アオサギを議論するページ

アオサギ関連新聞記事

アオサギ関連記事

琉球新報
アオサギおねだり 久米島ホタル館にせっせと訪問

【久米島】おなかすいたよ、ご飯ちょうだい”-。久米島町大田の久米島ホタル館(佐藤文保館長)に11月下旬ごろから珍客が訪れて餌をねだり、来館者らを楽しませている。一羽のアオサギ(若鳥)で、10月の台風23号の後から同館周辺でよく見られていた。
同館は外側とガラス1枚隔てて、水槽でフナやトカゲなどを飼育している。餌不足でそれがよっぽど魅力的に映ったのか、1週間ほど前にガラス越しにくちばしで突っついたりして狙っていたという。館内にも侵入して来たため、見かねた佐藤館長らが餌を与えたところ、いまでは毎日のように訪問して餌をねだるようになった。
「まるで見張られているみたい」と話す臨時職員の新垣伸子さん(33)を窓越しに見詰めるアオサギは、「きょうも餌をちょうだい」とお願いしているようだ。時には館内軒下に雨宿りする姿も見られ、かなりホタル館が気に入った様子という。
佐藤館長は「おそらく島内のダムや川などに鳥の餌となる水辺の生物が少なくなっているのだろう。ぎりぎりのところで私たちに助けを求めたのではないか」と話し、「保護を目的に体力が回復するまで餌を与えたい」としている。
(盛長容子通信員)

アオサギ関連記事一覧へ戻る


ページの先頭に戻る