410980
アオサギ掲示板
[ホーム] [アルバム] [ワード検索] [過去ログ] [留意事項] [管理用]
お名前
タイトル
コメント
添付File (任意入力。ファイル容量は3MBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内。投稿後、ご自分の記事を編集する際に必要です)
投稿キー ←ここに半角英数で 1234 を入力してください(スパム投稿防止のため)
文字色
・画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。
アオサギのテグス被害   投稿者:チョビテレ  投稿日:2021/10/02(Sat) 07:02   No.2782   
私の所属する会のメンバーが、神奈川県と静岡県の環境を流れる千歳川で、ルアーがからまり、片足が動かさなくなったアオサギを発見しましたのでご報告します。片足でなんとか餌は採れていたとのことですが、今後が心配です。

タウンニュース小田原版10/2号
タイトル「ルアー絡み痛々しい姿」で検索をお願いします。


Re: アオサギのテグス被害  チョビテレ   2021/10/02(Sat) 07:09   No.2783

【訂正】神奈川県と静岡県の「環境」→「県境」


Re: アオサギのテグス被害  まつ@管理人   2021/10/02(Sat) 22:56   No.2784

記事のご紹介、ありがとうございます。とりあえずURLを貼っておきますね。
「ルアー絡み痛々しい姿 釣りのマナーに注意喚起」 ⇒ https://www.townnews.co.jp/0607/2021/10/02/593922.html

まず、今回のお写真を見て思ったのは、ルアーがなぜ胴体に引っかかっているのだろうということです。最初にルアーの付いたテグスが脚に絡まって、なんだかんだやっているうちにルアーの針が腹部に刺さったのかもしれません。ただ、そんなに急な動きをする鳥ではないので、あるていどの重さのあるルアーがこのような形で腹に刺さっていることにはちょっと疑問を抱かざるを得ません。むしろ、腹側に刺さったルアーを脚で取り除こうとして足指がテグスに絡まったように見えます。実際、釣りをしているときにサギにルアーを追いかけられたという話はときどき聞きますから、故意にしろそうでないにしろ、これが釣りの最中に起こった事故という可能性も無きにしも非ずです。ともかく、このアオサギが釣り糸から一刻も早く開放されることを祈らずにはいられません。

ここ10年くらい、ネット上でアオサギの釣り糸被害を伝える報道を目にすることが多くなりました。なぜ最近とくにそうなのかはよく分かりません。釣り人が増え、捨てられるテグスの量が多くなったのかもしれませんし、釣り場にアオサギが多く集まるようになったのかもしれません。あるいは、デジカメやスマートフォンを使って野外で簡単に鳥を撮ることができるようになったせいかもしれませんし、単純にアオサギへの関心が高まっただけなのかもしれません。まあ、理由はともかくとして、「アオサギ 釣り糸」でイメージ検索すると、痛ましいアオサギの写真が多数ヒットし、状況の悲惨さを否が応でも認識させられます。そういえば、1年くらい前にはこの釣り糸問題が「放課後ていぼう日誌」というアニメで取り上げられたこともありました。こうしたことからも社会的に問題意識が高まってきているのは確かだと思います。けれども、どうすれば被害を減らすことができるのかとなると、いつになってもその道筋が見えてこないのがもどがしいところですね。

チョビテレさんのような人たちのお陰で、以前にくらべてこの問題に気づいてくれる人はずいぶん増えたと思います。けれども、今でもタバコをその辺にポイ捨てする人はいますし、釣り針やテグスも、釣りという営みがある限り、ポイ捨てが完全になくなることはないのだろうなと思います。それに、故意に捨てるのは論外としても、磯で釣りをすれば根掛かりはしますし、川で釣れば木の枝に引っかかることもあります。実際、私もそのようなことで釣り糸を切って放置せざるを得なかったことが何度もあります。たまにしか釣りに行かない(だから引っかけるのかもしれませんが)私ひとりでさえそんな感じですから、国内で、世界で、毎日不本意に放置される釣り糸や釣り針はこれはもう大変な量になっているはずです。そう考えると、マナーの啓発や自然保護意識向上の取り組みと同時に、もっと根本的なアプローチも必要なのだろうなと思わずにいられません。私がもっとも切望するのは、水に濡れてからある程度の時間が経ったら、自然に腐食しボロボロになるようなテグスの開発です。あの細さで相当な強靱さが求められるテグスにこれはかなり厳しい条件だとは思いますが、もし実現できれば、これはとてつもない需要があると思います。そして、そのようなテグスが手頃な値段で商品化され、自然に還元されない従来のテグスは全面的に使用禁止ということになれば、こんな素晴らしいことはありません。材料科学を専門にされている方たちにはぜひご検討をお願いしたいところです。

ところで、私自身はテグスの絡まったアオサギに野外で遭遇したことはありません。ただ、片脚が切断されたり不自由だったりしたアオサギは幾度となく見かけたことがあり、おそらく、そのほとんどは釣り糸が原因ではないかと思っています。水辺で慎重に餌を探すアオサギが大怪我をするような状況はほとんどありませんから。以前、秋になってアオサギがいなくなったコロニーで、巣の下に落ちているルアーや巣の縁にぶら下がっているルアーを見たことがあります。テグスや釣り針やルアーは、私たちが想像するよりもはるかに多くのサギたちを傷つけているのだと思います。



Re: アオサギのテグス被害  チョビテレ   2021/10/04(Mon) 17:15   No.2785

まつ@管理人様

詳細な情報を提供していただきありがとうございました。
自然に劣化するテグスの話も聞いたことがありますが、やはりなかなか難しいようですね。針やルアーはまだしも、テグス被害については根本的な解決になりますので、是非開発を期待したいところです。

今回の剣は、日本鳥類保護連盟のFacebookにも掲載されたことから?、明朝の「めざましテレビ」でした取り上げられることになったとのことです。
テグスの材質に関わる根本的な解決策がまだ見出せない中、とりあえずは、世の中の方々に知っていただき、少なくとも意図的に放置、放棄するテグスやルアーをなくしていこうとする動きを高めていければと思っています。



Re: アオサギのテグス被害  まつ@管理人   2021/10/04(Mon) 17:43   No.2786

それは素晴らしいです。テグス被害は大っぴらに見えるものではないので、少しでも多くの人に問題の所在に気づいてもらうことが何より大切なのだと思っています。そういう意味でメディアで取り上げられるのは大きいですね。多くの良い反響があることを期待しています。

ぺったり座っています   投稿者:くみ  投稿日:2021/09/22(Wed) 00:07   No.2774   
こんにちは。はじめまして。

この写真の場所は、大阪地方裁判所と天満警察前にある堂島川です。
向かいがちょうど中之島公会堂、図書館、大阪市役所があります。

ぽつんと座りこんでいるアオサギ君、見えますか?
2021年6月1にスマホで撮影しました。気温も30度くらいある暑い中、しばらくこのままでした。熱中症とかにならないか、ちょっと心配でした。
このアオサギ君は、このあたりにいつもいます。

冬になるとオオバンやヒドリガモがきて少し移動しているようですが、ダイサギ君かな?と一緒にしばらくいた姿も確認しています。

このアオサギ君以外に、もう少しグレーがかった少しスリムで小さめのアオサギちゃんも見かけることがあります。
その子は小さめですが、
身体にある飾り羽根がヒラヒラととても優美なんですよ。

こんな都会のど真ん中でもがんばってますよ。いつも元気をもらっています。
もう少し大きくした写真と、別の日に撮った写真も
アップしますね。




アオサギ君  くみ   2021/09/22(Wed) 00:10   No.2775

さっきの座っているアオサギ君、ズームでも。
スマホなのであまりきれいじゃなくてすみません。




鉾流橋 ほこながしばし の下で  くみ   2021/09/22(Wed) 00:26   No.2776

大阪地方裁判所と天満警察前にある鉾流橋(ほこながしばし)の下あたりでまったり中。





Re: ぺったり座っています  まつ@管理人   2021/09/22(Wed) 10:12   No.2777

くみさん、はじめまして。
川と高架とアオサギ、この組み合わせがとても大阪らしいなと思いつつお写真拝見しました。7、8年前のことですが、ツイッターで「アオサギ先輩」と呼ばれる1羽のアオサギが大人気になり、そこでよく目にした風景がまさにこんな感じだったのです。なので、お写真を目にしたとき、もしやあの「先輩」ではと思ったのですが、件のアオサギがいたのは長居のほうだったので、くみさんが書かれている場所からは多少離れてますね。もっとも、アオサギにすればひとっ飛びの距離ですけど。ともかく、私の中ではアオサギは大阪の風景に妙に馴染む鳥だなという印象です。

グレーがかった小さめのアオサギ、最初はアオサギの幼鳥のことかなと思いました。ですが、ひらひらの飾り羽と書かれているのを見て、あれっ、違うなと。ゴイサギでもなさそうですし、どちら様でしょうね。



Re: ぺったり座っています  くみ   2021/09/22(Wed) 23:02   No.2778

まつさん、こんにちは。
お返事ありがとうございます。

アオサギ先輩、ちょっと調べてみました。
確かによく似たシチュエーション......。おもしろいですね!
アオサギ先輩かもしれませんね。友達かも?

それにしても、あんなぺったん座りを見たのは、あの時が初めてで、
その後も見てないです。
反省かな?悟りかな?
いやいやいや、ちょっと休憩してただけ?

まつさんはどう思われますか?

今日も会いました。
アオサギ先輩に聞いてみたいなと思っていたら、
どこかへ飛んで行ってしまいました。
来週も会えるかなぁ。



Re: ぺったり座っています  まつ@管理人   2021/09/23(Thu) 19:05   No.2779

ぺったん座り、ごくたまに見かけます。巣で卵やヒナを抱くときはこの格好をしますが、何もないところでこれは変ですよね。なぜこんな無防備に座ってしまうのか、私も理由はよく分かりません。この姿勢だと咄嗟に飛び立とうとしても無理なので、よほど体調が悪くて立っていられないか、何も起きようがないと安心しきっているかのどちらかでしょう。お写真のアオサギの場合は、状況から見てたぶん後者かなと。四方八方見渡せる場所できっと何の憂いもなく寛いでいるのでしょう。いや、アオサギのことですから、悟りを開いていたとしても不思議ではないですね。


Re: ぺったり座っています  くみ   2021/09/23(Thu) 23:30   No.2780

まつさん、お返事ありがとうございました。

先輩のこの座り方は、やはり具合が悪いのかなと思いましたが、
身体はそれほど膨れていないし、場所が場所なので
不思議でした。

この辺りでエサになるのは、フナやボラくらいでしょうか。
川はよくペットボトルやゴミの入った白いナイロン袋なんかが
ぷかぷか浮いて流れてきます。
たまに上の高速道路から、フワフワと袋が落ちてきたことも
あります。
そんな時はとても残念な気持ちになります。

アオサギ先輩、間違って食べないでねって思ってるんですが、
先輩はどこ吹く風......。


そんなクールな先輩ですが、これからも見守っていきますね!




Re: ぺったり座っています  まつ@管理人   2021/09/24(Fri) 14:02   No.2781

たしかに周りにゴミのある環境だと間違って食べやしないかと心配になりますよね。でも、アオサギに限ってはその点は大丈夫です。基本的に動物食で生きているものしか食べませんから。まあ、近頃は公園でカモやハクチョウに混じって人から食パンをもらって食べるアオサギもいるので、そんなの食べても消化できないんじゃないかなと、むしろそちらのほうが心配だったりします。でも、一番危険なのはやはり釣り糸でしょう。その辺に捨てられている釣り針とかテグスとか、引っかかったり絡んできたりするものが一番厄介です。足指が壊死したり切断されたりするくらいはまだ良いほうで、くちばしに絡まってしまうと餌が食べられず餓死してしまいますから。釣り糸被害は遠目には分かりにくいので、問題自体、認知されにくいのですが、アオサギに限らず、水辺にやって来る鳥る相当な数の鳥たちが被害に遭っています。少しでも多くの人たちにこの問題に気づいてほしいなと思っています。

サギオ君   投稿者:ひでき  投稿日:2021/09/13(Mon) 18:51   No.2770   
まつさん こんにちは ご無沙汰しております
 8月中までは 暑かったせいであまり食欲がなかったですが
 最近 少し気温も下がり 元気になってきているように見えます 夏の間は朝と夕方の6時以降にしか姿を現さずにいましたが 
 いまは 朝と夕方5時頃から遊びに来ています 今日の夕方 船で明日の用意していると 夕食食べに来ていました 



Re: サギオ君  まつ@管理人   2021/09/13(Mon) 21:25   No.2771

ひできさん、こんばんは。ひできさんもサギオ君もお元気そうで何よりです。夕食の時刻が早くなったのは、日が短くなったせいもあるのかもしれませんね。でもまあサギオ君の場合は、ひできさんが舟で作業する時間に合わせているような気もしますけど。
ところで、今回のお写真、構図のせいか画角のせいかサギオ君がとても巨大に見えます。存在感がすごいです。それにしても、これだけ毎回サギオ君を見ていると、これはサギオ君だと私でも分かるようになりました。側頭の黒い模様に特徴があるんですね。とくに目の斜め前辺り、この特徴は毎年変わらないように見えます。
人間で言えば、もうかなりご高齢のはずですけど、老いてますます健康そのものといった感じのサギオ君、一度お会いしてみたいものです。



Re: サギオ君  ひでき   2021/09/14(Tue) 20:35   No.2772

お返事 ありがとうございます 
 昨日はすごく近くにいて 夏の間はやつれていたように見えていましたが 羽が大きくなってきたみたいにふわふわしています
 
ちょうど 小魚を5匹食べて 首のあたりで停滞してこのような画像になりました ふわふわになってきてからは 遠くにいても 一回り大きく見えています この時は 自分と2mくらいしか離れていませんが 長い付き合いで安心しているみたいです 



Re: サギオ君  まつ@管理人   2021/09/14(Tue) 21:55   No.2773

サギオ君との長いお付き合い、さらっと書かれていますけど、これ本当に特別なことですよね。これからも特別なお話が聴けるのを楽しみにしています!

今年生まれの若鳥でしょうか。   投稿者:チョビテレ  投稿日:2021/08/23(Mon) 21:08   No.2764   
昨日、東京都町田市境川で観察したアオサギです。
明るいグレーなのが、下から大雨覆・中雨覆・小雨覆と思うのですが、それぞれ、先端が白くなっています。
これは、今年生まれの若鳥の特徴と判断してよいでしょうか。
ご教示のほど、よろしくお願いいたします。



Re: 今年生まれの若鳥でしょうか...  まつ@管理人   2021/08/23(Mon) 23:56   No.2765

はじめまして。とてもきれいな幼鳥ですね。
アオサギの成鳥は皆だいたい同じ見かけですが、若いうちはけっこう個体差があって、茶色っぽかったり黒っぽかったりといろいろです。お写真の幼鳥はかなり明るめの色ですね。羽の先端が白く縁取られているせいで、余計に明るく見えるのかもしれません。この縁取り、残念ながら幼鳥の特徴というわけではなく、やはりこれも個体差です。多いのは一様に灰色っぽいパターンで、このような模様になるのは少数派だと思います。成鳥になってからも、ユニークな色合いや模様が残ると楽しいのですけど。自己主張の期間が短いのがちょっと残念です。



Re: 今年生まれの若鳥でしょうか...  チョビテレ   2021/08/24(Tue) 06:11   No.2766

この羽の縁取りでは判断できないのですね。大変勉強になりました。ありがとうございました。
では、成鳥のように白くない頭、目の後ろの黒い部分のコントラストの弱さ、冠羽の短さ、後頸部の鱗模様という点から、生まれ年を判断することはできるのでしょうか?
今は、なんとなく2年目夏羽?などと根拠もなく考えているのですが。



Re: 今年生まれの若鳥でしょうか...  まつ@管理人   2021/08/24(Tue) 17:57   No.2767

そうですね。ご指摘の特徴があれば幼鳥とみてまず間違いないと思います。ただ、完全にそうとも言えないのが一筋縄ではいかないアオサギの面目躍如というところ。たとえば、冠羽は成鳥でも子育てが終わると抜け落ちたりしますから、時期によっては成鳥と幼鳥の決定的な違いにはなりません。また、首の後ろの鱗模様は、お写真のアオサギはかなりはっきり出ていますが、これも雨覆の白い縁取りと同じで個体差があります。鱗模様がはっきり見えるのはむしろ少数派だと思います。ちなみに、成鳥でも冬季は首がやや灰色っぽく染まる場合もあります。あと、成鳥と幼鳥で明らかに違うのは、脇から腹にかけての黒いラインですね。これは2年目の換羽を経てはじめて現れます。真上を飛ぶとこのラインがよく見えるので、これの有る無しで成鳥か幼鳥かの識別が可能です。

さて、1年目(当歳)と2年目幼鳥の違いですね。これは僅かな違いなので、見分け方については私もあまり自信がありません。とりあえず、2年目幼鳥の写真を載せてみたのでご覧ください。この2羽は旭川のコロニーに子育ての見学に来ていた2年目の幼鳥たちです。撮影時期は6月頃だったと記憶してます。このように同じ2年目でも色合いや模様に個体差があります。ただ、2年目になると背中や首元の蓑毛(繁殖羽)が少し伸び始めるんですね。そう言われればそう見えるかもという程度ですけど、写真でなんとなく分かってもらえるでしょうか? これに対して、チョビテレさんのお写真の幼鳥は、首元のほうはよく見えませんが、背中はすべすべですっきりした感じに見えると思います。蓑毛がまだ無いのです。というわけで、チョビテレさんの幼鳥はこの春生まれではないかと思います。もちろん、2年目でも蓑毛がほとんど伸びないのもいるかもしれませんし、蓑毛の有無が決定的な違いになるかどうかは私も分かりません。

ともかく、個体差が大きいということもあって、アオサギの形態的な研究というのはまだまだ謎だらけです。身近な鳥で何でも分かってそうなのですが、意外とそうでもないんですよね。まあそれが魅力でもあるのですが…。




Re: 今年生まれの若鳥でしょうか...  チョビテレ   2021/08/24(Tue) 23:25   No.2768

いやあ、アオサギって、奥が深いのですね。
今回、初めてここまで知ることができました。ありがとうございました。おっしゃる通り、身近な野鳥なので、つい「なんだ…」と思いがちですが、自分自身知らなすぎでした。
これから、丁寧に見ていきたいと思います。多くのことを教えていただき、感謝しています。



Re: 今年生まれの若鳥でしょうか...  まつ@管理人   2021/08/25(Wed) 07:00   No.2769

曖昧なお答えしかできませんでしたが、お役に立てたようで何よりです。こうして皆さんのご投稿があって初めて気づくことも多く、私のほうこそ勉強になっています。今回も、羽の縁取りのこととか蓑毛のこととか、それまで漠然としたイメージしかなかったものを改めて考える良い機会になりました。ありがとうございました。


アオサギの糞のタイミング   投稿者:tomo  投稿日:2021/08/04(Wed) 06:55   No.2760   
ご教示ください。
アオサギの糞に悩まされています。
アオサギは糞をする場合どのタイミングで糞をするのでしょうか?
ねぐらに毎日飛来します。
1.飛びながら糞をするのは確認しました。
2.飛び立つ前に体を軽くするためなのか糞をするのは確認しました。
3.飛び立ちながら糞をするのも確認しました。
素朴な疑問はねぐらに飛来して朝出かけていくまでの間で寝ている間(一本足で動かなくなる)は糞をするのでしょうか?しないのでしょうか?意識が無いとしない!?漏らすように寝ながら糞をする!?
よろしくお願いいたします。


Re: アオサギの糞のタイミング  まつ@管理人   2021/08/04(Wed) 17:51   No.2761

tomoさん、はじめまして。
アオサギのフンに悩まされているとのこと、お察しいたします。tomoさんのような方が他にも多くいらっしゃることを考えると、どのタイミングでフンをするのかについてもっと定量的な研究があっても良さそうなものですが、残念ながら、私の知る限り、その手のまとまった研究というのはありません。フンが植物にどのような影響を与えているかとか、そっち方面の研究はいろいろあるのですが...。たしかに、人への影響こそもっと研究されるべきですね。

ということで、以下、私の個人的な観察に基づいてお答えします。tomoさんが観察されたとおり、アオサギがフンをするタイミングにはとくに規則性はないと思います。地上や樹上にいるときもしますし、飛びながらすることもあります。ただ、状況にかかわらずまったくランダムなのかというとそうではなく、巣を飛び立った直後がもっとも多いように思います。逆に、巣に戻ってきた直後というのは、少なくとも私は記憶がありません。たぶんこうしたパターンは巣への出入り時だけではく、ねぐらの場合も同じではないでしょうか。

さて、寝ている間にフンをするかどうかというご質問ですが、就寝中はまずしないでしょう。アオサギがフンをするという行為は明確に意識的なものです。たとえば、巣にいる親鳥は巣の縁に立って外へ向かってフンをします。これはあるていど大きくなったヒナでも同じで、巣の縁までよちよち歩いて行って、お尻を巣の外に突き出すようにしてします。親鳥でもヒナでもその時は脚をちょっと屈めるので、その姿勢を目にするとこれからフンをするのだなと分かります。ちょうど人間が用を足すときに座ったりしゃがんだりするのと同じようなものですね。つまり、あるていど意識的にがんばらないと排泄できないのだと思います。

あとアオサギの眠りについて。私は観察可能な昼間のことしか分かりませんが、日中に寝る場合は、数十秒から数分まどろんでは目を覚まし、またまどろんでは目を覚ましの繰り返しで、まとまって長く眠ることはありません。これはおそらく夜間も似たようなものではないでしょうか。夜間のねぐらは他にも多くのサギたちがいて何かと騒々しいですし、いつ何が起こるか分からない野生の環境で、夜通しぐっすり眠っているとはとても思われません。ひと眠りの時間が昼間に較べていくらか長いくらいで、やはりブツ切れの睡眠には変わりない気がします。そんなこんなで、夜間にフンをするとすれば、それは目覚めている時だけだと思いますよ。



Re: アオサギの糞のタイミング  tomo   2021/08/04(Wed) 19:48   No.2762

丁寧なご教示ありがとうございます。
確かに本日夜の動画をくまなく確認するとまるで人間がウンチをするときの様にしゃがむまではいきませんが結構な角度まで膝を曲げて糞をしていました。おっしゃる通り完全に覚醒して毛ずくろい中に糞をしました。夜通しではないですが一本足で首をすくめて寝ている間は糞をしていませんでした。専門家の意見と観察結果が一致しているので安心できました。大切な知見をご開示いただき本当にありがとうございました。



Re: アオサギの糞のタイミング  まつ@管理人   2021/08/04(Wed) 21:50   No.2763

お役に立てて何よりです。
アオサギの夜間の行動はまだまだ知られてないことも多いと思います。動画を撮っていらっしゃるということで、今後、あるいは未知の行動や生態の発見があるかもしれませんね。何か変わった現象を見つけられたらまたぜひお知らせいただければと思います。今回tomoさんに尋ねられて、フンのことも睡眠のことも、いかに自分が何も知らないか思い知らされました。まあそれだけ観察時の注目ポイントというか楽しみが増えたわけで感謝しています。ありがとうございました!


巣立ち?!   投稿者:ぴかまる  投稿日:2021/07/17(Sat) 13:31   No.2758   
昨日の事です
採餌に行った両親を待つヒナたちの巣に、突然1羽が降りて来たのです
最初は親鳥かと思いましたがその後も給餌する様子もなく しばらくすると飛び立って行ってしまいました

この巣のヒナは近くの枝まで移ったりしていましたが 巣立ちにはもう少しかかる様に思えました

この来訪者は誰?
他の巣から巣立った幼鳥なのか 若鳥なのか
この写真だけでわかりますか?



Re: 巣立ち?!  まつ@管理人   2021/07/17(Sat) 22:02   No.2759

巣立ちの時期ですね。今シーズンの嵐山は何か問題があったようで心配でしたが、いま巣立ちを迎えているということは、このヒナたちはその時の危機を生き延びたということなんでしょうね。

さて、お写真の件ですが、実際に一連の動きを見てみないと、写真だけで何が起こったか判断するのはやはり難しいです。写真のヒナが巣に降りたったとき、その巣にいたヒナたちはどのような反応を示したでしょうか。やって来たのが自分たちの兄弟でないならすぐに追い払ったはずです。でも、降りたった幼鳥は、しばらくその巣に留まったわけですよね。そうであれば兄弟なのかもしれません。必ずしも兄弟が同じ時期に巣立つとは限りませんから。


処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -