395706
アオサギ掲示板
[ホーム] [アルバム] [ワード検索] [過去ログ] [留意事項] [管理用]
お名前
タイトル
コメント
添付File (任意入力。ファイル容量は3MBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内。投稿後、ご自分の記事を編集する際に必要です)
投稿キー ←ここに半角英数で 1234 を入力してください(スパム投稿防止のため)
文字色
・画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。
巣立ち?!   投稿者:ぴかまる  投稿日:2021/07/17(Sat) 13:31   No.2758   
昨日の事です
採餌に行った両親を待つヒナたちの巣に、突然1羽が降りて来たのです
最初は親鳥かと思いましたがその後も給餌する様子もなく しばらくすると飛び立って行ってしまいました

この巣のヒナは近くの枝まで移ったりしていましたが 巣立ちにはもう少しかかる様に思えました

この来訪者は誰?
他の巣から巣立った幼鳥なのか 若鳥なのか
この写真だけでわかりますか?



Re: 巣立ち?!  まつ@管理人   2021/07/17(Sat) 22:02   No.2759

巣立ちの時期ですね。今シーズンの嵐山は何か問題があったようで心配でしたが、いま巣立ちを迎えているということは、このヒナたちはその時の危機を生き延びたということなんでしょうね。

さて、お写真の件ですが、実際に一連の動きを見てみないと、写真だけで何が起こったか判断するのはやはり難しいです。写真のヒナが巣に降りたったとき、その巣にいたヒナたちはどのような反応を示したでしょうか。やって来たのが自分たちの兄弟でないならすぐに追い払ったはずです。でも、降りたった幼鳥は、しばらくその巣に留まったわけですよね。そうであれば兄弟なのかもしれません。必ずしも兄弟が同じ時期に巣立つとは限りませんから。


ヒナ確認   投稿者:ぴかまる  投稿日:2021/07/01(Thu) 18:30   No.2756   
ようやくヒナの姿が確認出来ました。
なんとか観察できる巣は2〜3個ほどなのでなかなかヒナが立ち上がったところが見れませんでした。
運良く親鳥が帰って来て給餌をしてくれたのです。
3羽が確認出来ました。近くの巣にも、もう少し小さい感じでしたが3羽ほどいる様でした。
鳴き声は一段と大きくなっていました。
このまま無事巣立って来れたらいいですね。



Re: ヒナ確認  まつ@管理人   2021/07/01(Thu) 19:33   No.2757

思ったより成長していますね。お写真のヒナで4週目後半から5週目前半くらいだと思います。この調子でいけば今月中に巣立ちできるのではないでしょうか。本当ならちょうど今頃巣立ちのシーズンを迎えているはずなのですが…。たぶん、ヒナが生まれ始めるゴールデンウィーク頃にたぶん何か事件があったのでしょうね。

鳴き声は聞こえる   投稿者:ぴかまる  投稿日:2021/06/23(Wed) 19:29   No.2754   
やはり気になって今日の様子を見に行って来ました。
遠くからヒナを確認できる大きさには成長していません。
親鳥が帰って来た巣からだと思いますが、鳴き声は聞こえて来ます。

川向こうから撮影して、可能な限り拡大してみましたが、どの巣も同じ状態の様です。
やはり大事件があった様ですね。

奥の方にしっかりカワウのコロニーができています。



Re: 鳴き声は聞こえる  まつ@管理人   2021/06/24(Thu) 08:45   No.2755

たしかに、この状況は心配ですね。書かれている内容とお写真から判断すると、1、2週目のヒナがいるという感じなのかなと。とすれば、逆算して、5月半ばに何か事件があって、そこから再営巣したように思えます。仰るとおり、どの巣も一様に親鳥が1羽だけ立っていますから、たぶん同じ時期に一斉に被害に遭ったのでしょう。前に書いたように、これはアライグマかもしれませんね。そうであれば、まだこれからも襲われる可能性があるわけですが、何事もなくこのまま順調にいけば、お盆頃には巣立ちが迎えられると思います。時期としてはぎりぎり大丈夫でしょう。

いずれにしても、このままほっておくと来年以降も同じことが起きる可能性が高いので、何が原因なのかはっきりさせたいですね。営巣期が終わったら、コロニーに何か痕跡が残されていないか調べてみようと思います。


カワウ進出   投稿者:ぴかまる  投稿日:2021/06/17(Thu) 16:08   No.2752   
そろそろアオサギのヒナの姿が観れるかと行ってみましたが、見える範囲の巣には確認できませんでした。
昨年の今頃ならもうずいぶん大きくなった姿が観れたのに、どうした事でしょう。
奥の方は見れないので分かりませんが、何かアクシデントがあったのではと心配しています。まだ抱卵状態のもいました。

それにカワウが飛び回っていました。これは初めて観ました。
小枝を咥えて飛び回っていましたから、ここにカワウのコロニーが併設されるかもしれません。



Re: カワウ進出  まつ@管理人   2021/06/18(Fri) 06:06   No.2753

この時期にヒナの姿を確認できないというのはちょっと心配ですね。嵐山の場合のアクシデントといえば、まずクマタカを思い浮かべますが、もし飛来していたとしても、コロニー全体から見れば許容できる範囲の被害です。そうでなく、不審な巣がかなり広範囲に見られるようなら、あまり考えたくはないですけど、もしかしたらアライグマかもしれません。だとすれば、これはかなり深刻ですね。永山にコロニーが新設されたのも嵐山から逃げているせいかもしれませんし。

嵐山にカワウとは意外でした。カワウはもっと水辺に面したところにコロニーをつくるイメージがあったので。小枝を運んでいたのなら、きっとそこで営巣するのでしょう。アオサギのヒナをなぜまだ見かけないのかも含め、いろいろ目が離せませんね。


サギオ君   投稿者:ひでき  投稿日:2021/06/15(Tue) 16:08   No.2749   
まつさん こんいちは ご無沙汰しております

 最近のサギオ君は 毎日 朝 昼 夕と3回は食べに来ていて 
 たまに 違うアオサギと2羽で飛んでいます 昨日夕方 膝を曲げたように 休んでいたのが珍しくて 写真撮りました 
 



Re: サギオ君  まつ@管理人   2021/06/15(Tue) 22:30   No.2750

ひできさん、こんばんは。
アオサギ、ときどきこの格好で座ってますね。こんなふうにペタンと座るのは、どちらかというと幼鳥のほうが多いです。きちんと立っているよりは、やはりこのほうが多少楽なのかなと思います。それから、細かいことを言うと、脚のあの曲げた部分は膝ではなくて、人間でいうとかかとに当たります。なので、人間に対応させて考えると、お写真の状態がきちんと立っている状態で、普段見かけるいわゆる立っている格好は、つま先立ちしている状態になります。そう考えるとしんどそうですよね。

それにしても、今日のサギオ君は、食べ過ぎなのか身体が重そうですね。たぶん座ってるからそう見えるだけだと思いますけど。



Re: サギオ君  ひでき   2021/06/16(Wed) 11:46   No.2751

まつさん こんにちは 
 あの座り方が膝ではなくて かかととは 普段がつま先立ちだとはびっくりです おそらく 沢山食べた後で のんびりしていたんですね 今日も帰って来ると しきりに毛づくろいをしていました 



心配です   投稿者:札幌  投稿日:2021/06/07(Mon) 23:35   No.2743   
五ノ戸の森のアオサギ達についてですが、ブログを見ていたら先週の金曜日の嵐で巣から落ちてしまった雛達の体力が限界に近いと書かれていました。
自然だからと見過ごすしかないのでしょうか。
既に亡くなってしまった子も悲しいですがまだある命守りたいです。
ブログをもっと早く読んでいたかったです。
甘えた考えで申し訳ございません。
以前Twitterで五ノ戸の森の雛を保護されていたのを見てとても心温まりました。
ご教授頂けましたら幸いです。
お忙しい中申し訳ございません。
宜しくお願い致します。


Re: 心配です  まつ@管理人   2021/06/08(Tue) 06:45   No.2744

札幌さん、おはようございます。
言及されているブログを探すことができず状況がよく分からないのですが、現在、五ノ戸の森コロニーの下にヒナがいるということでしょうか? もし差し支えなければブログのタイトルかURLを教えてください(普段はURLは受け付けない設定にしてますが、一時的に解除します)。

一般的なことを言えば、北海道だと5月半ばから6月にかけてヒナが落ちることはよくあります。とくに大風が吹かなくても、カラスに引きずり落とされたり兄弟に突き落とされたりと原因はさまざまです。アオサギは落ちると親鳥は決して面倒をみませんからヒナはキツネに食べられるか餓死するかでほぼ確実に死にます。ただ、大風の場合は、小さいヒナでなく、むしろ巣立ちの近い幼鳥のほうが多いと思うので、ほっておいても運が良ければ生き延びられるかもしれません。

で、落ちたヒナを見かけたらどうするかという問題ですが、これは議論の多いところで簡単には説明できません。これについては以前ヒナを保護したときに書いたものがあるので、よろしければ以下のページをご覧いただければと思います。
「巣から落ちたヒナと救護の是非」 ⇒ https://www.grey-heron.net/a-chick-fallen-from-the-nest

結局、これはもう個人の責任ある判断に委ねるしかないと思ってます。助かる命があるなら助けたいですし、もし保護された場合は私の経験からアドバイスできることもあるかと思います。そのときはまたご連絡ください。



まつ様  札幌   2021/06/08(Tue) 09:21   No.2745

おはようございます。
お忙しい中ご丁寧に御返事下さりありがとうございます。
お人柄の温かさを感じました。
https://nkkn48.blog.fc2.com/blog-entry-308.html?sp
です。
Instagramや他の方のブログの記事でも巣の下を彷徨う雛鳥の写真を昨晩から目にするようになりました。
近距離で雛鳥を撮影出来るからでしょうか、急に投稿が増えた様に思います。
以前ご投稿されていた保護に関する記事を読ませて頂きました。
私はまつ様の行動とご判断に賛成派です。
魚等持って行くのは近隣の方のご迷惑になってしまうのでしょうか。
無知で申し訳ございません。
御返事頂けて嬉しかったです。
ありがとうございます。



まつ様へ  札幌   2021/06/08(Tue) 09:25   No.2746

度々申し訳ございません。
もう1つのブログの記事です。
勝手に貼ってしまいブログ主様に申し訳ないです。
お手隙の際にご確認宜しくお願い致します。
ありがとうございますm(._.)m



無題  札幌   2021/06/08(Tue) 09:37   No.2747

編集の仕方が分からなくてすみません(T_T)
URL載せるのを忘れておりました。
何度も申し訳ございません。
宜しくお願い致します。
https://nmoriya.exblog.jp/



Re: 心配です  まつ@管理人   2021/06/08(Tue) 11:51   No.2748

ありがとうございます。ブログ、拝見いたしました。2番目のご投稿でご紹介いただいたお写真も確認しましたが、写真そのものの転載はさすがに本人の許可がないと問題になるので掲載は見合わせたいと思います。どうかご了承ください。

さて、落ちたヒナたちですが、思ってたよりも小さいですね。小さいのは3週目、少し大きいのは4週目といったところです。ふたつ目のブログのヒナは5週目くらいかもしれません。じつはヒナは3、4週目頃が一番落ちやすいのです。原因は先に書いたとおりカラスや兄弟による虐待で、これは悲しいことですが毎年のことなのです。加えて、金曜の強風。実際、そのせいで落ちたヒナもいたかもしれませんね。

私が以前保護していたヒナも3週目くらいで引き受けたのですが、その後、独り立ちするまでにはひと月半くらいかかりました。その間、多いときは1日で400g以上の魚を食べます。なので、かなりな覚悟がないと巣立ちまで面倒をみるのは難しいです。保護できる場所を確保できれば別ですが、現地でとなるとほぼ不可能だと思います。見かけたヒナに魚を与えたところで一時的な延命措置にしかならないでしょうし。それに五ノ戸の森にはキツネもいますから。そんなことで、ここは辛いところですが、成り行きに任せたほうが良いと思いますよ。


長沼神社のコロニー   投稿者:よしお  投稿日:2021/05/15(Sat) 13:36   No.2738   
こんにちは^^
毎年賑やかだった長沼神社のコロニーですが今年は静かで先週元気だったヒナがいなくなっていました(泣)先週は確かに2羽元気いっぱいに鳴いていたのに…もぬけの殻になっておりとてもショックです。
今は2巣くらいしかヒナが見当たらず、あとの巣は大人のアオサギさんたちが座り込んでいたり、巣の中で2羽立っていたりしていました。マツさんが保護されたアオサギさんのヒナもこちらから落ちたヒナでしたよね。
アライグマの襲来にあったのでしょうか?
今年は静かなので心配です。


Re: 長沼神社のコロニー  まつ@管理人   2021/05/15(Sat) 20:16   No.2739

よしおさん、どうもお久しぶりです。前にご投稿いただいたのは私が長沼神社でアオサギのヒナを保護していた時ですから2年前ですね。

長沼神社には私はその後行ってないのですが、時々ネット上でコロニーの話題を見かけることがあって、今年も変わりなく営巣してるのだなと思ってました。営巣はしていても、いつも賑やかな時期に静かだと気になりますよね。ヒナがすくすく育っていた巣がある日突然もぬけの殻になっているのを見たときのショックは私もよく分かります。たしかにあそこの周りはアライグマがたくさんいるようですし、神社の境内にも入ってきているかもしれません。かなりあちこちの巣で一斉に異変が見られるようだとアライグマの可能性が高いです。ただ、カラスも多いところなので、ヒナがいなくなったところが数巣ていどであればカラスの仕業かもしれません。

アライグマの場合は、同じ木にある巣を次々と襲うので狭い範囲に被害が集中します。一方、カラスの場合は、相手にしやすいヒナのいる巣を選んで襲うので、コロニーのどこか一ヶ所に被害が集中するということはありません。あと、まだこの時期ですから、まだ卵か小さなヒナしかいないところもあるでしょうし、親鳥が巣に座っているのは異常なことではありません。ただ、つがいが2羽とも巣の上に立っているのはまずいですね。ほぼ間違いなく卵かヒナに何かあった証拠ですから。一斉に複数の巣でこういった状況が見られるとかなり心配です。アライグマでなければ良いのですが…。



Re: 長沼神社のコロニー  よしお   2021/05/15(Sat) 22:17   No.2740

丁寧で分かりやすいご説明ありがとうございます。よく分かりました。そうなのですね。とても悲しいですが野生の厳しさを知りました(泣)
アオサギさんたちを愛してやまないマツさんとこちらの皆様方に見ていただけるとヒナたちにもいいかなと思い、先週の元気なヒナたちの写真を載せておきますね。




Re: 長沼神社のコロニー  よしお   2021/05/15(Sat) 22:19   No.2741

2羽で巣に立っていた写真はこちらです。



Re: 長沼神社のコロニー  まつ@管理人   2021/05/16(Sun) 08:07   No.2742

1枚目のお写真のヒナはふ化後3週目ほどだと思います。3週目も後半になると早くも巣を離れる親鳥がいて、そういうところのヒナはカラスに狙われてしまいます。それから1週間くらいの期間がもっとも危なくて、そこを過ぎればヒナはカラスに抵抗できる大きさになるので心配はなくなります。であれば、そうなるまで親鳥が巣にいてあげれば良さそうなものですが、そうするとヒナたちに十分な量の餌を獲ってこられなくなるのですね。ヒナが小さなうちは良いのですが、3、4週目あたりのヒナは食欲がすさまじいですから、片親だけに餌獲りを任せていたのでは餌が足りなくなってヒナが餓死してしまうのです。かといって親が両方とも出かけてしまうとカラスに狙われます。ここがアオサギの子育てでは最大のジレンマで、巣を離れる適切なタイミングを見極められるかどうかが大問題です。親鳥の力量がもっとも問われるところですね。

よしおさんが仰るように、たしかに野生の厳しさといえばそうなのですが、カラスは仕方ないとしてもアライグマは人が連れてきた動物なので…。長沼神社の被害がアライグマの仕業だとしたらほんとうにやり切れないですね。

2枚目のお写真は、2羽ともくちばしが婚姻色に染まっているようですから、また最初からやり直すつもりなのだと思います。時期としては遅いのですが、今ならまだぎりぎり大丈夫でしょう。上手くいけば、お盆頃には巣立ちを迎えられると思いますよ。


[1] [2]
処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -