18:46   No.2581   
まつさん こんにちは 今年1年 サギオ君の生態について 良きアドバイス 有難うございました 今年中は 1日に1回は絶対に遊びに来ていて 楽しみにしています 前回の投稿よりも 足が少し 赤くなってきており また 恋の季節が近づいてきているのでしょうか 


Re: 恋の季節?  まつ@管理人   2019/12/23(Mon) 19:50   No.2582

どうも、こんばんは。
いつ見てもサギオ君は立派な体格をしてますね。やっぱり日頃からたらふく 魚を食べているせいでしょうか。たしかに脚が赤っぽくなっていますし、早くも次の子育てシーズンに向けて準備しはじめたのかもしれませんね。冬も暖かくて食べるものにも不自由しないそちらの環境なら十分あり得そうです。ただ、胸や背中の飾羽はまだほとんど伸びてなさそうでですし、くちばしの色も変わりないところを見ると、すぐにというわけではなくて、これから徐々に徐々にという感じかなと思います。

いま投稿者名がサギオ君になっているのに気づきました。ひできさんですよね。サギオ君もひできさんも良いお年をお迎えください。



さぎおくん   ひでき   2019/12/24(Tue) 05:12   No.2583

こんにちは まつさん 本当にです 投稿名 間違っていました 自分でもおかしいですね  まつさんも 良いお年を迎えてくださいませ いつも ありがとうございます 


ご無沙汰しています   投稿者:サギオ君  投稿日:2019/11/14(Thu) 12:39   No.2577   
まつさん こんにちは ご無沙汰しております 以前 春に投稿してから 毎日 変わりなく朝 昼 夕と船で作業しているといつにまにか 目線の先にはサギオ君がいます 夜遅くでも 船に乗っていて1日のほとんどが船の上にいるように思います 今朝は船に乗る前は辺りを見回していも姿は何処にもいなかったのですが 気が付くと目の前に来ていて 15cmくらいの鯵を6匹 バケツに入れると すぐに飛んできて 完食しました 


無題  サギオ君   2019/11/14(Thu) 17:22   No.2578

子育てが終わってからは 食欲も自分の分だけでいいみたいなので 子育てシーズンの5分の1以下で すぐにお腹いっぱいになるみたいですね 台風が来た時以外は 毎日きてくれていてのんびりしているように見えます 



Re: ご無沙汰しています  まつ@管理人   2019/11/14(Thu) 17:29   No.2579

お久しぶりです。
サギオ君は相変わらずの食欲のようで何よりです。首の色も灰色に変わって冬の装いでしょうか。今は子育てもないですし、一番優雅に過ごせる時期かもしれませんね。



Re: ご無沙汰しています  サギオ君   2019/11/15(Fri) 12:52   No.2580

まつさん こんにちは 首の色が灰色に変わっていますね いつも 貴重な生態を聞けて 有難うございます 

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -