366132
アオサギ掲示板
[ホーム] [アルバム] [ワード検索] [過去ログ] [留意事項] [管理用]
お名前
タイトル
コメント
添付File (任意入力。ファイル容量は600KBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内。投稿後、ご自分の記事を編集する際に必要です)
投稿キー ←ここに半角英数で 1234 を入力してください(スパム投稿防止のため)
文字色
・画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。
お濠のアオサギ   投稿者:yuumin  投稿日:2019/06/10(Mon) 10:53   No.2517   
初めてお邪魔させていただきます。
愛媛の松山に在住のyuuminと申します。
山野草の詩の掲示板を開設し主に植物を撮影していますが野鳥、昆虫などにも興味があり撮影しています。
先日、道後公園のお濠で睡蓮の花を撮影しているとアオサギがいたので撮ったのですが、ケガをした痕なのか腫瘍が出来ているのか気になり投稿させていただきました。
ご教示よろしくお願い申し上げます。



Re: お濠のアオサギ  yuumin   2019/06/10(Mon) 10:54   No.2518

もう一枚添付させていただきます。



Re: お濠のアオサギ  まつ@管理人   2019/06/10(Mon) 18:15   No.2522

はじめまして、yuuminさん。
じつは私も松山出身です。何年か前、桜の季節に道後公園のお濠沿いを歩いていたら、とても近い距離でアオサギに出会ったことがありました。ここ北海道のアオサギは遠く離れていても目線が合っただけですぐ逃げられるので、道後の一件は私にとってはとても新鮮な体験でした。

さて、お写真のアオサギ、怪我の痕か腫瘍かということですが、どの部分のことを言っておられるのでしょう? そう思って見れば、くちばしとおでこの境目が微妙に盛り上がっているようにも見えますけど、不自然なほどではないような気がします。アオサギは何をするにもくちばしを使いますから、泥やら魚のねばねばやらでくちばし周りはいつもけっこう汚れています。とくに気にされるようなものではないと思いますよ。



Re: お濠のアオサギ  yuumin   2019/06/11(Tue) 07:06   No.2524

御多忙の最中ご教示下さいまして有難うございます。
管理人様は松山にお住まいだったのですね。
北海道へは観光や登山で何度か訪れ富良野岳、大雪山縦走、
利尻富士などへ登りました。
時間がたっぷりあれば訪れたいところが沢山ある素敵なところですね。
ところでアオサギの件ですが下の画像の首の下辺りの黒いところの下に白っぽく見えるところが傷が出来ているのかと気になったのです。
でも大丈夫みたいなので安心しました。

浜辺で魚を啄むアオサギです〜(^^♪




Re: お濠のアオサギ  まつ@管理人   2019/06/11(Tue) 10:20   No.2525

瀬戸内の魚、美味しそうですね。

問題の箇所は首でしたか。どうも全然違うところを見ていたようですみません。お写真のアオサギの首が変に膨らんでいるように見えるのは、関節部分が強調されて見えているためではないかなと思います。サギ類の首は少数の骨の組み合わせなので、曲げると滑らかな曲線にはならずどうしてもカクカクしてしまうのです。

こちらの山にも登りに来られていたのですね。松山にいると北海道の山に登ってみたくなる気持ちは私もよく分かります。何を隠そう、私が北海道に来たのもこちらの山に憧れてのことでしたから。でも今は四国の山々でまた静かな山旅をしてみたいなと、我が儘ですが…。



アオサギすくすく   投稿者:ロメオ  投稿日:2019/06/10(Mon) 13:57   No.2519   
まつさん、こんにちは。
播磨地方で今年生まれたアオサギたち、
各地ですくすく元気に育っています。

海岸線の松林のコロニーのヒナたちです。
見上げると首が痛くなるほど高い松の樹上に営巣しています。




Re: アオサギすくすく  ロメオ   2019/06/10(Mon) 14:01   No.2521

内陸の池のほとりで。
幼鳥がのんびり羽の手入れをしていました。
とつぜん、倒れこむように水の中へ。サブン!
立ち上がった時、大きなドジョウをくわえていました。
とても嬉しそうでした(^^)




Re: アオサギすくすく  まつ@管理人   2019/06/10(Mon) 18:17   No.2523

こんばんは、ロメオさん。
札幌辺りのアオサギは巣立ちはまだ少し先になりそうですけど、そちらはさすがに早いですね。しかもちゃんとドジョウを獲っているし、頼もしいです。巣立ったばかりの幼鳥は餌を獲るのが下手で、本当に独りで生きていけるのだろうかと、見ていていつも心配になります。一日一日、餌獲りに失敗しても成功しても、その一回一回がすべて彼らの成長の糧になっているんでしょうね。すべての幼鳥たちにエールを送りたいです。


[1] [2]
処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -