アオサギを議論するページ

オタマジャクシ騒動関連記事

アオサギ関連記事

中日新聞
石川県の2市で100匹近くが降ってきた謎・・・
「空から降ってきた」というオタマジャクシ=石川県七尾市中島町で

6月に入り、石川県の七尾市と白山市で「オタマジャクシが空から降ってきた」との報告が相次いだ。原因は分からず、市民らは戸惑っている。

始まりは4日夕、七尾市中島市民センターの駐車場だった。男性職員(52)は「ポンポンポンと音がした。見上げると小雨に交じって2、3センチのオタマジャクシが降ってきた。100匹近くが散らばった」と証言する。

6日朝には白山市の駐車場で、2、30匹のオタマジャクシが死んでいた。車に死骸(しがい)がついていた女性会社員(47)は「高い所から落ちたようにつぶれていた。気持ち悪い」と話す。

どちらも近くにオタマジャクシのすむ田んぼがあった。いたずらで上から落とせるような高い建物はない。竜巻は魚を空から降らせることがあるというが、金沢地方気象台によると、竜巻が起きるような気象条件ではなかった。

地元では「くわえていた鳥がこぼした」との推測も。しかし、日本野鳥の会(東京)は「オタマジャクシは鳥にとってまずい食べ物」と否定的。

では、オタマジャクシが空を飛ぶ可能性について、いしかわ動物園(石川県能美市)は「当然、飛ばない」。真相は謎のままだ。

オタマジャクシ騒動関連記事一覧へ戻る


ページの先頭に戻る