417802
アオサギ掲示板
[ホーム] [アルバム] [ワード検索] [過去ログ] [留意事項] [管理用]
お名前
タイトル
コメント
添付File (任意入力。ファイル容量は3MBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内。投稿後、ご自分の記事を編集する際に必要です)
投稿キー ←ここに半角英数で 1234 を入力してください(スパム投稿防止のため)
文字色
・画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。
赤穂海浜公園のアオサギ   投稿者:のぶ  投稿日:2022/01/10(Mon) 22:59   No.2833   
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

さて、赤穂の海浜公園の中にある小島にたくさんのアオサギが住んでいます。
このような場所でも子育てするのでしょうか?
イメージ的には高い木の上に巣を構えている印象なのですが?
教えて頂けますか?



Re: 赤穂海浜公園のアオサギ  まつ@管理人   2022/01/11(Tue) 10:32   No.2834

のぶさん、明けましておめでとうございます。

のぶさんのお写真の島は、たぶん左の写真の真ん中の島のどちらかのことだと思います。見たところ、これは水鳥にとって格好の休み場ですね。人もアライグマも近づかなさそうですし、サギたちは安心して休めるのでしょう。さて、休息の場としてではなく、コロニーになりうるかどうかということですが、アオサギは木がなくても営巣することは可能です。利用できるものは何でも賢く利用する鳥なので、岩棚に巣を置くこともありますし、鉄塔につくることもあります。お写真のようなヨシ原にももちらろん営巣します。たとえば、シベリアなど木がなく湿地の広がる地方では地上営巣は普通なのだそうです。日本の場合は、本来、樹林が豊かに広がる土地柄なので樹上営巣が一般的でしたが、最近はとくに樹林の少ない都市部で地上営巣するアオサギが増えています。赤穂の海浜公園に来ているのはたぶん城跡の樹林に営巣しているサギたちだと思います。なので、すぐ近くのこの島に別のコロニーができるということはまずないでしょう。けれども、万一、城跡の公園から追い出されるようだと、ここが新たなコロニーの候補地となってもおかしくないですね。ただ、貸ボート?が島の周りを頻繁に往来するような状況だと、休息場としては使われても子育ての場としてはちょっとということになるかもしれません。もし、今後、島での子育てとか新たな状況を観察されたら、またぜひ教えてください。本年もよろしくお願いします。




Re: 赤穂海浜公園のアオサギ  のぶ   2022/01/21(Fri) 19:36   No.2838

管理人さま、ご無沙汰しております。
寒い日が続きますね。

赤穂の海浜公園、管理人さまのご指摘の通りです。
一度、暖かい時期にボートに乗って島の周辺を回ってみましたが
特に鳥たちが慌てて飛ぶ様子もありませんでした。
島の周りにはボートが侵入できないように簡単なフェンスがあります。
一応、保護はされていると思います。

そうですか、高い木の上でなくても子育てをするんですね。
暖かくなり子育ての様子があるようでしたら改めて書き込みさせていただきます。

まだまだ、寒い日が続きますがご自愛下さいませ

のぶ



Re: 赤穂海浜公園のアオサギ  まつ@管理人   2022/01/22(Sat) 08:33   No.2839

のぶさん、おはようございます。
そうなのです。アオサギが営巣するのは高い木とは限りません。写真は極端なケースですが、アオサギはそこが一番安全だと思えば利用できるものなら何でも利用します。逆に言えば、こんなところに巣をかけなければならないほど住宅事情が切迫しているわけで…。すごい環境適応力だなと感心する反面、悲しい光景でもあります。赤穂のサギたちが巣作りの場所にまだここまで困っていないと良いのですが。



何故鉄塔にアオサギは来るのか?   投稿者:tomo  投稿日:2022/01/19(Wed) 15:00   No.2835   
管理人様
いつも大変お世話になっております。
度々で申し訳ありませんがご教示いただけると幸いです。

何故鉄塔にアオサギは寝に来るのか?
自分なりに考えてみましたが
1.餌場に近いので便利だから
2.鉄塔の色:グレーでアオサギの体:グレーよって保護色になるから!??(写真)
3.鉄塔の金属表面がツルツルして天敵が昇りにくいので寝ている間に襲われにくい??
4.鉄塔を天敵が昇る場合は爪を立てて昇る際音がするから??

1の餌場に近いので便利だからは絶対だと思いますが近くの木ではなくて鉄塔の15mくらいの高さで寝るのは何故なのか疑問です。

よろしくお願いいたします。



Re: 何故鉄塔にアオサギは来るの...  まつ@管理人   2022/01/20(Thu) 20:14   No.2837

tomoさん、こんばんは。写真は自動的に公開されないように設定しているので、私が確認するのが遅れたためにずっと非表示になっていました。申し訳ありません。それと、同じお写真が添付された二つ目のご投稿は削除いたしました。ご了承ください。

さて、アオサギがねぐらとして鉄塔を使うのはなぜかというご質問。これは面白いご質問ですね。まず、1の餌場に近いからというのは理由として妥当だと私も思います。2、3、4もなるほどなとは思うのですが、ちょっと考えすぎかなという気もします。アオサギの天敵ということで言えば、猛禽類やカラス、アライグマなどが考えられますが、これらはいずれも卵やヒナを狙うことはあっても基本的に成鳥は襲いません。相手にするには手強すぎますから。なので、あまり捕食者のことを強烈に意識して考える必要はないのかなと。捕食者というよりは、もっと漠然と一般的な危険から少しでも身を守りやすいところにいたい、そんなとき、ちょうど手頃なところに鉄塔があったということかなと思います。

身を守るという点では鉄塔は好都合です。なにしろ、前後左右上下、四方八方いずれも抜群に見通しが良いですから。見通しが利けば、万一、何かに襲われそうになってもいち早く危険を察知して逃げることができますので。あと、危険要素だけでなく、仲間のアオサギの動向をチェックするのにも便利ですね。

ということで、これを書いた後でお写真を拝見したのですが、鉄塔の中から見ると思ったほどには見通しは良くなさそうですね。


冠羽の数   投稿者:伊織@アオサギ好き  投稿日:2022/01/09(Sun) 16:46   No.2831   
そういえば、アオサギの冠羽は1本だけだったり2本や3本、冠羽なしのも見たことあります。あれって年齢で変わるんですか?それとも個体個体で違うんですか?


Re: 冠羽の数  まつ@管理人   2022/01/09(Sun) 20:07   No.2832

冠羽が気になる人は多いですよね。けれども、その割には冠羽そのものを対象にした研究はほとんどなく、私もよく分かってません。たしかに、おっしゃるとおり、冠羽1本のアオサギもいれば2本のもいて、1本もないのもいます。そうかと思えば、立派な冠羽4本を逆立てるアオサギもいます。いずれにしても、風切羽や尾羽のように定まった数というのはないので、もしかしたら5、6本の冠羽をもつ過剰装飾のアオサギもいるかもしれません。冠羽の有無や長さが年齢によって変わるのは確かです。幼鳥は無いか、あってもごく短いですから。ただ、成鳥になってからはそんなに変化しないのではないかと思います。年齢よりは個体差のほうがたぶんずっと大きいはずです。あと、雌より雄のほうが冠羽が長いと書かれている解説をどこかで見たことがありますが、私の観察では雌雄差があると感じたことはありません。これも雌雄差よりは個体差のほうがよほど大きいでしょう。また、冠羽は他の羽と同じく生え替わるものなので、同じアオサギでも長いときもあれば短いときもあります。普通は子育てシーズンが終わると徐々に脱落し、翌年のシーズンにかけて徐々に伸びるのではないかと思います。いずれにしても、コロニーで子育てしている時に冠羽がもっとも長くなるように調整されているはずですよ。

冠羽の羽鞘   投稿者:チョビテレ  投稿日:2022/01/08(Sat) 20:46   No.2829   
今朝、横浜市中区の大岡川河口で見つけたアオサギ。冠羽に白いものが混じっていたのでアップしたところ、羽鞘がついていることがわかりました。換羽したてですね。


Re: 冠羽の羽鞘  まつ@管理人   2022/01/08(Sat) 21:41   No.2830

生え替わったばかりの冠羽ですね。こんなふうに羽鞘が付いたままの冠羽というのは私は初めて拝見しました。冠羽も特殊とはいえ羽は羽ですから、最初は羽鞘に包まれていて当然なんですけど、そんなふうには考えたことがありませんでした。こうして見ると、冠羽も最初は羽鞘に収まっていたというのがよく分かりますね。貴重な写真をありがとうございました。

サギオ君   投稿者:ひでき  投稿日:2022/01/07(Fri) 18:09   No.2825   
まつさん あけましておめでとうございます
 南国 和歌山南紀串本でも すっかり寒くなり 今朝も寒くて 凍っています 北海道の寒さを想像しただけで怖くなります

年明けて 寒くなり サギオ君も元気です 近くの漁港にいるアオサギ君たちも 成長のアオサギ君も足が赤くなってきていて 若いアオサギ君はそのままの色でした
こちらのサギオ君 エサを食べ終わると 毎回 クチバシの汚れを取っていて この行動をすると ご馳走様でおなか一杯になるサインなんです 
隣のダイビング船のオーニングのテントに穴が空かないか心配しますが 淵のステンレス部分で クチバシの汚れを取っています 



Re: サギオ君  まつ@管理人   2022/01/07(Fri) 22:40   No.2826

明けましておめでとうございます。
サギオ君、早くも婚姻色なんですね。コロニーのほうではもう巣作りを始めているのではないでしょうか。

くちばしの手入れはアオサギの特徴的なしぐさのひとつだと思います。コロニーで観察していると、子育て中の親鳥がヒナに餌を与えた後に近くの木の枝にくちばしをこすりつけているのをよく見かけます。たぶん魚のぬめりを落としているのだと思うのですが、くちばしが汚れたままだと羽づくろいとか細かな作業がうまくできないのでしょうね。

今年もサギオ君情報を楽しみにしています!



Re: サギオ君  ひでき   2022/01/08(Sat) 13:00   No.2827

まつさん 
 また 今年も 良きアドバイスよろしくお願いいたします

 串本大橋の手前に アオサギのコロニーがあると思います たまに 大橋を船で通過するときには たくさんのアオサギ君たちが木で休んでいるのを見かけます 




Re: サギオ君  まつ@管理人   2022/01/08(Sat) 20:00   No.2828

串本大橋だと漁港まではほんとにひとっ飛びですね。人に邪魔されるような場所でもなさそうですし。魚も豊富にいて安全なねぐらもあって、サギオ君、良い場所を見つけましたね。

アオサギの目が光るのは??   投稿者:tomo  投稿日:2021/12/22(Wed) 16:43   No.2819   
管理人様
お世話になります。
ご教示いただけると幸いです。
夜アオサギの目は光っていますが
光っているのは夜行性の動物と同じで光をたくさん集めるためで当然ながらよく見えているという事でしょうか?
確かに定時の定点録画で午前0時でもよく飛び立っている動画が確認できますがそれもよく見えているからという事でしょうか?
よろしくお願いいたします。


Re: アオサギの目が光るのは??  まつ@管理人   2021/12/22(Wed) 18:35   No.2820

tomoさん、こんばんは。
アオサギの目の構造については私は門外漢なのですが、たとえばゴイサギの目には猫と同じように光を効率よく集める仕組み(輝板)があるそうです。アオサギもおそらくゴイサギと似た目の構造をもっているのだと思います。夜間、目が光るのは、たぶんこの輝板に光が反射しているのでしょうね。

アオサギが夜でもよく見えているのは確かだと思います。子育てで大変な時期になると、日中に餌を獲に行くだけでは足りなくなるので、真夜中でも普通に餌場に出かけますから。夜間メインに活動するゴイサギほどではないにしても、夜でも不自由なく活動できるていどには目が暗さに適応しているのだろうなと。以前、夜に水辺で採餌しているアオサギを見て、こんな暗さで本当に魚が見えてるのかなと同じ場所に行って水の中を覗き込んだことがありますが、漆黒の闇以外何も見えませんでした。少なくとも人間の目よりはずっと性能が良いようです。



Re: アオサギの目が光るのは??  tomo   2021/12/26(Sun) 18:14   No.2821

管理人様
お世話になります。
ご回答ありがとうございます。
質問ばかりで恐縮ですがご教示いただけると幸いです。
6月くらいから定点の動画観測を始めて半年になります。
田んぼの真ん中に立っている鉄塔2か所に毎日寝に来ていたサギについてです。高さ15mくらいの止まりやすい場所で10月初旬までほぼ毎日2〜3匹日暮れとともに寝に来て夜明けとともに出かけていたアオサギが来なくなりました。
稲刈りの時期と同時なので田んぼの小動物(エビ、カニ、ザリガニ、ミミズ?)が食べられなくなって餌場が変わった的なことなのでしょうか?※海から離れている鉄塔ですが吐しゃ物には甲殻類の殻が混じっていました。
よろしくお願いいたします。



Re: アオサギの目が光るのは??  まつ@管理人   2021/12/28(Tue) 19:25   No.2822

これはもうお察しのとおりで餌場が変わったということでしょうね。アオサギは基本的に水辺の生き物を餌にしているので、水田でなくなった田んぼにもはや魅力を感じなくなったと。今は新たな餌場のそばにねぐらをとってると思いますよ。あるいは、もしtomoさんのいらっしゃる所が北日本や日本海側の雪深い地域だったら、秋になって南のほうへ渡っていったのかもしれません。まあいずれにしても、来年、田んぼに水が入るようになったらまた戻ってくることでしょう。来年ももう数日後ですね。良いお年を。


Re: アオサギの目が光るのは??  tomo   2021/12/29(Wed) 05:44   No.2823

管理人様
お世話になります。
ご丁寧なご回答ありがとうございます。
アオサギって渡るんですね。初めて知りました。
当方四国になります。
都心部は雪は年に1回程度です。
継続して夕方飛来→明朝夜明けに出掛けていく鉄塔も数が激減(夏10匹→今3〜5匹)してるので渡ったのかもしれませんね。※こちらは港の近くで年中潮の満ち引きで水際の餌場は無くならないので。
本年は大変お世話になりありがとうございました。
良いお年をお迎えください。
来年も何卒宜しくお願い致します。



Re: アオサギの目が光るのは??  まつ@管理人   2021/12/29(Wed) 11:16   No.2824

四国にお住まいだったのですね。私も生まれは松山です。たしかにあちらでは年に一度くらい朝起きると屋根にうっすら雪が積もっていることがあって、でも朝のうちに全部溶けてしまう、というていどの冬でした。年中穏やかな気候ですし、アオサギも冬だからといって余所に移動することはないのではと思います。たぶんそれほど遠くないところにもっと簡単に餌が獲れるところがあって、その近くにねぐらをとっているのでしょう。

国内のアオサギの渡りについては十分には調べられていないのですが、少なくとも関東以南のアオサギは冬でも子育ての場からそんなに遠く離れず暮らしていると思います。これが北海道になるとほぼ全てのアオサギが渡ってしまいます。ただ、最近は温暖化の影響もあってか冬の間も残るアオサギが珍しくなくなってきました。また、年中アオサギを見かける地域でも同じアオサギがずっといる場合もありますけど、他の地域から渡ってきたアオサギが合流している場合もあると思います。四国だともしかしたら北海道で生まれたサギたちも混じっているかもしれません。釧路生まれのアオサギが佐世保で見つかった例もありますから。もっとも、アオサギの移動は国内だけに限りません。山口のアオサギはベトナムまで行っていたそうです。のんびり飛んでいるように見えてあれでけっこう飛翔力があるのです。ノンストップで何千キロも飛ぶことができますし。海外に目を移せば、夏にロシアにいたアオサギが冬はサハラ砂漠の南で過ごしていたという報告もあります。つくづく、翼があるって素晴らしいことだなと思います。

定点での動画観測は普段の観察では分からないことが見えてきて面白いですよね。興味深い発見があったらぜひまた教えてください。


サギオ君   投稿者:ひでき  投稿日:2021/12/18(Sat) 11:14   No.2817   
まつさん こんにちは ご無沙汰しております
 あちこちのアオサギ君の投稿を読んで 勉強になりますし アオサギファンが多いのを嬉しく思います

 こちらのサギオ君は最近 気温が下がって 元気しています
 エサの量はあまり多く食べなくて 小アジを5匹〜7匹位を朝と 夕方に食べに来ています  
 足がほんのり赤くなってきていて毛並みもきれいです 



Re: サギオ君  まつ@管理人   2021/12/18(Sat) 13:28   No.2818

ひできさん、こんにちは。
そちらは気温が下がったくらいなのですね。こちらは大雪になりました。もちろんアオサギもいませんし…。

サギオ君はいつ見ても立派ですね。がっちりしていて、2キロか、もしかしたらそれ以上あるのではないでしょうか。昔からひできさんのところに来ていることを考えると、もうずいぶんお年寄りのはずですけど、まったくそうは見えないところがすごいです。わたしたち人間をはじめ、イヌやネコなどの身近な生き物を見てると、年をとれば衰えていくのが当たり前のように感じられますけど、野生の生き物たちはたぶんそうではないのでしょうね。文字通り生涯現役というか、ちょっとでも衰えたら生きていけないのだろうなと思います。70歳になってもまだ卵を産みヒナを育てているアホウドリもいますし、野生の鳥は人間の尺度では測りきれないところがありますよね。サギオ君もきっとまだまだ長生きするのでしょう。

では、サギオ君もひできさんも良いお年をお迎えください。


[1] [2]
処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -