アオサギを議論するページ

謹賀新年

皆さん、明けましておめでとうございます。

今回はお正月らしく和歌で遊んでみたいと思います。初めは正月なので百人一首で何かできないかなと考えたのですが、どうも上手くゆかず…。目先を変えて萬葉集を眺めてみました。じつは萬葉集というのは4500を超える歌がありながら、その中に鷺を詠んだ歌はひとつも無いのです。他の鳥はそれなりに出てくるので、普通に見かけられる鳥だったはずの鷺がいないのはいよいよ不思議です。仕方がないので、集中の歌をこちらで無理やり鷺の歌に作り替えてみました。

まずは集中8番目に出てくる額田王のつくった歌のパロディ。

熟田津に あさりせむとて 月待てば 潮もかなひぬ 今は飛び出でな

一首の意は、伊予の熟田津でアオサギが採餌しようと海辺に佇んでいると、いよいよ月が出て潮も引き、採餌にちょうど良い条件が整った。さあ餌獲りを始めよう、というのです。月が出る頃と干潮の時間は一致するのかというところは疑問ですが、所詮パロディなので細かいところは気にしないで下さい。でもこれ、アオサギの採餌行動と月と潮の周期の関係がとてもビジュアルでダイナミックに捉えられていると思いませんか? それもこれも元の歌が素晴らしいからなのですが…。

元の歌: 熟田津(にぎたづ)に 船乗りせむと 月待てば 潮もかなひぬ 今は榜(こ)ぎ出でな   額田王 「萬葉集巻一」

実際は、月が出て満潮の頃合いになったということなのです。斎藤茂吉は「万葉秀歌」でこの歌を「月が満月でほがらかに潮も満潮でゆたかに、一首の声調大きくゆらいで、古今に稀なる秀歌として現出した」と評しています。歌も歌なら茂吉の文も文で、もう圧巻というほかありません。

干潟での採餌時の状況を詠んだ歌をもうひとつ。

若の浦に 潮満ち来れば 潟を無み 葦辺をさして 鷺鳴きわたる

この一首は、若の浦に潮が満ちてきて干潟が無くなり、そこで餌を獲っていたサギたちが鳴きながら葦原のほうへ引き上げていったという意味です。なんだかかなり理屈っぽい歌ですね。まるで行動生態学の論文でも読んでいるかのようです。

これは、元の歌で「鶴」だったところを「鷺」に変えただけのものです。

元の歌: 若の裏に 潮満ち来れば 潟(かた)を無(な)み 葦辺(あしべ)をさして 鶴(たづ)鳴きわたる   山部赤人 「萬葉集巻六」

萬葉集ではツルはこのように普通に出てきます。他の小さな鳥たちも当然のように出てきます。それなのに、なぜかサギは詠まれない、これは不思議です。もしかしたら当時の歌の世界では、ツルもサギも一把ひと絡げに「鶴(たづ)」にされていたのではないのでしょうか? 気になりますね。

さて、サギたちの餌場の情景が分かったところで、今度はコロニーの様子を詠んだ歌を探してみます。これも「萬葉集巻六」の山部赤人の歌に見つかりました。

み芳野の 象山の際の 木末には 幾許も騒ぐ 鷺のこゑかも

この歌の意味は単純で、芳野にある象山の木立の茂みからとても多くのサギの声が聞こえるという意味です。この歌も元の歌の「鳥のこゑ」を「鷺のこゑ」に変えただけです。けれども、私には鷺としたほうがいっそうよく雰囲気が出ているように感じるのですが。さらに、象山(きさやま)が鷺山(さぎやま、コロニーのこと)の音に似ていて、まさにサギのためにつくられた歌のような気もしてきます。

元の歌: み芳野(よしの)の 象山(きさやま)の際(ま)の 木末(こぬれ)には 幾許(ここだ)も騒ぐ 鳥のこゑかも   山部赤人 「萬葉集巻六」

ところで、萬葉集(といってもほんの一部ですが)を眺めていると、鳥が登場する場合、その大部分が「鳴く」や「声」といった語と一緒に出てきます。昔は、鳥というと視覚より聴覚に訴えるほうが強かったのでしょう。考えてみれば、視覚による認識が幅を利かせてきたのは、双眼鏡や望遠レンズ、ズーム機能といったものが一般的になったごく最近のことなのかもしれませんね。

とはいえ、鳥の声は昔も今も変わりません。その声を聞いて人が感じることもそれほど変わってないのではないでしょうか。ということで、次は声そのものが主題になった歌です。じつは、この歌は萬葉集ではないのですが、つい最近、「アオサギ掲示板」のほうで話題になり、今回、歌のパロディを作ろうとしたきっかになった歌なので敢えて紹介したいと思います。百人一首中の一首であり、源兼昌という人が詠んでいます。まずは元歌から。

元の歌: 淡路島 かよふ千鳥の なく声に 幾夜ねざめぬ 須磨の関守   源兼昌 「金葉集」

意味は読んで分かるとおり。須磨の関守がチドリの鳴き声で幾夜も寝られぬ夜を過ごしたということです。確かなことは知りませんが、この時代、チドリの鳴き声はいとおしい人を想って鳴いているというふうに捉えられていたようですから、旅先にある須磨の関守にはそのチドリの声はいっそう侘びしさを募らせるものだったのでしょう。ただし、この歌、実体験ではなく想像で詠まれたもののようです。

さて問題は、このチドリをサギに変えるとどうなるかということです。

淡路島 ゆきかふ鷺の なく声に 幾夜ねざめぬ 須磨の関守

どうでしょう? 鳥の種類を変えただけで歌の内容が一変してしまいました。この歌では、関守がサギのあのギャッという声に驚いて目覚めてしまったと捉えるのが妥当でしょう。「うるさくて寝られん」という、コロニーでのサギの声を騒音視する現代の問題に通じるものを感じてしまいます。

萬葉集に戻ってもう少し続けます。

ぬばたまの 夜の更けぬれば 久木生ふる 清き河原に 青鷺ぞ鳴く

「ぬばたまの」というのは夜にかかる枕詞なので意味はありません。あとは読んで字のごとしです。夜の更けた頃、星影の降る清き河原に、アオサギのあの一声が鋭く澄んで聞こえる。と、これはなかなか雰囲気があるのではないでしょうか?
元の歌はというと、やはりこれもチドリなのです。

元の歌: ぬばたまの 夜の更けぬれば 久木生ふる 清き河原に 千鳥しば鳴く   山部赤人 「萬葉集巻六」

皆さんはどちらがお好きですか?
ところで、この歌のイメージはずっと時代を下って再び現れます(と私が思うだけですが)。次の一首は子規によるものです。

久方の 星の光の 清き夜に そことも知らず 鷺鳴きわたる   正岡子規  「竹乃里歌」

このふたつの歌を比べると「夜」「久」「清」「鳴」と四つも同じ漢字が使われています。これは偶然ではないと私は思います。あれほど萬葉集を称賛していた子規のことですから、「久方の」の歌を詠む時、たとえ意識はしていなくても、赤人の歌のイメージは頭にしっかり刻まれていたはずだと思うのです。それはさておき、その子規の詠んだ歌がチドリではなくサギとなっているところが嬉しいですね。

さてさて最後にもう一首。これは萬葉集の最後の巻の終わりの方にある大伴家持の歌です。

元の歌: 水鳥の 鴨の羽の色の 青馬を 今日見る人は かぎり無しといふ   大伴家持 「萬葉集巻二十」

最初の「の」が四つも続いている「水鳥の鴨の羽の色の」という部分、これは全て「青」にかかる枕詞です。何でもこの歌は正月七日の侍宴という行事のためにつくられたものだそうで、おめでたい歌なんですね。青馬については「万葉秀歌」に「公事根源」からの引用があり、「馬は陽の獣なり。青は春の色なり。これによりて、正月七日に青馬を見れば、年中の邪気を除くという本文侍るなり」と説明されています。
この意を汲んだ上で、「青馬」を「青鷺」に変えます。

水鳥の 鴨の羽の色の 青鷺を 今日見る人は かぎり無しといふ

いかがでしょうか? ここでは語が「青馬」から「青鷺」に形だけ置き代わったのではつまりません。「青馬」が特別な存在である以上、「青鷺」にも「青馬」と同等の資格が必要です。もちろん、アオサギにはその資格があります。アオサギは、古代エジプトではベヌウとして太陽神ラーの化身であり、さらにギリシャでは火の鳥フェニックスへと華麗に変身しています。いわば、「陽の鳥」の系譜の生みの親なのです。そうであれば、「鷺は陽の鳥なり。青は春の色なり。正月七日に青鷺を見れば…」と言い変えることに何の不都合も無いでしょう。そして「かぎり無し」という句、これは何が限りないのかというと、寿命が限りないのです。つまり、正月七日にアオサギを見れば長寿が約束される、と。

それでは皆さん、今年もアオサギを見て長命を得てくださいね。


エロスと炎の連鎖

今回は名前の話を取り上げてみたいと思います。名前というと、少し前に鷺という漢字の由来について書いたところですが、今回は横文字の世界の話です。

ともかく、名前の由来というくらいですからギリシャ、ローマという古い時代まで遡らなければなりません。まずはギリシャ。あちらの言葉でサギはερωδιόςと書くそうです。これでは何だか分からないのでアルファベットにしてみるとerodiosとなります。じつは、この語はギリシャの愛の神であるエロス(Eros)に由来するのです。

そもそもエロスという神様はゼウスよりもさらに古く、ほとんど宇宙創世の頃から存在しています。面白いのは、彼が生まれたのが原初の卵からだとされていること。まるで鳥のような生まれ方です。さらにこの神様は翼まで持っているのですから、ほとんど鳥の化身のようなものです。これで少しはサギとの接点が見えてきました。

けれども、エロスが鳥の属性をもつことは分かっても、それがなぜサギでなければならないのかは説明できません。サギに何かエロスを連想させるものがあったのでしょうか? それはともかく、サギに付与されたエロスのイメージはその後も細々と保持されていたらしく、中世の書物の中には、性欲があまりに旺盛で疲れ果てた人々のシンボルとしてサギが描かれることもあったようです。実際のサギはそんなに色情狂のようにも見えませんけど、間違ってつくられたイメージだけが独り歩きしてしまったようですね。もっとも、このイメージはそれほど一般的なものにはならなかったようで、アオサギに限って言えば、西洋の中世では忍耐強くて思慮深いという肯定的なイメージで捉えられるのが普通です。

さて、お次はラテン語です。ラテン語は学名にそのまま使われているのでギリシャ語よりは多少馴染みがありますね。アオサギの学名はというと、Ardea cinerea。後ろのcinereaのほうは「灰色の」という意味でアオサギの羽の色をそのまま表しています。問題はArdeaのほうです。

じつは、このArdeaの語源については以前も話題にしたことがありまして、その時は、Ardua(高い)に由来するという説を紹介しました。これは7世紀前半にセビリアのイシドロという司教が著した「Etymologiae(語源)」と言う本から引用した説です。ところが、最近、これとは別の説を発見しました。その説が載っているのは比較的最近の17世紀にジョン・スワンという人の書いた「Speculum mundi(世界の概要)」という本です(写真は扉絵でしょうか?)。これによると、ardeaはardeoに関連した言葉なのだとか。ラテン語はちっとも分かりませんが、たぶんardeoの格変化したものがardeaになるような気がします。この辺、詳しい方がいらっしゃれば是非ご教授ください。【追記:ardeoの変化系にardeaはないとのご指摘をいただきました。格変化でなく派生語と考えるのが妥当のようです】

問題はこのardeoの意味です。ずばり、これは燃えるという意味なんですね。「Speculum Mundi」では、燃えることとサギの関連について、サギが怒りっぽく激情に駆られやすい生き物だからとしています。しかし、これはあまりに短絡的な説明です。サギが怒りっぽいとかいう偏見は一蹴するとして、何かもっと説得力のある説明があっても良いはずです。そこで私が取り上げたいのはあのフェニックスとアオサギとの関係です。

これまでにも何度か書いてきたように、フェニックスの元はエジプトのベヌウだとされています(詳しくは「神話の中のサギ」を御覧ください)。そして、そのベヌウの原形はとりもなおさずアオサギなのです。さらに、フェニックスと言えば火の鳥とも呼ばれますし、死期が近づくと自らの身を炎に投じて体を焼き尽くすというように、火とは切っても切れない関係にあります。もちろん、ベヌウも火とは分かちがたく結ばれています。なにしろ太陽神ラーの化身のような存在なのですから。とすれば、サギにardeaの名を与えた人が、フェニックス、ベヌウと連なる炎の系譜の先にアオサギを見ていたとしても一向に不思議はないと思うのです。

さらにもうひとつ、ここに興味深いイメージの連鎖があります。「Metamorphoses(変身物語)」は 古代ローマの詩人オビディウスが書いた本で、そこでは史実と幻想が入り乱れる不思議な物語が展開されます。この中でトロイ戦争当時にArdeaという町が陥落するくだりがあり、町が焼き尽くされ瓦礫と灰になったあと、まだ暖かい灰の中から一羽の鳥が飛び立つ場面があります。これは自分を燃やして灰の中から自らを再生するというフェニックスのイメージに他なりません。しかし、このArdeaの町から飛び立つのはフェニックスではなく一羽のアオサギなのです。火の系譜を通して、アオサギとフェニックスはイメージの中でほとんど同一視されるまでになっています。

古代エジプトからギリシャ、ローマへと数千年をかけて連綿と受け継がれてきた炎にまつわるイメージの連鎖を思うとき、アオサギがArdeaの名をもつことは何の不思議もありません。であれば、サギのラテン名Ardeaの語源はardeo(燃える)に求めるのが自然ではないかと。少なくとも、イシドロ司教のArdua(高い)説よりはよほど説得力があると思うのですが…。


初雪

一昨日の夜、例の甲高い声に夜空を見上げると、うっすらと3羽の影が頭上を横切っていきました。もしかすると、その前方には少し大きな群れがいて、それを声で追いかけていたのかもしれません。夜とはいえ真っ暗にはならない札幌の空を南へ向かったのは、たぶん、渡りです。

彼らが春から夏にかけて過ごしたコロニーは、誰もいなくなってもう三月近くになります。秋の葉が舞い落ちる林は、それでもほとんどの巣はまだ残っていて、静けさの中にしっかりとその存在感を示しています。
そして、彼らがここで生活した痕跡は足下にも…。

アオサギのコロニーは生と死が混在する空間です。弱いヒナ、不運なヒナは一瞬で巣から転落し、生の世界から死の世界へ速やかに不可逆的に移行します。ヒナはたとえ落ちたときすぐに死ななくても生き延びる可能性はまずありません。巣から落ちたヒナを親鳥が構うことは無いからです。自力で巣に戻れないヒナに最初に注意を払うのは、キツネかアライグマか、あるいはヒグマか、いずれにしてもヒナたちに友好的なものではないでしょう。繁殖期、生が横溢する樹上の空間とは対照的に、林の底に広がるのは限りなく死に近い世界です。

無数の死と引き換えにわずかな数の命が生き延び、命の連鎖は途切れることなく、季節の移ろいとともにまた次のステージへと進んでいきます。

今朝の札幌は雨が雪に変わりました。すでに大部分のサギたちはここを去っているはずです。


ページの先頭に戻る