アオサギを議論するページ

21年目のコロニー

私がよく観察に行く江別コロニーは、アオサギが営巣を始めてから今年で21年目になります。今年も例年と同じく3月半ばにはコロニーに飛来し、ほどなく巣作りが始まりました。早いところでは4月下旬にはヒナが生まれています。5月も順調。今年はいつになく4羽兄弟のヒナが目につき、例年以上に餌条件に恵まれているなと思っていたくらいです。ところが、6月になってにわかに様子がおかしくなりました。それまで比較的大きなヒナが3羽、4羽といた巣が次々と空っぽになっていったのです。そして、現在、コロニーで営巣を続けているのはたった2巣。例年なら巣立ちビナがあちこち飛び回って大賑わいの時期のはずなのに、このふたつの巣に巣立ち間近のヒナが5、6羽いるだけなのです。すでにコロニーを離れているヒナを合わせても、今年ここから巣立つのは最大で16羽ていどです。江別コロニーの規模は百数十巣で、札幌近郊はもとより石狩地方でもかなり大規模な部類に入ります。仮に100つがいとしても、1巣あたり2羽のヒナで200羽。5月の時点では少なく見積もってもそのくらいのヒナはいたはずなのです。それが16羽ですから、今回の状況がいかに異常なのか分かっていただけるかと思います。

じつはこのコロニー、おかしくなったのは今年が初めてではなく、数年前から予兆はありました。コロニーの範囲が端のほうからだんだん縮小していたのです。そして、昨年はとうとう1ヶ所にまとまりきれずに、一部のサギたちが200mほど離れた場所にお引っ越し。真ん中に交通量の多い道路を挟んでコロニーが真っ二つになったわけです。何かおかしなことが起きているというのは私もはっきりと感じていました。そして、今年の惨状です。

何が原因なのかはっきりしたことは分かりません。ただ、何週間もかけてコロニー全体で少しずつ削られるように失敗していくという状況を考えると、少なくとも人の活動による影響ではないと思います。となると考えられるのは捕食者。そして捕食者と言って真っ先に思い浮かぶのはハシブトガラスです。実際、ここのコロニーでは毎年かなり多くのヒナがカラスの犠牲になっています。けれども、今回は被害の規模が桁違いな上に、カラスでは襲えないようなそうとう大きく成長したヒナでもある日突然いなくなっているのです。つまりカラスの仕業ではありません。しかも、いなくなるときは兄弟皆いっせいにいなくなる。捕食者を考えるなら、かなり強力な捕食者を想定する必要がありそうです。オジロやオオワシ、クマタカといった大型の猛禽なら可能かもしれませんが、これらの鳥はこのコロニー周辺にはいませんから除外して良いでしょう。そうなると、犯人はだいたい絞られます。空からではなく地上からの捕食者、アライグマです。

江別コロニーのサギたちは、21年前までは10キロほど離れた野幌コロニーにいたと考えられています。ところが、その年、野幌コロニーはシーズンの真っ最中に突然放棄されてしまいました。そしてそこから移ってきたサギたちでつくられたのが江別コロニーというわけなのです。野幌コロニーが放棄された原因については今も確かなことは分かっていません。ただ、状況証拠からアライグマに襲われたのだろうというのが定説になっています。実際、野幌コロニーからさほど遠くない岩見沢のコロニーでは、数年前、アライグマがアオサギの巣に這い上って行くのを私は目撃しています。なので、野幌もおそらく同じような状況だったのだろうというのは容易に想像できます。江別コロニーは、そんな野幌コロニーから逃げてきたサギたちの避難所だったわけです。小さな河畔林で周囲が住宅地という環境なので、これまでアライグマがアプローチできなかったのでしょう。けれども、彼らがやって来るのは時間の問題でした。残念ながら今回とうとう見つかってしまった、ということなのだと思います。今のところ何の証拠があるわけでもなく、アライグマに濡れ衣を着せているだけかもしれませんが、アオサギとアライグマのこれまでの経緯を考えるとその可能性は高いと思うのです。

何が原因にしろ、江別コロニーの今シーズンは夏を待たずにほぼ終わってしまいました。いま残っている5、6羽のヒナたちも、あと1週間もすればコロニーからいなくなるはずです。そしてもしかすると、このヒナたちは、江別コロニーで代々巣立ってきた何千羽というヒナたちの最後の数羽になるかもしれません。これまで毎年来てくれていた彼らが来春はもう戻ってこないと想像するのはとても寂しいことです。けれども、ここまで壊滅的な被害のあった場所に来年もまた戻ってきてほしいと願うのはあまりに酷というものでしょう。アライグマが北海道じゅうどこにでもいるようになった現在、アライグマが来ない場所を見つけるのは至難の業だと思いますが、アオサギの叡智をもってすればきっと何とかなるはず。来年はこことは違う別のどこかに安全に子育てできる場所を見つけてほしいと願わざるをえません。


ページの先頭に戻る