アオサギを議論するページ

オタマジャクシ騒動関連記事

アオサギ関連記事

朝日新聞
竜巻?鳥?いたずら?「空から魚」ミステリーで町大騒ぎ
約100匹のオタマジャクシが見つかった中島市民センター(後方)近くの水田でエサを探すアオサギ=10日、石川県七尾市中島町、大畠正吾撮影

なぜ、空からオタマジャクシが降ってきたの? 石川県内で4日から9日にかけて相次いで起こった「ミステリー」の答えを求めて、現地には多数の報道陣が訪 れ、地元住民も「少雨が関係しているのかも」と謎解きに頭をひねる。竜巻、サギ、カラス――。様々な説が浮上しているが、まだ決め手はない。

「仕事にならないので弱っている。ただ、真相がわからんほうが夢があっていいか」。約100匹のオタマジャクシが見つかった石川県七尾市の中島市民センターの樋口政幸所長(57)は話した。

これまでセンターを訪れた取材陣はテレビや新聞など延べ約20社。電話での問い合わせも相次いでおり、「オタマジャクシ担当」として職員2人がほ ぼ専従で対応している。その1人、水上和夫参事(55)は「金の延べ棒でも落ちてくればいいが。周りにたくさんいるオタマジャクシではここでは驚かん」と疲れた表情で話した。

車のフロントガラスに落ちたオタマジャクシ=4日、石川県七尾市の市中島市民センター、同センター提供
中島市民センターに落ちていたオタマジャクシ。脚が出かかっている=4日夕、石川県七尾市中島町中島、同センター提供

車のフロントガラスなどについたオタマジャクシはすでに洗い流した。地面に落ちたものは干からびたり、踏まれたりして今はほとんど原形をとどめていない。

一方、フナと見られる小魚約10匹が見つかった同県中能登町の住宅街。自宅で小魚を見つけた近江幸雄さん(78)は「ふつうじゃ考えられないこと。えらい世の中になったもんじゃ」。数匹を冷蔵庫に入れて保管しているという。

■珍事、英国でも

空から魚が降る「珍事」は00年に、英国でも起こっている。当時の気象当局は、海で発生した竜巻により、海面近くにいた魚が海水とともに巻き上げられ、地上に落下した、との見方だった。

英国ではそれ以前にも、カエルや魚が降る現象の報告があったという。

竜巻説は石川県の事例にも当てはまりそうだが、専門家は疑問点を指摘する。東京大の新野宏・海洋研究所教授(気象学)は「気象現象で考えれば、竜 巻だろうが、同じ県内で数日間に何回も起こるとは考えにくい。秒速数十メートルで地面にたたきつけられたはずなのに、オタマジャクシなどは原形のまま。周 辺の被害もなく、竜巻では説明できない点も多い」。小林文明・防衛大准教授(気象学)も「オタマジャクシや小魚だけというのは不自然だ」と話す。

落ちてきたとみられる小魚を手にする近江幸雄さん=10日、石川県中能登町能登部上、大畠正吾撮影

樋口広芳・東京大教授(鳥類学)はカラス説を推す。口の奥にある「袋」に丸のみにしたオタマジャクシをため込み、運ぶ途中や巣の上で落としたとも考えられ るという。カラスは今が繁殖期。「あちこちで子育てしており、オタマジャクシが離れた複数の場所で見つかっても不思議ではない。カラスなら一応の説明は付く」

一方で、菊池聡・信州大准教授(認知心理学)は「ミステリーサークルのように、単なるいたずらの可能性もあるのでは」。世界各地の畑に突然現れた幾何学模様を巡って、様々な科学的議論が重ねられたが、結局その多くはいたずらだった。

「誰かを驚かせ、注目を集めたいというのは人の自然な感情。今後、『便乗事例』が出てくるかもしれない」と話している。

地元でもなぞ解きで盛り上がっている。有力になっているのがアオサギだ。オタマジャクシが見つかった中島市民センターの周囲では、水田にアオサギ3、4羽が飛来し、えさを探している。サギもこの時期子育て中で、巣立つ前のヒナには原形をとどめたままのエサを食べさせるという。

サギ類の研究が長い「兵庫県立人と自然の博物館」(三田市)の研究員、遠藤菜緒子さん(35)は、アオサギより小さなサギがドジョウ89匹を食べていた例もあるという。

「北海道アオサギ研究会」の松長克利(かつとし)代表(43)は「敵に襲われたりしたアオサギが、オタマジャクシを食べ過ぎて窒息気味になったり して、吐きだしてしまったのではないか。今年は雨不足で(水田で)オタマジャクシや小魚が捕獲しやすい状況になり、能登の各地で同様のことが起きたので は」と推測する。

今回のように空から魚が降る場面が、村上春樹さんの長編小説「海辺のカフカ」に登場する。「何の前触れもなく、おおよそ2000匹に及ぶ数の魚が、雲のあいだからどっと落ちてきたのだ」。降ったのはイワシとアジ。別の場面ではヒルも降る。

村上さんの作品に詳しい沼野充義・東大教授は「作品は終盤で現実と異世界を行き来する展開になる。その予兆として描いたのではないか」と指摘。石川での「珍事」については、「合理的な説明がつかないほうが、楽しめるのでは」と話した。

オタマジャクシ騒動関連記事一覧へ戻る


ページの先頭に戻る